0
    <天才道>やっぱり、人生は、認めたことで、できている

    こんにちは。

     

     

     

    今回も数あるブログの中から

    こちらにお越し下さいまして

    誠にありがとうございます。

     

     

     

    今回は
    「人生は、認めたことで、できている」
    のお話です。

     

     

     

    このことは前にも書いたかと思いますが
    とてもとても大事なことだと思うので
    ぜひ、またお伝えさせて頂きたいと思います。

     

     

     

    この
    「人生は、認めたことで、できている」
    とは、天才道講演の中での、幸田先生の言霊です。

     

     

     

    自分が認めたことが
    自分の人生の中で、現実化してくる、
    ということです。

     

     

     

    たとえば、「あるものを食べる」という

    「現実」をひとつとってみても
    厳密に、事細かに考えると
    たいていの場合
    それが食べ物である

    (食べられるものである)と「認めて」
    そして、それが賞味期限とかも考えて、

    食べられると「認めて」はじめて
    「それを食べる」という

    「現実」が実現化してくるわけですよね。

     

     

     

    「そんなの当り前じゃない、

    わざわざ取り上げて言うこと?」
    と思われるかもしれませんが
    だとしたらそれだけ

    「人生は、認めたことで、できている」

    にも関わらず
    そのことに無意識というか
    そんなに重要なことだと感じずに過ごしている、

    ということの
    証かもしれないわけです。

     

     

     

    つまり、無意識のまま、無自覚のまま
    「私って、ダメだな」

    と認めてしまっていることも
    少なくないんじゃないか、ということです。

     

     

     

    かく言う私自身、

    そんなふうに思ってしまうことがよくあるので
    自戒を込めてなのですが、本当にこのことが
    大きな意味を持っているのです。

     

     

     

    それが、現実化してしまうわけですので。

     

     

     

    ただ、その逆もまたあるわけです。

     

     

     

    つまり
    「私って天才だな」と思う回数が
    増えれば増えるほど、「天才なる自分」が
    現実化してくる、ということ。

     

     

     

    「じゃあ、私は天才なんだって
    無理にでも思い込めばいいっていうこと?」
    というふうに思われる方も
    いらっしゃるかもしれません。

     

     

     

    そうではないんですね。

     

     

     

    ともに天才道を学んでいる方で
    「あ、この方『私って、天才』

    が上手だなあ」と思った方がいるので
    その方がどんなふうに取り入れているのか、
    ご紹介しますね。

     

     

     

    その方が何か作業をしていたのを見ていた時のことです。
    で、その作業の仕上がり具合がとても絶妙で素晴らしいな、
    と思っていたのですが、その時に
    「私ってやっぱり天才だな〜」と
    気負うでもなくもちろん思い込むみたいな感じでもなく

    言い聞かせるでもなく
    本当に自然な感じで、
    「私って、天才だな〜」とおっしゃっていたんですね。

     

     

     

    その他にも
    「私、○○をやってる時って、

    ほんとに自分って天才だなあ、と思うんですよ」
    等、本当にそう思えての言葉だというのが

    伝わってくる感じでしたし
    「天才」という言葉がすごく身近なんですね。

     

     

     

    そういう感じで、自分が何かをしていて
    「あ、自分っていいんじゃない」と思うような時に
    「私って、天才」を使って頂けたらと思います。

     

     

     

    そうして、自分を天才だと認める瞬間を
    どんどん増やしていけるようになると、
    それがどんどん自然に

    なっていくと思うんですね。

     

     

     

    そうすると、さらにさらに、自然と
    「私って天才!」と思える瞬間が増え、
    つまり、天才だと思える現実が
    より、起こってくるんじゃないかと思うんです。

     

     

     

    それによって、
    「本当に現実を創造しているのは自分なんだ」
    という自覚も深まり、
    人生は、認めたことで、できているんだということも
    ご自分の中でより深まり
    それと同時に、天才だと思える深みも、
    より深まっていくんじゃないかなと
    思うんですね。

     

     

     

    「人生は、認めたことで、できている」
    ということと
    「私って、天才!」ということの中で
    プラスのスパイラル、
    プラスの相乗効果が生まれてくると思うんです。

     

     

     

    なので、もし、

    ご自分の天才を見つけたい、開花させたい、
    より充実した毎日を送りたい、という方は
    ぜひ、試してみて、

    実感してみて頂けたらと思います。

     

     

     

     

    最期までお読みくださいまして

    誠にありがとうございました。

     

     

     

    あなたにとって、

    今日も最高に充実した1日になりますよう

    お祈りしています。

     

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    只今、無料セッションをさせて頂いています。

     

     

     

    詳細は、こちらの記事を、ご覧ください。

    (アメーバブログに飛びます)

     

     

     

    次回、天才道講演最終回です!

    ぜひお聴き逃しなく!!

     


    第100回 IRMベーシック&第99回 IRMアカデミー
    IRM 1DAYスクール


    日時  2017年7月9日(日) 13時30分〜18時30分

    会場  JR「川崎」駅 直結 
         
    ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2

    定員  15名(完全予約制、先着順)

    参加費 12,000円
         (お申し込みの際、

         上野のブログを読んで申し込みました、
         とお書き下さいますと、

         2000円引きとさせて頂きます。
         早割期間中のお申込みで、さらに2,000円
         お得にご参加頂けます。
         お友達とのご参加でさらにオトクにも!
         参加費の詳細はこちらをご覧ください)

    締切  7月5日(水)じゅうまで。
         早割期間は6月25日(日)じゅうまで。


    詳細、お申し込みは、こちらをご覧ください。

    1DAYスクールでお会いできますのを、楽しみにしております。

    最後の最後までお読みくださいまして誠にありがとうございました。

    あなたにとって、今日も魂が喜ぶ最高の1日になりますように!


    上野聡一朗 拝

     

     

    | - | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    0
      今、心から、イキイキ、ワクワク、されていますか?

      こんにちは。

       

       

      今回も数あるブログの中から

      こちらにお越し下さいまして

      誠にありがとうございます。

       

       

       

      ところで、

      今の毎日で、本当に、心から、充実して、楽しく、

      イキイキ、ワクワクして

      満足されていますか?

       

       

       

      「本当はもっとこんなことがやりたいのに、できない・・・」

      「本当はもっと違うことをやるべきなんじゃないのかな・・・」

      「がんばってるのに、なぜだか、うまくいかない・・・」

      「何だかわからないけど、もうちょっと何とかならないのかな・・・」

       

      そんな思いが湧いてくることは、ありませんか?

       

       

       

      具体的に何がどう、というわけではないのに

      何か、満たされない感じがあったり

      もっと、何か違う何かがあるんじゃないかな、

      というように感じたことはありませんか?

       

       

       

      自信をつけたかったり

      現実を好転させたいと思って

      スピリチュアルのことや心の勉強を熱心に行って

      時間もお金も使って実践もしているのに

      なぜか、具体的によくなったような感じがしない・・・

      実感が薄い・・・

      というようなことはありませんか?

       

       

       

      あるいは

      「もっともっと、自分のやりたいことや特性を活かして

      毎日を過ごしたい!

      それが、周りにも貢献できることだったら・・・!」

      というような思いに駆られることはありませんか?

       

       

       

      私自身も、本当にそういうような思いで

      ずっと過ごしていました。

       

       

       

      それが、このIRMを学び、実践させて頂いてきた中で

      大きく解消すさせることができ、

      それだけでなく

       

       

       

      警察に何度頼んでも解決しなかった問題が

      根本的に解消したりという

      単なる現実好転、というだけではなく

      解決を通じて、生きていく上で大切なことを

      心の底から学べたり

       

       

       

      心の中で許せなかった(確執のあった)

      きょうだいとのことも浄化できたり

       

       

       

      絶対取れるとなんか思っていず

      それまで一回もチャレンジしていなかったなかった

      車の運転免許を47歳にして頂けたり。

       

       

       

      本当に、大きく変われたと思っています。

       

       

       

       

      だから、今、そういうことで

      なぜか止まっている感じがある、

      望みを叶えたい、という方のお役に立たせて頂きたいのです。

       

       

       

      ぜひ、そういう思いをされている方の

      お力にならせて頂きたいのです。

       

       

       

      そうして、たくさん頂いてきたことへの、

      お返し、恩返しをさせて頂きたい、

      そういう思いで、只今、無料セッションをさせて頂いています。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      形式は、

      対面、電話、スカイプの

      3タイプで行っています。

       

      対面は、東京23区内のみとさせて頂いています。

      ご了承くださいませ。

       

       

      対面の場合は、落ち着いた雰囲気のカフェや

      ホテルのラウンジ等で、行わせて頂いています。

      (ご自身のご飲食代のみ、ご負担頂くようになっていますので

      よろしくお願い致します)

       

      電話は、こちらからおかけしますので、通話料無料で

      させて頂いています。

       

       

       

      時間は90分となります。

       

       

       

       

      無料セッションの

      お問い合わせ、お申し込みは

      こちらのお申込みフォームから

      お願い致します。

       

       

       

      お申込みフォームの

      「ご希望日時等」の欄に

      第3希望まで、ご希望の日時と

      セッション形式をご記入くださいますよう

      お願い致します。

      対面の場合は、場所もお願い致します)

       

       

       

      平日、土日祝日とも

      午前10時〜午後10時スタートまで

      受け付けております。

       

       

       

       

      例えば

      1、6月23日(金)20時〜

      2、6月24日(土)16時〜

      3、6月25日(日)10時〜

       

       

      対面希望

      (新宿周辺希望)

       

       

       

      このような感じでお書き頂けましたらと思います。

       

       

       

      無料セッションで、少しでもあなたのお役に立てますよう

      全力を、尽くさせて頂きます。

       

       

       

       

       

       

      最後までお読み下さいまして誠にありがとうございました。

       

       

      あなたの、益々の自己実現を

      心よりお祈りしております!

      | - | 10:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
      0
        今、心から充実して、満足されていますか? 〜無料セッション(無料ご相談)をさせて頂いています〜

        こんばんは。

         

         

        今回も数あるブログの中から

        こちらにお越し下さいまして

        誠にありがとうございます。

         

         

         

        ただいま、無料セッション(無料相談)を

        行わせていただいています。

         

         

         

        私は、このIRMを学び、実践させて頂いてきた中で

        本当に大きく変われたと思っていますし

        一例ですが、車の運転免許は

        絶対取れないと思っていたのが

        取れたりをはじめ、

        できなかったことができるようになって自信もついたり

        そのほかにも、本当に、一言ではいえないほど

        本当にありがたい体験をさせて頂いてきました。

         

         

         

        ですので、そのお返しというかご恩返しに

        少しでも、より、充実した人生を送っていただけたらという思いで

        させて頂いています。

         

         

         

        今の毎日で、本当に、心から、充実して、満足されていますか?

         

         

         

        「本当はもっとこんなことがやりたいのに・・・」

        「本当はもっと違うことをやるべきなんじゃないのかな・・・」

        そんな思いがふと湧いてくることはありませんか?

         

         

         

        具体的に何がどう、というわけではないのに

        何か、満たされない感じがあったり

        もっと、何か違う生き方があるんじゃないかな、

        みたいなふうに感じたことはありませんか?

         

         

         

        自信をつけたかったり

        現実を好転させたいと思って

        スピリチュアルのことや心の勉強を熱心に行って

        時間もお金も使って実践もしているのに

        なぜか、具体的によくなったような感じがしない・・・

        実感が薄い・・・

        というようなことはありませんか?

         

         

         

        「もっともっと、自分のやりたいことや特性を活かして

        毎日を過ごしたい!

        それが、周りにも貢献できることだったら・・・!」

        というような思いに駆られることはありませんか?

         

         

         

        私自身も、本当にそういうような思いで

        ずっと過ごしていましたので

        ぜひ、そういう思いをされている方の

        お力になれたらと思っています。

         

         

         

        形式は、

        対面、電話、スカイプの

        3タイプで行っています。

         

        対面は、東京23区内のみとさせて頂いています。

        ご了承くださいませ。

         

         

        対面の場合は、落ち着いた雰囲気のカフェや

        ホテルのラウンジ等で、行わせて頂いています。

        (ご自身のご飲食代のみ、ご負担頂くようになっていますので

        よろしくお願い致します)

         

        電話は、こちらからおかけしますので、通話料無料で

        させて頂いています。

         

         

         

        時間は90分となります。

         

         

         

         

        無料セッションの

        お問い合わせ、お申し込みは

        こちらのお申込みフォームから

        お願い致します。

         

         

         

        お申込みフォームの

        「ご希望日時等」の欄に

        第3希望まで、ご希望の日時と

        セッション形式をご記入くださいますよう

        お願い致します。

        対面の場合は、場所もお願い致します)

         

         

         

        平日、土日祝日とも

        午前10時〜午後10時スタートまで

        受け付けております。

         

         

         

         

        例えば

        1、6月19日(月)20時〜

        2、6月21日(水)19時〜

        3、6月238日(金)20時〜

         

         

        対面希望

        (渋谷周辺希望)

         

         

         

        このような感じでお書き頂けましたらと思います。

         

         

         

        無料セッションで、少しでもあなたのお役に立てましたら

        うれしいです。

         

         

         

         

         

         

        最後までお読み下さいまして誠にありがとうございました。

         

         

        あなたの、益々の自己実現を

        心よりお祈りしております!

         

        | - | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
        0
          今、何を認めているか? <天才道>〜人生は、認めたことで、できている〜

          こんにちは。

           

           

          今回も数あるブログの中から

          こちらにお越し下さいまして

          誠にありがとうございます。

           

           

           

          天才道のお話の中で

          「人生は、認めたことで、できている」

          というお話があります。

           

           

           

          自分がそうだと認めたことが

          自分の人生の中で現出していて

          そうして自分の現実が創られ

          自分の人生が校正される、ということですが

          だから

          自分の天才を発揮し、育てていくためには

          「私って、天才!?」と認めていくことが

          大切だということなのですが

          今日、改めて、本当にそうだなあ、

          その通りだなあと実感したことがありましたので

          お伝えしますね。

           

           

           

          仕事(不動産)のことで

          「あれ、なぜかうまく進まないな」

          ということがありました。

           

           

           

          ある方と連絡を取って

          ある手続きを進めて下さいと

          Aさんに重々お伝えしてあったにもかかわらず

          Aさんは全然、その方に連絡すら取っていない、

          そのための努力も払っていない、

          という状況でした!

           

           

           

          こちらにしてみれば

          「えええええーーーーっ!」

          でした。

           

           

           

          「なんでよ、Aさん!」、

          と言いたいところでしたが

          Aさんに任せきりにしていたのは私だし

          その現実を創造しているのも

          確かに私なので、

          「自分は、何を認めてるのかな」

          というふうに、考えてみました。

           

           

           

          するとまず出てきたのが

          「Aさんは、いい加減な人」

          というように認めていたのだ、

          ということに気づきました。

           

           

           

          過去に、私がそう思うだけのことがあって

          そういう認識になったと思うのですが

          でも、いい加減じゃないところもたくさんあるし

          その恩恵もたくさん頂いてきているし

          その認識(価値観)は、いらない、と思いました。

           

           

           

          で、そのことも大きかったのですが

          それ以上に、気づいたのが

          「その(分野の)仕事は、自分にはできない」

          という「認め」でした。

           

           

           

          逆に言うと、無意識にでも

          そういう認めがあったからこそ

          Aさんに任せっきりにしていた、

          とも言えます。

           

           

           

          Aさんは、その、私の無意識の認めを

          引き出してくれるために

          そのように動いてくれたのだ、

          と考えることもできます。

          というか、そうなんだと思って

          本当に感謝の思いが出ました。

           

           

           

          で、もうその「認め」は、いらない、

          その分野の仕事はできなくない、

          今までだってやってきたし、できる、と思って

          それで、動いて、その方の所まで行って

          お話を進めてきて

          その後、Aさんにも連絡して

          で、ずっと進んでいなかったそのことが

          進むようになったのです!

          (すごく、抽象的な書き方で

          わかりにくいかもしれません。

          恐縮です)

           

           

           

          何が言いたいかというと

          「自分が今、何を認めているのかに

          気づくことが大事です」

          ということです。

           

           

           

          何か、思ったように事が進まないな、とか

          なんでこうなるのかな、みたいな時が

          それを見直す、意識する

          チャンスかなと思います。

           

           

           

          「今、自分は何を認めて

          こういう現実になっているんだろう。」

          という視点や意識を持って頂けたら

          より、望む現実が

          手に入れやすくなるんじゃないかな

          と思います。

           

           

           

          このお話が、何かの役に立ちましたら幸いです。

           

           

           

           

          最後までお読みくださいまして

          誠にありがとうございました。

           

          ーーーーーーーーーーーーー

           

          あなたの、益々の自己実現を

          お祈りしています!

           

           

          天才道のお話が聴けるのは

          次回の1DAYスクールで最終回です!

           

          お聴き逃しなく!

           


          第100回 IRMベーシック

          &第99回 IRMアカデミー
          IRM 1DAYスクール


          日時  2017年7月9日(日) 

              13時30分〜18時30分

          会場  JR「川崎」駅 直結 
               
          ミューザ川崎シンフォニーホール会議室2

          定員  15名(完全予約制、先着順)

          参加費 12,000円
             (お申し込みの際、

              上野のブログを読んで申し込みました、
              とお書き下さいますと、

              2000円引きとさせて頂きます。
              早割期間中のお申込みで、さらに2,000円
              お得にご参加頂けます。
              お友達とのご参加でさらにオトクにも!
              参加費の詳細はこちらをご覧ください)

          締切  7月5日(水)じゅうまで。
               早割期間は6月25日(日)じゅうまで。


          詳細、お申し込みは、こちらをご覧ください。

          1DAYスクールでお会いできますのを、

          楽しみにしております。

          最後の最後までお読みくださいまして

          誠にありがとうございました。

          あなたにとって、今日も魂が喜ぶ最高の1日に

          なりますように!
           

          | - | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
          0
            与えたものが、かえってくる(無料セッションで頂いたご感想のご紹介をさせて頂きます)

            こんばんは。

             

             

             

            今、無料セッションをさせて頂いていまして

            その、ご感想を、頂けました。

             

             

             

            読んで下さる方の、何かヒントになるのでは、

            と思いましたので、ご本人様のご了解を頂きまして

            ご紹介させて頂きます。※頂いたご感想の通りです。

            (ありがたいご感想をお寄せ下さり、

            そして、ご快諾下さいまして、本当にありがとうございました!)

             

             

             

            上野様

             

             

            先日は、無料セッションをありがとうございました。

             

             

            過去の貴ブログの記事を読ませていただき、

            お姉様とのご関係とわたしと夫との関係が

            似かよっているような気がして、

             

            その関係性をひもといていくのにお話を

            聞かせていただきたく

            セッションの申込みをさせていただきました。

             

             

            ご自身の体験などを、

            事細かくお話いただいているうちに、

             

            同じような体験をされた方と

            はじめて共感することができた喜びからか、

             

            なぜか涙があふれてきました。

             

             

            そして、

            「姉に与えていたものがかえってきていたことに

            気がついたんです。」と言われた時、

             

            何かがつながったような気がしました。

             

             

            借金をしてギャンブルをする夫に、

            わたしがあびせていた数々の言葉の暴力、

            脅し、強迫。。。

             

            それは、今、わたしがパニック障害の症状を通して

            感じている圧迫感、恐怖感として

            受け取っていたこと。

             

             

            わたしに抑え込まれ締めつけられて、

            「あ〜こんなにきつかったんだ」と、

             

            申し訳なさとともに、

            夫の気持ちを身をもって知ることができました。

             

             

            セッション後すぐに夫から電話があり、

             

            「今、鯛焼き屋の近くに仕事で来てるけど

            買って帰ろうか?」と。

             

            ささいな事ですが、

            これからはその優しさに

            フォーカスしていきたいなと思いました。

             

             

             

            それから、

            母に対してもお説教めいたことを言われるのがイヤで、

             

            「つべこべ言わずに、さっさとお金を出せ」

            的な雰囲気を与えていました。

             

             

            思えば数十年前、銀行に勤めていた時に

            窓口が4人いるのになぜかわたしのデスクに

            セキュリティーのブザーが設置されて、

             

            「強盗が来たら、あなたが押しなさい。」

            と店長から言われました。

             

            なぜわたしが?とその時はわかりませんでしたが、

            今思うと銀行強盗と同じ質をもっていたんですね。

             

             

            その母に与えたものは、やはり

            「人とのお金のトラブル」という形で、

            わたしの娘を通してかえってきていました。

             

             

             

            それから、通院している歯医者さんに対しても、

             

            「わたしの歯をちゃんと治療してちょうだい!

            さもないと、ただじゃおかないから」

            的な要求と脅しを

             

            無意識に与えていたことにも気づきました。

             

            じつは数日前、

            病院の前で急にパニックの症状が出てきて、

            治療できずにそのまま帰宅していました。

             

            身体は、ちゃんと教えてくれていたんですね。

             

            そして今日、行くことができました。 

             

            治療中に歯医者さんや歯科衛生士さんは

            もちろんのこと、治療器具やうがい用の

            紙コップにいたるまで、

             

            そのありがたさに涙があふれてきました。

             

            治療も順調にあっというまに終わり、

             

            いつもはクールでそっけない印象の受付嬢からも、

            はじめて優しい言葉をかけられて驚きました。

             

             

             

            『与えたものが かえってくる』 

             

             

            頭ではわかっているつもりでしたが、

            身をもって体験することで

             

            こういうことなんだと腑に落ちました。

             

             

            ひとつひとつの体験がかけがえのないもので、

            この身体や人やお金も含め、

             

            すべての存在が大切でありがたいものなんだと

            改めて実感しました。

             

            そしてこれからわたし自身、

            どういうものをこの世界に与えていきたいのか

            ということも明確になりました。

             

             

             

            長文になりましたが、

            たくさんのヒントをいただき

            本当にありがとうございました。

             

             

            上野様のますますのご繁栄をお祈りしております。

             

             

            ご感想は、ここまでで

            詳細につきましては、控えさせて頂きますが、

            この方はすごく心の勉強をされている方で

            このご感想からもそのご様子がうかがえるかと思いますが

            ご自分で、気づかれていかれる感じで、

            セッションをさせて頂いていて、すごいな、と思いましたし

            このご感想を読ませて頂いても、やっぱり、

            すごい方だな、と思いました。

             

             

             

            これをきっかけに、こちらの方がさらに自己実現されますことを

            心より、お祈りしております。

             

             

             

            最後まで、お読みくださいまして、

            誠にありがとうございました。

             

             

             

            それでは、また。

             

             

             

            上野聡一朗 拝

             

            ※今も、無料セッションを行っております。

             

            もし、ご興味がありましたら、下記をご覧ください、

            今、無料セッションを行わせて頂いています。

             

             

            内容は

            「天職に就きたい」

            「本当にやりたいことを見つけたい」

            「自分の才能を発揮したい」

            「願を叶えたい」

            「問題や悩みを解決したい」等々

            ご相談頂ければと思います。

             

             

             

            できる限り、お力になれるよう、

            力を尽くしたいと思っています。

             

             

             

            フリー写真, 植物, 雑草, クローバー(シロツメクサ), 四つ葉のクローバー, リボン

             

            形式は、

            対面、電話、スカイプの

            3タイプで行っています。

             

            対面は、東京23区内のみとさせて頂いています。

            ご了承くださいませ。

             

             

            対面の場合は、落ち着いた雰囲気のカフェや

            ホテルのラウンジ等で、行わせて頂いています。

            (ご自身のご飲食代のみ、ご負担頂くようになっていますので

            よろしくお願い致します)

             

            電話は、こちらからおかけしますので、通話料無料で

            させて頂いています。

             

             

             

            時間は90分となります。

             

             

             

             

            無料セッションの

            お問い合わせ、お申し込みは

            こちらのお申込みフォームから

            お願い致します。

             

             

             

            お申込みフォームの

            「ご希望日時等」の欄に

            第3希望まで、ご希望の日時と

            セッション形式をご記入くださいますよう

            お願い致します。

            (対面の場合は、場所も)

             

             

             

            平日、土日祝日とも

            午前10時〜午後10時スタートまで

            受け付けております。

             

             

             

             

            1、6月9日(金)20時〜

            2、6月10日(土)16時〜

            3、6月11日(日)10時〜

             

             

            スカイプ希望

             

             

             

            このような感じでお書き頂けましたらと思います。

             

             

             

            最後の最後まで、読んで下さって、

            本当にありがとうございました!

            | - | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
            0
              <天才道>ものごとの受け取り方

              こんにちは。

               

               

               

              今回もこちらにお越し下さいまして

              誠にありがとうございます。

               

               

               

              今回は、この前、6月7日の1DAYスクールの

              天才道の講演で学んできたことを、お伝えしますね。

               

               

               

              「何かが起きました、

              それについて、ネガティブな感情が出ました、

              それで、感情学修をしましょう」

              という、一連の流れももちろん、「アリ」なのですが

              そもそも、なぜそのネガティブな感情が出てくるのか、

              というところに意識を向けていきましょう、

              というお話でした。

               

               

               

              情報の受け取り方、ということですが

              天才と言われている画家のダリが

              「自分は、人とは違うものの観方をしたい」

              というようなことを言っているように

              天才というのは

              一般の人とは違うものの観え方、

              観方をしているということで

              この「情報の受け取り方」というのと

              天才、とは

              ものすごく密接な関係があると思うのです。

               

               

               

              それで

              言葉でも、表情でも、態度でも

              それを「イヤなものだ」と受け取っているのは

              自分ですよね。

               

               

               

              そこをそのままにしないで

              そこで立ち止まって

              「何でこういうふうに受け取ってるんだろう」

              と考えてみる、ということです。

               

               

               

              繰り返しになりますが

              天才はものの受け取り方が人とは一味違う

              ということで

              受け取り方を考えてみる、ということですが

              感情が出る前のところに戻って、考える、

              ということです。

               

               

               

              それで、これを学んで、いいなと思っていたところで

              ちょうど、こんな体験をさせて頂きましたので

              シェアしますね。

               

               

               

              仕事関係で、私が連絡をしなければいけない

              Aさんというお客様がいらっしゃいますが

              なかなか連絡が取れないでいました。

               

               

               

              そして、そのことで迷惑を被っている

              Bさんというお客様が

              いらっしゃいます。

               

               

               

              そして、その日、Bさんから

              「とにかくどんどんAさんに連絡して下さいよ」

              と言われた、ということがありました。

               

               

               

              今までなら、そのBさんの言葉を、

              「何でまだ連絡取れてないんですか!(怒)

              あなたダメですね!

              もっとしっかりして下さいよ!!」

              というふうに受け取っていた自分がいたな、

              と思いました。

              ある意味、勝手にそういうふうに「翻訳」してる、と

              言ってもいいかもしれません。

               

               

               

              そうして、自分を責める。

               

               

               

              で、それがやる気につながればいいのですが

              ただ「やだなぁ」が増えるだけ、

              みたいな感じだったんですね。

               

               

               

              でも、この

              「何でまだ連絡取れてないんですか!(怒)

              あなたダメですね!

              もっとしっかりして下さいよ!!」

              も、Bさんの言葉を材料にして

              私の意識(思考)が作ったものにすぎない、

              と思ったんですね。

               

               

               

              そこの部分にフォーカスをあてて。

               

               

               

              あー、なんだ、もうここから自作自演なんだ

              って思ったんです。

               

               

               

              そんな受け取り方(翻訳の仕方、創造)

              する必要ないやと思って。

              「あ、シンプルに、励ましてくれてんだ」

              と思ったんですね。

               

               

               

              そうしたら、そんな、

              自分を責めることもなく

              Aさんに連絡する仕事もできました。

               

               

               

              そして

              これって、連絡付くつかないが

              問題の本質じゃなかったんじゃないかなって

              ちょっと思ったのですが

              その、数分後に、Aさんと連絡が取れ

              ものごとも無事進んだのです。

              すごくびっくりしましたし、感謝、感動でした。

               

               

               

              ・・・と、こういう体験を

              させて頂けたのですが

              その

              自分勝手な受け取り方

              (創造の仕方、翻訳の仕方)を

              している、というところ、また

              どういうふうに考えていったらいいのか、

              というところ、伝わりましたでしょうか?

               

               

               

              もし、何かの参考になりましたら

              うれしいです。

               

               

               

              最後までお読みくださいまして

              誠にありがとうございました。

               

               

               

              あなたにとって

              今日も最高の1日でありますように!

               

               

              | - | 13:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
              0
                天才道と、【意味=苦悩+希望】

                こんばんは。

                 

                今回は「天才道と【意味=苦悩+希望】」

                というお話です。

                 

                【意味=苦悩+希望】というのは

                天才道講演の中で

                幸田先生がお話しされた中で

                出てきたことなのですが

                初めてこの公式をご覧になる方も

                少なくないのではと思いますので

                説明しますね。

                 

                まず、書籍「嫌われる勇気」で

                有名になった

                アドラー心理学のアドラーに

                師事していた、ヴィクトール・フランクル氏

                という方がいます。

                ヴィクトール・フランクル ウイキペディア

                https://goo.gl/JG1XTn

                 

                彼は医師や心理学者として活躍し、

                多くの人に希望や勇気を与えてきましたが

                第二次大戦中、ナチスによって収容され、

                全く希望を持てないような状況に

                置かれていたこともありました。

                 

                その時の心中たるや、

                想像に余りあるものがありますが

                そんな中、

                彼はこんな定義(公式)を考え出しました。

                 

                「絶望=苦悩―意味」というものです。

                 

                意味は、この式の通り

                「絶望とは、意味なき苦悩である」

                ということですが

                僕はこれを見て、

                彼のものすごい意欲や、

                希望への執念、というものを

                感じました。

                 

                「強さ」と言ってもいいでしょう。

                 

                なぜなら、

                「どれだけ苦しいことがあって

                悩んでいたとしても

                そこに意味を見出している限り、

                それは絶望ではないのだ!」

                という心の叫び、

                宣言というものが感じられるからです。

                滲み出てくる、

                と言ってもいいかもしれません。

                 

                逆に言うと、

                何が何でも意味を見出してみせるぞ、

                単なる苦悩では終わらせないぞ、

                という意志であるとも

                言えるかもしれません。

                 

                こうして彼は、

                そんな状況下でも

                おそらく絶望することなく、

                その強い意志こそが、

                後のさらなる活躍へと

                つながっていったのではと思います。

                 

                そして、この公式(定義)を元に

                福島智氏という方が、

                新たな公式(定義)を作られました。

                 

                彼は眼病のため3歳で右目を、

                9歳で左目を失明し

                18歳の時には突発性難聴で失聴、

                全盲ろう者となりました。

                 

                そこから猛勉強され、

                盲ろう者として日本で初めて大学に入学し

                現在は東京大学で教授も務める、

                バリアフリー研究者ですが、

                その生い立ちから考えて

                「絶望」というものに深く向き合われ

                そこから脱するには、

                むしろそれをプラスにするには

                どうしたらいいのだろうと

                ずっと考えていらしたのではと思われます。

                 

                その彼は、このように考えました。

                 

                「【絶望=苦悩−意味】

                だとするならば、

                【意味=苦悩−絶望】

                とも言い換えられる。

                 

                そして、絶望の対義語が

                『希望』だとするならば、

                【意味=苦悩+希望】となるではないか!」

                と。

                 

                【意味=苦悩+希望】

                僕はこの式を見て

                「どれだけ苦しく、

                悩んでいる中であっても、

                そこに希望を失わなければ

                その苦しさも悩みも意味のあるものになる」

                ということであり

                「どんなに苦しくたって悩んだって、

                絶対希望は持ち続けるそ。

                そして、この苦しみや悩みを、

                絶対に意味のあるものに変えてやるんだ!」

                という、彼の強固な意志、信念を

                感じたんですね。

                 

                それは本当に尊い、すばらしい、

                なんていう一言では言い表せないほど

                すごいことだと思うのですが、

                その、福島氏の式に、

                IRM開発者の幸田先生が、

                さらに新たな解釈を

                加えられました。

                 

                それは

                 

                〜体験の意味とは、

                苦悩(ネガティブな感情・デトックス)

                と希望を足したものであるから

                感情学修によって苦悩を浄化し、

                常に希望を持ち続けることによって

                体験の本質的な意味を読み解くことができる〜

                 

                というものです。

                 

                ここでキーワードとなるのは

                「希望」ということです。

                 

                感情学修をして浄化できると、

                オーダーが自然に出てくる、

                ということを話していますが

                逆に言うと、希望(オーダー)

                が出てくるまで感情学修をすることが大切で

                それが出てこないとしたら、そこ止まり、

                ということであり

                まだ浄化する必要のあることがある、

                ということなんですね。

                 

                希望は言霊で「貴望」であり、

                貴い望みだということ。

                 

                そして、貴望の貴は「祈り」の「祈」に

                つながっているということ。

                 

                人間には本能的に祈る脳があり

                祈りの遺伝子が

                DNAの中に入っているということ。

                それが人間と動物の違いだということ。

                 

                その、自分の魂の中にある

                祈りの遺伝子を意識するといい、

                というお話にまで発展していきました。

                 

                式の元からたどれば、

                「絶望」というところから

                始まっていたお話かと思いますが

                それが、個人の意味や希望、

                といったことはもとより

                祈りというところ、

                それは個人もそうですが

                広く人類全般や世界全般のことにまで

                意識を向けられるようになる

                という感じに思えて、

                すごいなと思いました。

                 

                そういった中で、

                意識も広がり、「天才」も、

                より磨き上げられていくんじゃないかな、

                と思いました。

                 

                ぜひ、この

                【意味=苦悩+希望】そして

                「祈り」というものを意識して

                天才を磨いていっていただけたら、

                と思います。

                 

                最後までお読み下さいまして

                本当にありがとうございました、

                 

                あなたにとって

                今日も最高の1日でありますように!

                 

                 

                | - | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                0
                  天才道と、「頂いている感覚」

                  こんにちは。

                   

                   

                  天才道と「頂いている感覚」

                  というお話です。

                   

                   

                   

                  この「頂いている感覚」

                  が研ぎ澄まされてくると

                  もっと「天才」も磨かれ、

                  天才道も極められるように

                  なるかと思いますので

                  楽しみにお読み頂けたらと思います。

                   

                   

                   

                  まず「頂いている」には、2つあります。

                   

                   

                   

                  「して頂いている」と

                  「させて頂いている」

                  つまり、この2つの感覚を

                  研ぎ澄ましていくことが

                  大切だということです。

                   

                   

                   

                  究極的に言うと、

                  人生にはこの2つしかない、

                  ということも言え、

                  だからこそ、この2つを極めることで

                  人生が研ぎ澄まされ、

                  「天才」も磨かれる、

                  と言えるんじゃないかなと思います。

                   

                   

                   

                  では

                  「して頂いている感覚」

                  とは何かというと

                  自分のため、であり、

                  「自分がもらう」

                  ということです。

                   

                   

                   

                  逆に、「させて頂いている」は

                  他人のためであり、与える、

                  ということです。

                   

                   

                   

                  当たり前のことのように

                  思われるかもしれませんが

                  これを意識することが

                  とても大切なのです。

                   

                   

                   

                  というのは、

                  誰かに何かをしてもらった時に

                  どれだけ「して頂いている」

                  という意識を持てているか、

                  ということかと思います。

                   

                   

                   

                  とはいうものの

                  「して頂いている意識を、

                  ひとつひとつ、しっかり持てているか」

                  ということを、僕自身のことで考えると、

                  正直に言うと

                  そうとも言えないかな、

                  もっと意識できるようになりたいな、

                  という感じがしています。

                   

                   

                  では、

                  それができるようになると

                  何がいいと思うかというと

                  その意識が強い分だけ

                  感謝の思いが強まって、

                  ご恩返ししたくなる原動力に

                  なるんじゃないかなと思うからです。

                   

                   

                   

                  ご恩返しの原動力、つまり、

                  プラスを与える原動力が強まると思うので

                  「与えるものが返ってくる」で

                  プラスのスパイラルに入れると思うので、

                  いいんじゃないかなと思うんですね。

                   

                   

                   

                  ただここで、

                  気をつける必要があるのが

                  どういう意識で与えるか、

                  ということかと思います。

                   

                   

                   

                  それがまさしく、

                  もうひとつの「頂いている」

                  させて頂いている意識、

                  ということに

                  深く関係しているかと思います。

                   

                   

                   

                  よく

                  「与えた恩は忘れろ。

                  受けた恩は忘れるな」

                  というようなことわざがありますが

                  それがことわざになるということは、

                  なかなかそうできる方が多くない、

                  ということの表れかなと思います。

                   

                   

                   

                  だからこそ

                  「させて頂いている意識」

                  が大切になってくるんじゃないかなと

                  思います。

                   

                   

                   

                  してあげた(してあげている)

                  のではなく

                  「させて頂いた(させて頂いている)」

                  という意識、

                  それが、このことわざで言えば

                  「与えた恩を忘れる」ために

                  大切なことになるかと思いますし

                  それだけでなく、これも、

                  感謝の心を生み出せる意識に

                  つながるんじゃないかなと思うのです。

                   

                   

                   

                  なぜ、感謝の気持ちを

                  生み出せるのかというと、

                  してあげている、ではなくて「

                  させて頂いている」感覚を持つことで

                  これも「頂いている」になり、

                  頂けてありがたい、感謝、という気持ちに

                  なりやすいんじゃないかなと思うからです。

                   

                   

                   

                  もちろん、

                  明らかにネガティブな感情が

                  出るようなことに対しても

                  「させて頂いていると思いなさい」

                  ということではなくて

                  特に意識しなかったら

                  「してあげている」

                  という感覚になるようなことについて

                  ということです。

                   

                   

                   

                  つまり

                  「して頂いている」

                  「させて頂いている」

                  のどちらからも

                  感謝の気持ちに持っていけて、

                  ご恩返しの原動力に持っていけて

                  プラスのスパイラルに入れると思うので、

                  いいんじゃないかなあと思うんですね。

                   

                   

                   

                  そして、

                  その頂いている感覚を

                  さらに増幅させるのが

                  「頂きます」の意識、

                  感覚かと思います。

                  ごはんを頂く時等の、

                  あの「頂きます」です。

                   

                   

                   

                  言霊で考えると

                  「頂きにいて、増す」

                  ということ。

                   

                   

                   

                  丸裸で生まれてきて

                  親や家族をはじめ、

                  ありとあらゆる存在に支えられて

                  つまり、

                  そういう存在が下にいてくれて、

                  ということは

                  自分は頂き(頂上)にいて、

                  ということですが

                  そういうことをしっかり意識して

                  頂いている感覚を増すことで、

                  頂けるものも、

                  また増してくるんじゃないかなと

                  思うんですね。

                  実感として。

                   

                   

                   

                  今まで「頂いている」

                  と感じられなかったことも

                  「頂けているんだ」

                  と実感できるようになる、

                  ということかと思いますので。

                   

                   

                   

                  それによって、

                  ますますご恩返しの原動力も増し、

                  天才も磨きあげられていくと

                  思いますので

                  「頂いている感覚」を、

                  さらに意識して

                  みていただけたらと思います。

                   

                   

                   

                  最後までお読み下さいまして

                  誠にありがとうございます。

                   

                   

                   

                  あなたにとって

                  今日も魂が喜ぶ1日になりますように!

                   

                   

                  | - | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                  0
                    なぜ天職なのか? 「うつヌケ」著者 田中圭一先生の言葉から考える

                    こんにちは。

                     

                     

                     

                    今回も数あるブログの中から

                    こちらにお越し下さいまして

                    誠にありがとうございます。

                     

                     

                     

                    今年に入ってIRMでは

                    「天才道」(天職のための才能開発)

                    ということを打ち出しています。

                     

                     

                     

                    長年、僕のブログを呼んできて下さっている方は

                    特にかと思いますが「

                    え、何で天職?」と思われた方も

                    いらっしゃるんじゃないかなと思います。

                     

                     

                     

                    いわゆる

                    「悩みの本質的な解消、根本からの解決」

                    という方面で書いてきたので。

                    (以前から、天命天職ということも

                    書いてはきていましたが)

                     

                     

                     

                    で、今、18万部以上出版され、

                    多くの方に読まれている

                    「うつヌケ」 うつトンネルを抜けた人たち

                    という本をご存知でしょうか?

                     

                     

                     

                    40代でうつになった著者が、

                    自身がある一冊の本をきっかけに

                    そこから抜け出せた体験記や、

                    うつから抜け出せた、

                    ミュージシャンの大槻ケンヂ氏をはじめ、

                    著名人の方などの

                    数多くの体験記を、

                    わかりやすく親しみやすいマンガで書かれたもので

                    僕も、とても興味深く読ませて頂きました。

                     

                     

                     

                    その著者、田中圭一先生は、

                    マンガ家とサラリーマン、

                    2足のわらじをはいていた方で、

                    うつから抜け出せた頃

                    ちょうどリストラにあい、

                    それをきっかけに希望する会社に

                    入れた、ということなのですが、

                    「仕事」について、

                    インタビューでこのように語っています。

                     

                     

                     

                    「自分がやりたい仕事に就ければ、

                    こんなに楽しいのだとつくづく思いました。

                    漢字を間違えたり記憶が曖昧になるといった

                    後退した能力が、

                    うつを脱出してよみがえってきたのも

                    何よりうれしいことでした」

                    と。

                     

                     

                    ヤフーニュース

                    2017年5月9日10時22分配信
                    「うつ病経験を漫画に

                    『うつトンネル』の向こうで待っています」

                    より、一部抜粋。

                    このニュース記事(インタビュー記事)も、

                    すごくわかりやすくて

                    ためになると思いますので、

                    よかったら、読んでみて下さい。

                     

                     

                     

                    「ニワトリか卵か」ということで

                    うつから抜けるところだったから、

                    そういう仕事にめぐりあえた、

                    という観方もできると思いますが

                    それはともかく、やっぱり

                    自分がやりたい仕事、というのが

                    いかに心の健康と深い関係にあるのか、

                    ということを

                    その本質の部分なんじゃないかなって、

                    すごく感じました。

                     

                     

                     

                    というのは

                    たとえば、いわゆる

                    「うつ」から抜けて元気になっても

                    やっぱり、仕事のことで気持ちが

                    上向きになれなかったり、

                    逆に、そういうことじゃなくても

                    たとえば

                    「本当にやりたいことって何だろう?」

                    「なんで自分には

                    それが見つけられないんだろう?」

                    「それを見つけられない自分って・・・」

                    と思って、逆にそういうことで

                    自分を責めたり悩んだり

                    ということが、

                    あるんじゃないかなと思うんですね。

                     

                     

                     

                    ある意味、極端に言うと

                    「やりたいことを見つけないといけない」

                    「やりたいことをやらないといけない」

                    みたいな空気、風潮みたいなのが

                    特に心の勉強をしていると、

                    あるんじゃないかなと思うので。

                     

                     

                     

                    そういう方のために、

                    というとちょっと変なんですけど

                    やっぱり心身ともに、

                    経済的にも健康に生きていくためには

                    「仕事」って重要な要素だと思いますし

                    また、そういう「本当にやりたいことを・・・」

                    っていうことで

                    模索している方のためにも

                    「天職」って、意義があること

                    じゃないかなって思うんですね。

                     

                     

                     

                    だから、天職才能開発であり

                    「天才道」なのです。

                     

                     

                     

                    何かちょっと、

                    説明みたいな記事になってしまいましたが

                    お役に立てて頂けましたら、

                    うれしいです。

                     

                     

                     

                    最後までお読みくださいまして

                    誠にありがとうございました。

                     

                     

                     

                    あなたにとって、

                    今日も最高に魂が喜ぶ1日に

                    なりますように!

                     

                     

                     

                     

                    天才道が学べる勉強会はこちらです。

                    ↓  ↓  ↓

                     「IRM ワンデイスクール」


                    日時:2017年6月4日(日)

                         13時半〜19時
                    会場:ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2
                    参加費:12,000円(税込)
                    定員15名(予約制・先着順)

                    お申し込み時、

                    上野のブログを見た、と書いて頂ければ、
                    2000円引きとさせていただきます。

                     

                    5月21日までにお申し込み頂けますと

                    さらにお得な「早割」で、

                    もう2000円お安い参加費で

                    ご参加頂けます。

                     

                    お申し込み締め切りは

                    5月31日です。

                    ご興味のある方はお早めに。

                     

                     


                    詳細・お申し込みは、こちらです。

                     



                    ☆お日にちのご都合等で

                    ワンデイスクールが難しい方へ

                    IRM開発者天才道提唱者

                    幸田宗昌先生個人セッション

                    通常、3万円(120分)のところ
                    初回のみ特別に
                    1万円(120分)で受けられます。



                    詳細・お申し込みは、こちらです。

                     

                     

                    最後の最後までお読みくださいまして

                    本当にありがとうございました!

                     

                     

                    あなたのさらなる自己実現を

                    心から応援しています!

                     

                     

                     

                    | - | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                    0
                      <天才道>「観察」と「読むこと」の大切さ

                      こんにちは。

                       

                       

                       

                      今回も数あるブログの中から

                      こちらにお越し下さいまして

                      誠にありがとうございます。

                       

                       

                       

                      前回、天才道について

                      「支配」ということを中心に書きましたが

                      その支配について、重要なことが

                      <観察>と<読むこと>です。

                       

                       

                       

                      人間関係がうまくいく人というのは

                      ひとつには、観察力のある人、と言われていますが

                      それだけよく人のことやいろいろな状況を観ている、

                      ということかと思います。

                       

                       

                       

                      観察は文字通り、観て、察する、

                      と書きますが

                      そういう人は、観ようとして、察しようとする、

                      という意識も

                      高いんじゃないかなと思います。

                       

                       

                       

                      その意識、意志が

                      観察力をより高めるんじゃないかなと思うのです。

                       

                       

                       

                      そしてその「察する」は、やはり

                      <読むこと>にも直結しているように思います。

                       

                       

                       

                      では、読むことが重要だということですが、逆に

                      読めないとどうなるのか?

                       

                       

                       

                      これは極端な例ですが

                      たとえば、目の前の食物が

                      「これは毒だ」と読めなければ

                      それを食べてしまって、命にかかわる、

                      なんていうこともあるわけです。

                       

                       

                       

                      つまり、読めるかどうかで

                      命が左右される、

                      とも言えるということ。

                       

                       

                       

                      反対に、読むことができれば、

                      「これは毒だ!」と解って、

                      命の危険を避けられる、

                      ということもできるわけです。

                       

                       

                       

                      また

                      「解」という字と「毒」という字で

                      「解毒」という言葉がありますね。

                       

                       

                       

                      それはまさしく

                      「デトックス」であり、毒が解ることで

                      解毒=デトックスにもつながる、ということが

                      言えるんじゃないかなと思います。

                       

                       

                       

                      つまり

                      <観察><読むこと>の

                      意識が高まり上達することで、

                      解毒=デトックスも上手になる、

                      と言えるんじゃないかなと思うんです。

                       

                       

                       

                      実際、<観察><読むこと>が上達することで

                      感情学修も上手になってくると思いますので

                      本当の意味での心のデトックス

                      (心の浄化、毒出し)も

                      上手にできるようになってくるかと思います。

                       

                       

                       

                      そして「解る」は

                      「読み解ける」につながってくるかと思います。

                       

                       

                       

                      そして

                      「毒を読み解けるようになる」

                      ということは、言ってみれば

                      「望まない体験の意味を読み解けるようになる」

                      を意味することになるかと思います。

                       

                       

                       

                      ではなぜ

                      <観察>と<読むこと>が上達することで

                      体験の意味を読み解けるようになれるか、

                      というと

                      その2つが長けてくると

                      読み解くための「タネ」「材料」を

                      より多く見つけられるように

                      なるからだと思います。

                       

                       

                       

                      たとえば、

                      名探偵や推理に長けた刑事だったら

                      ふつうでは見逃してしまうようなことから

                      問題解決への重要な手掛かりを

                      見つけたりしますよね。

                       

                       

                       

                      それと同じように、

                      意識していない人だったら

                      見逃してしまうようなことから

                      読み解くためのたくさんのタネ、ヒントを

                      見つけられるようになると思うんです。

                       

                       

                       

                      それで

                      「ああ、そうだったのか!

                      だからあんな体験をしたんだし

                      する必要があったんだ!」

                      と心から思えるような下地が

                      着々とできあがるようになるんじゃないかな、

                      と。

                       

                       

                       

                      そして、<観察><読むこと>が

                      上達することによって

                      これから起こることも予見、

                      予感できるようになって

                      いわゆるトラブルになるようなことも

                      未然に防げるようになるかと思うんですね。

                       

                       

                       

                      「予防できるようになる」ということ。

                       

                       

                       

                      よく「地雷を踏む」

                      なんていう言い方もありますが

                      観察や読むことに長けていない人だったら

                      踏んでしまったかもしれない「地雷」も

                      踏むことなく

                      安全に安心に、どんどん行き進める、

                      みたいな感じで。

                       

                       

                       

                      そして、

                      マイナスをなくせるだけでなく、

                      プラスを生みだすことも

                      できるかと思うんですね。

                       

                       

                       

                      「空気を読む」

                      なんていう言葉もありますが

                      「こうしたら、

                      相手の方がもっと喜んで下さるかな」

                      という感覚が冴えてくると思うんです。

                       

                       

                       

                      「おもてなし」

                      ということにもつながってくるかと思いますが

                      それによって、

                      この先どんどん周りの方の協力も

                      得られるようになるかと思うんですね。

                       

                       

                       

                      過去の出来事も

                      プラスにとらえられるようになり

                      これからのトラブルも予防できたり

                      また、協力して下さる方も増やしていける、

                      そんな力が

                      <観察><読むこと>にはあると思います。

                       

                       

                       

                      あなたの「天才」をより発揮させるには

                      またとないパートナーかと思いますので

                      <観察><読むこと>を、

                      より意識してみて頂けたらと思います。

                       

                       

                       

                      最後までお読みくださいまして

                      誠にありがとうございました。

                       

                       

                       

                      今日もあなたの魂が喜ぶ1日でありますように!

                       

                       

                       

                      ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                       

                      感情学修、天才道が学べる勉強会

                      IRM ワンデイスクールの日程は、

                      下記の通りです。

                       

                       

                       

                       「IRM ワンデイスクール」


                      日時:2017年6月4日(日)

                           13時半〜19時
                      会場:ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2
                      参加費:12,000円(税込)
                      定員15名(予約制・先着順)

                      お申し込み時、

                      上野のブログを見た、と書いて頂ければ、
                      2000円引きとさせていただきます。

                       

                      お申し込み締め切りは

                      5月31日です。

                      ご興味のある方はお早めに。

                       

                       


                      詳細・お申し込みは、こちらです。

                       



                      ☆お日にちのご都合等で

                      ワンデイスクールが難しい方へ

                      IRM開発者天才道提唱者

                      幸田宗昌先生個人セッション

                      通常、3万円(120分)のところ
                      初回のみ特別に
                      1万円(120分)で受けられます。



                      詳細・お申し込みは、こちらです。

                       

                      | - | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE