0
    <天才道>精心、精信、精真について考える

    こんにちは。

     

     

    今回も数あるブログの中から

    こちらにお越し下さいまして

    誠にありがとうございます。

     

     

     

    今回は

    「精心、精信、精真」

    のお話をさせて頂きます。

     

     

     

    前回、「精神」の言霊で

    「精心、精信、精真」となる、

    というお話をしましたが

    それをさらに深く考えてみました。

     

     

     

    まず、「精心」について。

     

     

     

    「精」は「みがく」ということだと

    お話ししましたね。

     

     

     

    では

    「心をみがく」

    とは、どういうことか?

     

     

     

    いろいろあると思うのです。

     

     

     

    「忍耐力をみがく」ということも

    心をみがく、ということかと思いますし

    何か、めざすものに対して

    より真摯に向き合えるようにする、

    というのも

    心をみがく、ということかなと思います。

     

     

     

    なのですが、僕が思うには

    中でも大切なのが

    「おもてなし(ホスピタリティ)

    の心をみがく」

    ということじゃないかなと。

     

     

     

    なぜなら、

    何を成し遂げるにしても、そこには必ず

    人(他人)という存在が

    欠かせないと思うからです。

     

     

     

    人様がいいと思って下さってはじめて、

    才能にしても天才にしても、

    そこから生まれる作品(芸術)にしても

    その持てる力を発揮できるんじゃないかなと。

     

     

     

    では、おもてなし(ホスピタリティ)

    の心をみがくには

    どうしたらいいのか?

     

     

     

    これも、さまざまな方法が

    あるかと思いますが

    まず何より、実際に

    人様と接する機会を増やす、ということが

    一番に大切なことなんじゃないかなと思います。

     

     

     

    そういう、

    まさに体験の中で気づき、体得していくことこそが

    「天才道」を極めていく上で、

    最も大切なことなんじゃないかなと。

     

     

     

    では「精信」とは何か?

     

     

     

    これも前に

    「何を信じるかをみがく」

    というお話はしましたが

    もちろん、何を信じてもいいと思います。

     

     

     

    ただ、たとえば

    「自分は何をやってもダメだ」

    ということを信じても、

    あまり生産的にはなりにくいのでは、

    と思うんですね。

     

     

     

    それよりはむしろ、たとえば

    「自分はできる」

    と信じていく方が、

    より生産的で、プラスの方向に

    向きやすくなるかな、と。

     

     

     

    それは

    「そんなふうに全然思えないのに

    そう思い込む」

    というお話ではなく、

    自分をプラスの角度から観ていくという感じです。

     

     

     

    よくあるたとえで

    「コップに半分の水が入っている状態」

    に対して

    「半分しか入ってないじゃないか、価値がない」

    と観るのか

    「半分も入っている、

    すごい価値があるじゃないか!」

    と観るのかの違い、

    といってもいいかもしれません。

     

     

     

    たとえば

    「仕事ができない、できないと思っていたけど、

    以前の自分の仕事ぶりから観れば、

    その頃より

    ずっとできるようになってるじゃないか」

    と観ることもできますよね。

     

     

     

    「思い込む」でなくて

    「そう思える」ような観方をする。

     

     

     

    まさに「観自在」の

    トレーニングとも言えるでしょう。

     

     

     

    今のは一例ですが、そうやって

    「できる自分を信じる」。

     

     

     

    その「信じる」をみがいていく。

     

     

     

    その意味で「精信」も

    技術がいることなのかもしれないと思いました。

     

     

     

    逆に、技術だからこそ、

    より深められ、高められるのだと。

     

     

     

    最後に「精真」のお話。

     

     

     

    「何が真実なのかを見極める力をみがく」

     

     

     

    ・・・って、何でしょうか?

     

     

     

    これって「価値観」が

    すごく関係してると思うんですね。

     

     

     

    「価値観のために、

    真実が観えなくなっている」

    ということがけっこうあると思うんです。

     

     

     

    たとえば、セルフイメージで

    本当は全然ダメじゃないのに、

    「私にはまったく価値がない」

    と思い込んでしまっていたり、とか。

     

     

     

    もちろん、

    どんな価値観を持っていてもいいと思いますが

    自分自身を否定したり、

    苦しめるようなものは持たない方が、

    より快適に過ごせるんじゃないでしょうか。

     

     

     

    その、自分の持っている価値観に気づけるのが、

    感情学修です。

     

     

     

    なので、天才道と感情学修は、

    本当にワンセットなんだと思います。

     

     

     

    感情学修で、

    手放した方がいい価値観を手放し、

    かつ、大事にした方がいい価値観を

    しっかりみがきあげる。

     

     

     

    その中で、

    何が真実かを見極める力をみがきあげ(精真)

    それを信じる心をみがきあげ(精信)

    そうして、心自体をみがきあげていく(精心)。

     

     

     

    それを実際の体験の中で積み上げていくことで

    才能が磨かれ、天才が発揮できるようになる・・・

    その積み重ねなんじゃないかなと思います。

     

     

     

    「精心、精信、精真」

     

     

     

    目の前の、どんなところからでも

    この意識で取り組めると思うので

    ぜひ、試してみて頂けたらと思います。

     

     

    最後までお読みくださいまして

    誠にありがとうございました。

     

     

    &n

    | - | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    0
      <天才道>才能=感性×能力×価値観

      こんばんは。

       

       

       

      今回も数あるブログの中から

      こちらにお越し下さいまして

      誠にありがとうございます。

       

       

       

      今回は天才道の中の

      「才能=感性×能力×価値観」

      というお話です。

       

       

       

      この才能の定義は、

      IRM開発者にして天才道提唱者の

      幸田宗昌先生によって定義されたものです。

       

       

       

      これをくわしくみていきましょう。

       

       

       

      才能、というのは、まさに

      「天才のための能力」と言えるでしょう。

       

       

       

      感性、というのは

      それを理解できたり素晴らしいと思える

      感性ですね。

       

       

      たとえば、

      音楽の能力をもし持っていたとしても

      音楽を素晴らしいと感じたり、

      それを伸ばすために時間やエネルギーを

      かけたいという感性や価値観が

      もしなかったら、

      才能として開花することは、

      限りなくゼロに近いと思うんです。

       

       

       

      逆に、たとえ能力が少なかったとしても

      何が何でもうまくなりたい、

      という思いが強かったら、

      そして莫大な時間やエネルギーや

      情熱をかけて練習に練習を重ねたら、

      トータルの数値として、

      能力が少ない分を補えるほどの「才能」に

      なるんじゃないかなと思うんですね。

       

       

       

      そして、

      そうやって練習に練習を重ねることで

      結果「能力」もアップするでしょうから、

      才能もさらにアップしていきますよね。

       

       

       

      まさに「かけ算」だと思うのです。

       

       

       

      そして、能力というのは、

      「できるようになるための力」。

       

       

       

      そして何より、音楽なら音楽というように

      時間やお金をそれに使えるというのは、

      価値観ですよね。

       

       

       

      それに価値がある、と思うから

      それに対して時間やお金を使おう、

      となるわけで。

       

       

       

      そして、この才能の定義の中で

      特に大切になってくるのが

      「体験の中で気づいていく」

      ということです。

       

       

       

      頭で「そうだ、そうだ」と理解すること以上に、

      実際、なりたい姿や

      手に入れたいものに向けて

      行動していくという体験、

      つまり、うまくいかなったり

      「なんでこんな思いをしなきゃいけないの?」

      と思うような体験の中で感じたり、、

      気づいたりしていくことが

      大切だということです。

       

       

       

      その中で

      とても大事な心がけがあります。

       

       

       

      漢字一文字で表すと

      「精」という心がけ、意識です。

       

       

       

      それは「みがく」という意識のことです。

       

       

       

      「精」という漢字には、辞書で調べると、

      「念入りに手を加える」

      という意味がありますが

      それをここでは「みがく」

      という言葉で表します。

       

       

       

      では、何をみがくのか?

       

       

       

      才能の定義の中の

      「能力をみがく」

      「感性をみがく」というのもありますが

      「何を信じるかをみがく」ということです。

       

       

       

      「精」を使った言葉に

      「精神」というものがありますが

      この「せいしん」を言霊で表すと

      「精心」・・・心をみがく

      「精信」・・・何を信じるかをみがく。

             信じる心をみがく

      「精真」・・・何が真実なのかを見極める力をみがく

      となります。

       

       

       

      そうして「みがく」を大切にしていくことで、

      より才能(天才)も磨かれ、

      天才を開花できるようになる、

      というわけです。

       

       

       

      それも、頭でわかることというよりも、

      実際の実践の中で気づき、

      体得していくことが大切で、

      その過程の中での思わぬ体験などの時に

      感情学修がとても役に立つと思いますので、

      ぜひ、天才道、感情学修、

      ともに活用して頂けたらと思います。

       

       

       

      最後までお読み下さいまして

      誠にありがとうございました。

       

       

       

      あなたにとって

      今日も魂が喜ぶ

      最高の1日になりますように!

       

       
      「IRM ワンデイスクール」


      日時:2017年5月7日(日)

           13時半〜19時
      会場:ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2
      参加費:12,000円(税込)
      定員15名(予約制・先着順)

      お申し込み時、

      上野のブログを見た、と書いて頂ければ、
      2000円引きとさせていただきます。

       

      4月23日までにお申し込み頂けますと、

      早割で、さらに2000円引きとさせて頂きます。

      合計4000円引き!

      さらにお友達とご一緒にお2人で参加されれば

      おひとり様6000円でご参加頂けます!

      詳細・お申し込みは、こちらです。



      ☆お日にちのご都合等で

      ワンデイスクールが難しい方へ

      IRM開発者天才道提唱者

      幸田宗昌先生個人セッション

      通常、3万円(120分)のところ
      初回のみ特別に
      1万円(120分)で受けられます。


      詳細・お申し込みは、こちらです。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      | - | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
      0
        天職に就きたいあなたへ、無料セッションモニターのお知らせ

        こんばんは。


        今回も数あるブログの中から
        こちらにお越し下さいまして、
        誠にありがとうございます。



        只今、

        「天職に就きたい」

        「本当にやりたいことを見つけたい」

        「自分のやりたいことで社会貢献したい」

        「でも、そのためにはどうしたら…?」

        という方むけに、
        無料セッションモニターを
        行っています。

         

         

         

        僕の学んでいること

        学んできたこと

        体験してきたことで

        何かお役に立てたらと思っています。

         

         

         

        形式は
        対面、電話、スカイプの3タイプ。
        (対面は東京23区内の

        限定とさせて頂きます。
        カフェやホテルのラウンジにて

        開催致します。
        ご自身のご飲食代のみご負担下さい。
        電話は通話料無料です)



        時間は90分です。



        無料セッションモニターの
        お問い合わせ、お申し込みは
        こちらのお申し込みフォームから



        お申込フォームの
        「ご希望日時等」の欄に
        ご希望の日時(第3希望まで)、
        セッション形式(対面、電話、スカイプ)、
        場所(対面の場合)について
        ご記入ください。



        平日、土日祝日とも
        午前10時〜午後10時(22時)
        スタートまで承ります。




        1、4月15日(土)17時〜
        2、4月16日(日)10時〜
        3、4月17日(月)21時〜


        ・対面希望

        ・新宿周辺希望


        このようにお書き頂ければと思います。


        ※形式上、お申込フォームの形になっていまして、

        送信されますと
        「お申込みありがとうございました」
        という返信メールも届くようになっていますが、
        詳細を詳しくお聞きになりたい方は、
        お問い合わせ頂いても大丈夫です。

        (ご希望日時等のところに
        お問い合わせ内容をご記入頂けたらと思います)



        お役に立てて頂けましたら幸いです。

         

         

         

        最後までお読みくださいまして」
        ありがとうございました。



        あなたにとって
        今日も最高の1日になりますように!


         

        | - | 02:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
        0
          「自分には才能がないから…」と思っているかもしれない、あなたへ

          こんにちは。お元気ですか?

           

           

          今日も「天才道」(天職の才能を見つけ、磨きあげる勉強)

          のことを書きますね。

           

           

          「才能を道具として考える」というお話です。

           

           

          ふつう、才能、というと、たとえば

          「楽器を演奏するプロになりたいけど、

          音楽の才能がないからあきらめよう」

          という感じで考えることもあるかと思います。

           

           

          確かにそういうこともあるかとは思うんですが

          「才能ありき」で考えるより

          まず、「目的」から考えてみる、ということなんです。

           

           

          「楽器を演奏して、喜んでもらいたい。自分も楽しみたい」

          が目的だとすると

          「そのために使える道具は、何か自分の中にないか?」

          と、そういう順番、目で探してみるんです。

           

           

          今から書く例はちょっと「才能」というお話とは

          別のことかもしれないんですが、

          昔、人形劇団で働いて、子供たちに観てもらって

          喜んで頂いていた時のことです。

           

           

          音楽は、テープに仕込んでおいたものもありますが

          「生演奏(生音)」を大事にしていました。

           

           

          かつ、オリジナルの楽器、

          「こんなものが楽器になるの?」

          というものも多く使っていました。

           

           

          その中で、代表的なのが

          洗濯板としゃもじを使った“楽器”です。

           

          洗濯板

           

          しゃもじ

           

           

          しゃもじの先を、

          洗濯板のギザギザのところに当ててすべらせると

          効果音として、すごくいい音が出るのです。

           

           

          あくまでこれは極端な例だと思いますけど

          洗濯に使う道具と、

          ごはんをよそったりするのに使う道具、

          両方とも、直接には、

          「音楽」には結びつかないですよね。

           

           

          でも、本当にすごくいい音が出て、

          オリジナルの楽器の中でも、

          子供たちにも一番人気でした。

           

           

          だから、というと、

          ちょっと力技(ちからわざ)な書き方になって

          恐縮ですけど、やっぱり

          「目的」から「道具」を見つけていくことって

          大事だなあと思います。

           

           

          「こんなのは音楽に関係ない」とか

          「楽器じゃない」とか思って

          シャットアウトするんじゃなくて

          「これも使えるんじゃないか?」

          「これもイケるんじゃないか?」

          みたいな感じでやっていくと

          きれいごとじゃなくて本当に

          自分の中のまだ見ぬ、

          思ってもいなかった可能性っていうのが

          ひらけてくると思うんですよね。

           

           

          もしよかったら、そういう目、観方を

          試してみて下さい。

           

           

          何かのお役にたてたら、うれしいです。

           

           

          また、天才道に特化したウエブサイト

          「天才道プレミアムサイト」の中に

          「才能は道具である」というお話が載っています。

           

           

          大元とする考え方は

          ここに書いたものと共通していますが

          少し、別の角度からの観方も書いていますので

          また、視野が広がると思います。

           

           

          そちらも、もしよかったら

          見てみて下さい。

           

           

          それでは、また。

           

           

          お元気で!

           

           

          上野聡一朗 拝

           

           

          「天才道」勉強会

          (締め切り本日4月6日です。

          お考えの方はお早めに!)



          「IRM ワンデイスクール」


          日時:2017年4月9日(日)

               13時半〜19時
          会場:ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2
          参加費:12,000円(税込)
          定員15名(予約制・先着順)

          お申し込み時、

          上野のブログを見た、と書いて頂ければ、
          2000円引きとさせていただきます。


          詳細・お申し込みは、こちらです。



          ☆お日にちのご都合等で

          ワンデイスクールが難しい方へ

          IRM開発者天才道提唱者

          幸田宗昌先生個人セッション

          通常、3万円(120分)のところ
          初回のみ特別に
          1万円(120分)で受けられます。


          詳細・お申し込みは、こちらです。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          | - | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
          0
            天職につきたい、見つけたいあなたへ、大切なお知らせです。

            こんばんは。お元気ですか?


            こちらは暖かい1日でしたが
            そちらはいかがでしたか?


            今日は、天職が見つかるヒントになる
            セミナーのお知らせをしますね。


            今、私たちは「天才道」といいう
            勉強をしています。


            天才、といっても
            IQがものすごく高い、とかの
            天才ではなくて
            「天職のための才能」
            という意味です。


            それは、すべての人が持っている、
            ということなんです。


            でも、例えば子供のころに受けた教育で
            個性を否定されていたりすると
            持っている「天才」も
            開花できないままでいる、
            ということが少なくないんですね。


            そのために、本来は
            天職につける才能を持っているのに
            持っていることにすら気づけないまま
            極端に言うと、一生を終える、
            という人も少なくない、
            ということなんです。


            そうなる前に、自分が本来持っている
            「天才」を自分で見つけ、磨き上げて
            発揮して、天職につけるようになる勉強が
            「天才道」です。



            だから、
            「天職を見つけたい」
            「天職につきたい」
            「自分の本当にやりたいことを見つけたい」
            「自分の能力を発揮させたい」
            「本当にやりたいことで回りに貢献したい」

            という気持ちがもしあったら、
            きっと、ヒントや、行動の指針
            (具体的に何をしたらいいのか)
            が得られると思います。


            それに、「天才道」を具体的に解説した
            「天才道プレミアムサイト」
            オープンしたんです。


            これも、たくさん、考え方や実践のヒントが
            たくさん載っているので、
            よかったら参考にしてみて下さい。


            そして、今度の日曜日
            天才道」を勉強できるセミナーがあります。


            僕(上野)のブログを読んで
            申し込みました、と書くと2000円引き
            なりますので、もしよかったら
            活用してみて下さい。


            講義を聴くだけじゃなくて
            参加者同士で対話するワークショップがあったり
            すでに「天才道」を実践して、
            起業に向けて実際に動き出している方の
            生の体験談が聴けたり
            きっと大きな刺激になると思うので
            もし、ご都合がよかったら
            来て下さい。
            (申し込みの締め切りが明日4月6日なので
            もしお考えならお早めに)



            日にちの関係で難しい、という場合は
            「天才道」を始めた幸田宗昌(ひろまさ)
            先生の個人セッションも、天職につくためには
            とても有効だと思うので
            そちらも参考にしてみて下さいね。



            長くなってしまいました。


            それでは、また。


            お元気で!


            上野聡一朗 拝


            ☆「天才道」勉強会


            「IRM ワンデイスクール」


            日時:2017年4月9日(日)

             

               13時半〜19時
            会場:
            ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2
            参加費:12,000円(税込)
            ※定員15名(予約制・先着順)

            お申し込み時、
            上野のブログを見た、と書いて頂ければ、
            2000円引きとさせていただきます。


            詳細・お申し込みはこちらです



            ☆幸田先生個人セッション

            通常、3万円(120分)のところ
            初回のみ特別に
            1万円(120分)で受けられます。


            詳細・お申し込みはこちら です





             

            | - | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
            0
              いろいろなものを高価値化しよう

              こんにちは。

              今回も数あるブログの中から

              こちらにお越し下さいまして

              誠にありがとうございます。

               

               

               

              今回は

              「いろんな存在を高価値化しよう!」

              というお話です。

               

               

               

              これも天才道のお話になりますが

              いわゆる「普通の人」が

              「天才になる」というのも

              今までより価値が高くなる

              =高価値化になる

              ということは言えるんじゃないかなと

              思います。

               

               

              「いわゆる普通の人」が

              価値が低いとか

              「天才じゃない人は価値が薄い」とか

              そういうことが

              言いたいわけではありませんので

              くれぐれもご理解頂けましたら幸いです。

               

               

               

              より高価値化する、というお話です。

               

               

               

              で、文字通り、

              価値が高くなる、という意味での

              「高価値化」ですが

              「高価値」を言霊で考えてみると

              「効果値」となります。

               

               

               

              より、効き目があって

              より、望ましい結果を残せる、みたいな感じで

              何か、こうして言霊で考えてみると

              ますますいい感じがしませんか?

               

               

               

              では、どうすれば

              いろいろな存在を

              「高価値化」できるのでしょうか?

               

               

               

              前に

              「全肯定できると、人生の価値が上がる」

              というお話をしましたが

              全肯定する、というのもアリだと思います。

               

               

               

              そして

              高価値化には

              そのものの潜在価値を知る、

              ということが非常に大切になってきます。

               

               

               

              潜在価値とは

              その、もの

              (人や出来事も、すべて含みます)

              に潜んでいる価値のことです。

               

               

               

              パッと見では見えないような

              奥に潜んでいる価値、と言えるでしょう。

               

               

               

              では、その潜在価値を知るためには、

              ということですが

              その存在の奥に潜む背景について、

              思いを馳せることが大切です。

              想像するのです。

               

               

               

              たとえば、

              幸田先生はよく天才道の講演の中で

              食べ物の「カレー」を例に挙げて

              潜在価値のお話をされるのですが

              カレーの具材で考えてみましょう。

               

               

               

              たとえば、じゃがいも。

               

               

               

              どこの国や地域で、

              どんな農家の方が、どんな思いで育てて、

              作って下さっているのか。

               

               

               

              そして、

              どのくらいの時間やエネルギーを使って、

              また、いろいろな知恵や工夫を積み重ねて、

              作ってきて下さっているのか。

               

               

               

              もしかしたら、

              代々何年、何十年と続いている

              農家の方だったとしたら

              今ある知恵や工夫が編み出されるまでに

              費やされてきた時間や経験というものは、

              きっとものすごいものがありますよね。

               

               

               

              そういうことにも、思いを馳せるのです。

               

               

               

              そういうことに

              しっかり思いを馳せることができた時、

              じゃがいもひとつで考えてみても、

              ものすごくありがたみや恩恵が

              増してくるのではと思います。

               

               

               

              ああ、本当にありがたいなぁ、って。

               

               

               

              まさにそれこそが

              じゃがいもの潜在価値を知り、

              潜在価値を高めることができた、

              と言えるのです。

               

               

               

              そうして、潜在価値が上がって

              「ありがたいなぁ」と心の底から思えて、

              食べられるようになれば

              ただ、「今日はカレーか」と思って、

              何の感謝も思い入れもなく食べる時と比べて

              おいしさもさることながら、

              心の栄養とかも含めて考えたら

              ずいぶん効果が違ってくるような

              感じがしないでしょうか?

               

               

               

              このテーマの最初に

              「高価値の言霊は効果値です」

              というお話をしましたが、

              潜在価値を高価値にすることによって

              まさに、自分にとっての効果が

              どんどん高まってくると思うんですね。

               

               

               

              細胞が喜ぶ、

              とかいうお話も聞きますので、

              身体に吸収される栄養も、

              もしかしたら違ってくるかもしれませんし

              少なくとも実感としては、

              効果が高まる感じがするかと思うんです。

               

               

               

              せっかく、同じカレーを食べるのでしたら

              より少しでも効果が高い方がいいと思いませんか?

               

               

               

              そんな効果が、この「高価値化」にはあるのです。

               

               

               

              それは、食べ物だけではなくて

              人や、いろいろなもの、

              出来事にも応用が利きます。

               

               

               

              ぜひ、いろんな存在の価値を高めて、

              高価値化して

              より高い効果を手に入れて、

              「天才道」をますます極めていって頂けたら、

              と思います。

               

               

               

              最後までお読みくださいまして

              誠にありがとうございました。

               

               

              あなたの、ますますの自己実現を

              心から応援しています!

               

              ーーーーーーーーーーーーーーーーー

               

              本当に変わりたい、自己実現したい方に
              最適の勉強会です。

              「IRM ワンデイスクール」


              日時:2017年4月9日(日)

                 13時半〜19時
              会場:
              ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2
              参加費:12,000円(税込)
              ※定員15名(予約制・先着順)

              お申し込み時、
              上野のブログを見た、と書いて頂ければ、
              2000円引きとさせていただきます。

              詳細・お申し込みはこちら

               

               

               

              | - | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
              0
                人との比較や評価は一切関係ありません

                こんにちは。

                今回も数あるブログの中から

                こちらにお越し下さいまして

                誠にありがとうございます。

                 

                 

                 

                今回は

                天才道プレミアムサイト」の

                天才道基礎知識」の中から

                天才であることを認める」のご紹介をします。

                 

                ↓  ↓   ↓

                 

                あなたにとっての

                「なりたい天才のイメージ」は

                明確になっていますか?

                 

                まずは、自分の目指す

                天才のイメージを創りましょう。

                 

                そしてそこに向けて、

                自分の天才性を見つけよう!自分を伸ばそう!と

                日々エネルギーを集中していくわけですが、

                その過程で大事なのが、

                「私って天才!」という感覚を

                たくさん感じること。

                 

                つまり、自分で自分が天才であることを認めるんです。

                 

                なぜかというと、

                人生は認めたことでできているから。

                 

                人間は毎瞬毎瞬「自己承認」して生きています。

                 

                記憶を持てない病気の人は、

                目の前にあるものがどういうものだったかを

                すぐ忘れてしまうので、ひとつひとつ、

                例えばこれは食べられるものなのか?など

                他者へ承認を求める必要があるそうです。

                 

                そう考えてみると私たちは自分の中で、

                毎瞬毎瞬、

                これは食べ物、これは食べ物じゃない、

                この人は○○な人・・・など、

                ほとんど無意識ですが、

                全ての物も事も人も、全て自分が

                承認していることが分かると思います。

                 

                そして、プラスにもマイナスにも、

                自分が承認したように

                人生が創られていきます。 

                 

                だから、自分が天才である事を

                承認し続けるということが何より大事になるんです。

                 

                とはいっても、

                「私って天才!」と思えないのに

                そう思い込みましょう、暗示をかけましょう、

                という話ではありません。

                 

                あくまでも、自らが目指す天才に向けて努力して、

                ほんの少しでも近づけた!という面を見つけて

                認めることです。

                 

                これに、人との比較や評価は一切関係ありません

                 

                また、どれだけうまくいかないと思っても、

                「自分は天才じゃないんだ」と認める必要もありません。

                なぜなら、それは天才へのプロセスだからです。

                できるまで、自分が目指すものになるまで

                やればいいからです。


                 

                ーーーーーーーーーーーーーー

                 

                大切だなあと思うところは

                いくつもあるのですが

                「人との比較や評価は一切関係ありません」

                というところが、

                本当にそうだなあというか

                心に刻みたいなあ、と思います。

                 

                 

                 

                僕自身、まだ

                比べるクセ、みたいなのが

                出てくることがあるので(笑)

                 

                 

                 

                比べるなら

                以前の、自分自身と比べて

                「あ、今の方が成長してる」とか

                そういう方がいいかなと

                僕は思います。

                 

                 

                 

                上にも書いてありますが

                「人生は認めたことでできている」

                わけなので、改めて

                「人との比較や評価は一切関係ない」を

                認めていこうと思いました。

                 

                 

                 

                最後までお読み下さいまして

                誠にありがとうございました。

                この記事が、あなたの何か

                ヒントや力になりましたら幸いです。

                 

                 

                 

                あなたの、さらなる自己実現を

                心から応援しています!

                 

                 

                ーーーーーーーーーーーーーーーーー

                 

                自分自身や現実を認められるようになり、

                毎日をよりイキイキワクワク

                過ごせるようになるヒントがいっぱいの勉強会です。

                 

                「IRM ワンデイスクール」

                日時:2017年4月9日(日)

                   13時半〜19時
                会場:
                ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2
                参加費:12,000円(税込)
                ※定員15名(予約制・先着順)

                お申し込み時、
                上野のブログを見た、と書いて頂ければ、
                2000円引きとさせていただきます。

                詳細・お申し込みはこちら

                | - | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                0
                  自分自身をダメだと思っていたとしても、それは真実ではなく、観方の問題でしかありません

                  こんにちは。

                  今回も数あるブログの中から

                  こちらにお越し下さいまして

                  誠にありがとうございます。

                   

                   

                   

                  今回は

                  天才道プレミアムサイト」の

                  天才道基礎知識」の中から

                  観方を変える」のご紹介をします。

                   

                  ↓  ↓   ↓

                   

                  ーーーーーーーーーーーーーーーー

                  天才は、生まれたときから

                  ずっと自分の中にあるもの。

                   

                  でも本当はあるのに、

                  今までの自分には見えてない、

                  引き出せていないというとき、

                  天才を引き出したいのなら

                  何かを変えることが必要です。

                   

                  それは、「ある」のに「ない」と観てしまっている

                  「観方」です。

                  「今までのあらゆるものの観方」

                  を変えていくことが必要です。

                   

                  ここで、「見方」ではなく「観方」と表現するのは、

                  表面的にではなく、より深く深くものごとを

                  観察する必要があるからです。

                   

                  例えば同じ映画を見ても、

                  経験・価値観・感性によって

                  全く感想が違ったりしますよね。

                  これが観方が違うということです。

                   

                  観方にいい悪いはないですが、

                  より感動できたり、

                  インスパイアされる(インスピレーションを得られる)

                  ような観方ができるほうが、

                  天才が引き出されてくると思いませんか。

                  つまり、天才を引き出すような

                  観方のできる感性を耕すことが大切なんです。

                   

                  例えばコーヒーの入ったカップが

                  目の前にあるとします。

                   

                  これが今目の前に存在するためには

                  どんなプロセスを経てきたのか?を考えるとき、

                  コーヒーの歴史、コーヒーを栽培してくれた人、

                  カップの材料を掘ってくれた人、

                  運んでくれた人・・・と奥行きが観えてきます。

                   

                  また「人間関係」において、

                  今まで嫌な人に対して、「イヤな人!」という観方しか

                  していなかったとします。

                   

                  でも、観方を変えることで、

                  「こんなことを私に気付かせてくれて有り難い」

                  「こんないい面もあった!」

                  と思えるようにもなります。

                   

                  このように、

                  今までと異なる観方をすることで、

                  今まで観えていなかったものが

                  観えるようになるのです。

                   

                  実は、

                  自分の中の天才を引き出すというのは、

                  こういった観方ができる感性を引き出すことと

                  同次元に存在するんです。

                   

                  その中で

                  観方を変える必要のある一番の本質は

                  「セルフイメージ」です。

                   

                  私たちは今まで生きてきた中で、

                  人から言われて「自分はこうなんだ」と思い込んで、

                  自分という概念(イメージ)を作っています。

                  そして、自分が思った通りの人間になるのです。

                   

                  例えば、

                  「こういうことは私には無理だ」

                  「私のアイデアは誰も興味を持たない」

                  などほとんど無意識に

                  たくさんの概念で自分自身を創り上げています。

                   

                  なので、天才を発揮したいのなら、

                  自分自身に対して今までと異なる観方を

                  していくことが何よりも大切なのです。

                   

                  いきなり

                  「自分に対しての観方を変えて下さい」

                  と言われても難しく感じるでしょう。

                   

                  なのでそのためのトレーニングとして

                  自分にとっての他人・世界の観方を変える

                  ということをしていきます。

                   

                  だから、実は嫌な人がいるということは

                  絶好のチャンス!なんです。

                   

                  観方をトレーニングさせてもらえ、

                  結果として自分を変えることができるんです。

                   

                  もし今あなたが自分自身を

                  ダメだと思っていたとしても、

                  それは真実ではなく

                  単に観方の問題でしかありません。

                   

                  観方を変えることで、

                  「今までこんなできない自分だった」が、

                  「こんなこともできる!」へと、

                  変化の実感があった時、

                  あなたの中の天才が引き出されるのです。

                   

                  ーーーーーーーーーーーーー

                   

                  これは、本当にそうだなあと思います。

                   

                   

                   

                  観方によって

                  感じ方が変わり

                  受け取り方も

                  つまり、

                  自分にとってのその出来事(現実)の意味が

                  全然変わってくると思うので。

                   

                   

                   

                  自分がどういう風に周りのものやこと、人を

                  観ているのか、

                  いま一度、振り返ってみるのも

                  また新鮮な気持ちになれるのでは、

                  と思います。

                   

                   

                   

                  最後までお読みくださいまして

                  誠にありがとうございました。

                   

                   

                   

                  あなたの、さらなる自己実現を

                  心からお祈りしています。

                   

                   

                  ーーーーーーーーーーーーーーーーー

                   

                  ものの観方が自由自在になり

                  毎日を、より自由自在に生きられるようになる

                  ヒントが満載の勉強会です。

                   

                  「IRM ワンデイスクール」

                  日時:2017年4月9日(日)

                     13時半〜19時
                  会場:
                  ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2
                  参加費:12,000円(税込)
                  ※定員15名(予約制・先着順)

                  お申し込み時、
                  上野のブログを見た、と書いて頂ければ、
                  2000円引きとさせていただきます。

                  詳細・お申し込みはこちら

                   

                   

                   

                  | - | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                  0
                    本当にやりたいことを見つけたい、才能を発揮したい、天職に就きたい、あなたへ

                    こんにちは。

                     

                     

                     

                    今回も数あるブログの中から

                    こちらにお越し下さいまして

                    誠にありがとうございます。

                     

                     

                     

                    「本当にやりたいことを見つけたい」

                    「自分の才能を発揮したい」

                    「自分の天職に就きたい」

                    とお思いの方って、少なからず

                    いらっしゃるんじゃないかと思います。

                     

                     

                     

                    今、IRMの勉強会、ワンデイスクールでは

                    天才道」を提唱していて

                    天職のための才能を発掘する

                    講演やワークショップを展開しています。

                     

                     

                     

                    ちなみに「天才道」でいう

                    「天才」とは

                    「天職のための才能」

                    ということです。

                     

                     

                    生きていく上で、

                    「仕事(職)」は、なくてはならないものと思いますし

                    やっぱり、人生の中の

                    かなり大きな時間を使うものですよね。

                     

                     

                     

                    それが

                    「この仕事につけて本当に、心から幸せ」

                    と思えるものになるのか

                    「イヤなものだけれど、

                    生きていくために仕方ないから」

                    というものなのかという違いは

                    やっぱり小さくないんじゃないかなと思います。

                     

                     

                     

                    それは、必ずしも

                    今の仕事を変える、ということでも

                    ないと思います。

                     

                     

                     

                    今就いている仕事が、

                    今まではとてもそうは思えなかったけれど

                    「天才道」を学んでいく中で

                    実はこれこそが天職だったんだと気づけた、

                    というケースもあるかと思います。

                     

                     

                     

                    それはそれで、

                    すごくいいことだと思うんですね。

                     

                     

                     

                    また、「才能を発揮する」ことでも

                    やはり、

                    「〜してはいけない」

                    「〜するべきだ」

                    「〜しなければいけない」

                    という(無意識下の)価値観に縛られて

                    発揮できていない、ということも

                    少なくないんじゃないかなと思います。

                     

                     

                     

                    すごく、もったいないなと思うんですね。

                     

                     

                     

                    その価値観に気づける時って

                    「あ・・・」みたいな感じです。

                    たしかにそんなふうに思ってたな、って。

                    気づけると、そんな感じなんですね。

                     

                     

                     

                    「あ・・・」で

                    毎日が、すごく楽しくなったり自由になったり

                    楽しくなったりワクワクできるようになったり。

                     

                     

                     

                    そういう方が、僕の知っている方だけでも

                    たくさんいらっしゃいます。

                     

                     

                    あなたも

                    「あ・・・」を

                    体験してみませんか?

                     

                     

                     

                    次回ワンデイスクールの日程は

                    こちらです。

                    「IRM ワンデイスクール」

                    日時:2017年4月9日(日)

                       13時半〜19時
                    会場:
                    ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2
                    参加費:12,000円(税込)
                    ※定員15名(予約制・先着順)

                    お申し込み時、
                    上野のブログを見た、と書いて頂ければ、
                    2000円引きとさせていただきます。

                    詳細・お申し込みはこちら

                     

                     

                     

                    あなたに、ワンデイスクールでお会いできるのを

                    心から楽しみにしています!

                     

                     

                     

                    最後までお読み下さいまして

                    誠にありがとうございました。

                     

                     

                     

                    あなたの、ますますの自己実現を

                    心から応援しています!

                     

                    | - | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                    0
                      良寛和尚の言葉に観る「天才道」

                      おはようございます。

                       

                       

                       

                      今回も数あるブログの中から

                      こちらにお越し下さいまして

                      誠にありがとうございます。

                       

                       

                       

                      今回は

                      「良寛和尚の言葉に観る、天才道」

                      というお話です。

                       

                       

                       

                      天才道の重要なテーマとして

                      「潜在価値を高める・存在価値を高める」

                      というものがあります。

                       

                       

                       

                      それによって、

                      さまざまなものの価値を高め

                      セルフイメージ(自分自身に対するイメージ)や

                      自分自身の価値を高めていくこともできます。

                       

                       

                       

                      そういう、とても意義深い

                      「潜在価値を高める・存在価値を高める」ですが

                      あの、良寛和尚の言葉の中に、

                      これに通じたものがありましたので、

                      お伝えさせて頂きます。

                       

                       

                       

                      ちなみに、良寛和尚について詳しくは、

                      こちらをご覧ください。

                      良寛 ウイキペディア

                      https://goo.gl/8aPcsL

                       

                       

                       

                       

                      このお話は、幸田先生の講演の中でのお話を

                      基にしています。

                       

                       

                       

                      「良寛さんは素晴らしいお坊様だ、

                      人格者だ」という評判を聞いて

                      「本当かな?それなら、試してやろう」と思った、

                      船の船頭さんがいました。

                       

                       

                       

                      どう試したかというと

                      自分が漕いでいる船に良寛さんを乗せて

                      その船をわざと揺らして、

                      良寛和尚を、

                      川の中に落ちるように仕向けたのです。

                       

                       

                       

                      そしてその結果、

                      見事に良寛和尚は川に落ちました。

                       

                       

                       

                      そこで、船頭さんは良寛和尚を助けました。

                       

                       

                       

                      「こんなことをされたら、

                      さすがの良寛さんでも怒るだろう」

                      と思っていた船頭さん。

                      それを待っていたかもしれません。

                       

                       

                       

                      そして、

                      川に落とされた良寛和尚が言った一言とは・・・

                       

                       

                       

                      良寛和尚は

                      「命を助けてくれてありがとうございます」

                      と言ったのです。

                       

                       

                       

                      本来だったら怒ったり

                      もし今の時代だったら○○罪で訴えたり、

                      というようなことがあっても

                      おかしくない場面かと思いますが

                      怒るどころか

                      船頭さんに感謝の言葉を述べたのです。

                       

                       

                       

                      なかなか、言えないですよね。

                       

                       

                       

                      そんな良寛和尚を見て、船頭さんは

                      「やっぱり良寛さんという人はすごい!」

                      と感服し、改心した、というお話でしたが

                      良寛和尚は川に落とされるという、

                      「迷惑」を通り越した

                      命の危険にさらされるような出来事にさえ

                      感謝できたのです。

                       

                       

                       

                      つまり、価値を感じていたということ。

                       

                       

                       

                      「迷惑の価値」

                      「身の危険にさらされる出来事の価値」

                      と言ってもいいかもしれませんが

                      良寛和尚のように

                      そういうものにも

                      価値を感じることはできるのです。

                       

                       

                       

                      そして、

                      それができるようになるために大切なのは

                      やっぱり「観方」の問題かと思います。

                       

                       

                       

                      「天才は人と違うものの観方をする」

                      とよく言われていますが

                      「観方を自由自在にすること」つまり

                      「観自在」になることで、

                      それが可能となると言えるでしょう。

                       

                       

                       

                      良寛和尚もそれだけ

                      「天才」だったということが

                      言えるかと思いますが

                      迷惑とか、普通ならネガティブな感情しか

                      湧かないようなものに

                      価値を感じられるようになったら、

                      いいと思いませんか?

                       

                       

                       

                      僕は何か

                      「恐れるものは何もない」

                      「無敵」

                      みたいな感じがします。

                       

                       

                       

                      それも、自分の観方でそうなれる、

                      というのがすごく良いなと思います。

                       

                       

                       

                      ただ、ここで大事になってくるのは

                      「天才道」と言われるように

                      「道」であるということ。

                       

                       

                       

                      今日、明日やってどう、

                      ということではなくて

                      日々、歩み続けるのが大切、

                      ということです。

                       

                       

                       

                      ちょっとやって、

                      望むような結果が得られなかった時

                      「これは自分には向いてないんだ」

                      「才能がないんだ」と

                      感情的になったりやめたりしてしまうのではなく

                      一歩一歩、歩み続けること、

                      これが大切なんだと思います。

                       

                       

                       

                      それには、自分を信じ、

                      他人や世界、自分の周りの宇宙を信じること、

                      絶対信頼することが、

                      とても大切になってくるかと思います。

                       

                       

                       

                      そのためには、

                      自分の決めたことを果たすこと。

                       

                       

                       

                      すべて、つながっていますね。

                       

                       

                       

                      ぜひ、どこからでも実践して、

                      試してみて頂けたらと思います。

                       

                       

                       

                      最後までお読み下さいまして

                      誠にありがとうございました。

                       

                       

                       

                      あなたの、さらなる自己実現を

                      心から応援しています。

                       

                       

                       

                      ーーーーーーーーーーーーーーーーー

                       

                      「天才道」を学べる、月に1度の勉強会

                       

                      「IRM ワンデイスクール」

                      日時:2017年4月9日(日)

                         13時半〜19時
                      会場:
                      ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2
                      参加費:12,000円(税込)
                      ※定員15名(予約制・先着順)

                      お申し込み時、
                      上野のブログを見た、と書いて頂ければ、
                      2000円引きとさせていただきます。

                      詳細・お申し込みはこちら

                       

                      | - | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE