0
    セミナージプシーから脱して、現実好転を実感したい、あなたへ

    こんばんは。

    今回も数あるブログの中から
    こちらにお越し下さいまして
    誠にありがとうございます。

     

     

     

    僕は、今はIRMエキスパートガイドとして

    活動していますが
    IRMに出会う前は、

    いろいろなセミナーに出て、

    学んだことを試して、
    あまり効果がないと判断しては、

    また別のセミナーに行く、という
    いわゆる「セミナージプシー」をしていました。

     

     

     

    おかげさまで、IRMに出会ってからは
    セミナージプシーから脱することができたのですが
    なぜ、セミナージプシーになっていたのか、
    そしてなぜ、

    IRMに出会ってそれから脱することができたのかについて
    書いていきたいと思います。

     

     

     

    ◎なぜ、セミナージプシーに

    なってしまったのか?

     

     

     

    ひとことでいうと
    「これ!」というものに出会えなかったからです。

     

     

     

    大体、本で読んで、

    「この本、いい」と思って、
    その著者の方のセミナーに行く

    というケースが多かったのです。

     

     


    そのセミナーでエッセンスを学んで、

    あとは自分で実践すればいい、

    と思っていたので
    そのプログラムなりメソッドなりを学んだということは
    IRM以外、なかったわけなのですが。

     

     

     

    我ながら、それだけ「ケチ」

    だったということが言えると思いますが
    逆に言うと、僕にとって、

    ある程度のお金をかけて学ぼうと思えるものに

    出会えなかったとも言えるかと思います。

     

     

     

    一般的なことで言いますと
    いろいろなセミナーに出ているうちに、

    ある程度の知識がついて
    「あ、これ知ってる、本格的に学ぶ必要ない」
    と思ってしまい、ジプシー化が進む、

    ということもあるかと思われますし
    僕自身もそういう所はあったかと思います。

     

     


    ◎なぜ、私はここ(IRM)で

    セミナージプシーを止めることができたのか?

     

     

     

    ではなぜ、そんな僕が、

    セミナージプシーを止められたのでしょうか?

     

     

     

    それは、IRMでプログラムを受講して
    根本的な現実好転、というのを

    体感・実感できたからだと思います。
     

     

     

    それも、何度も。

     

     

     

    ただ、これでは、

    この記事を読んで下さっている方への

    答えにはなっていないと思います。

     

     

     

    なぜ、プログラム受講までしようと思ったのか、

    について書いていないからです。

     

     

     

    他でも何らかの受講をしているならまだしも
    そんな「ケチ」で、他では受講していない人が、

    ですからなおさらです。

     

     

     

    ではなぜ、自分自身

    受講に踏み切ったかと考えてみますと
    そもそも、津留晃一さんの想念観察を

    学びたかったというのがあり
    想念観察を基にした

    「自己観察(当時の名称)」を学べる、

    ということが大きかったのは確かにあるのですが
    絶対、それだけではなかったと思います。

     

     

     

    それまで、

    他ではそういうプログラムは受講していないのですから
    慎重になったはずなのです。

     

     

     

    では何がよかったかというと
    IRM開発者の幸田先生のお話が、
    それまでいろいろな本やセミナーで聞いてきたことの
    真の中身、というようなものを伝えてくれていた、

    ということが大きかったと思います。

     

     

     

    なんとなく
    「ああ、こういうことかなあ、
    でもちょっとわかりにくいなあ」とか
    「ほんとかなあ」と
    無意識のうちにも思っているようなことに対して
    「これはこういうことです」と
    次々と明快に解き明かしてくれる、というような。

     

     

     

    それがすごく説得力があったんですね。

     

     

     

    そのことが、

    受講=根本的な現実好転

    の後押しになったと思います。

     

     

     

    さて、セミナージプシーから

    脱することができた理由として
    「根本的な現実好転を体感・実感できたから」

    と書きましたが
    なぜIRMでは、

    根本的な現実好転が実感できるのか、について
    書いていきますね。

     

     


    ◎なぜ、IRMでは

    根本的な現実好転ができるのか?

     

     

     

    その前に、まず
    「根本的な現実好転」というのは
    どういうことを言っているのか、

    についてお伝えします。

     

     

     

    これは本当に、

    僕自身の実感に基づいたお話なのですが
    何か「問題」になっていることというのは
    たいてい、というよりほとんどすべて
    僕自身が、ろくでもない価値観

    (固定観念、先入観、決めつけ、

    思い込み、とも言いかえられます)
    を握っている時なのです。

     

     

     

    その価値観を持っているから、

    その問題を創り上げてしまった、
    とも言えるわけです。

     

     

     

    周りの人や出来事に

    問題があるというよりも
    自分自身の握っている価値観に問題がある、

    という捉え方で
    だからこそ、他の人をどうこう

    コントロールする必要はないのだとも言えます。

     

     

     

    その、問題を生み出している価値観を
    自分で気づけるようになり、

    手放せるようになるのが
    感情学修という

    具体的な手法なのですが
    受講することにより、

    感情学修を身につけることができるのです。

     

     

     

    問題が起こっても、

    根本的に解決(現実好転)できる
    一生もののお宝を手に入れるような感覚です。

     

     

     

    そして、その感情学修というのは技術なのですが
    それを開発者の幸田先生やインストラクターに
    1対1で身につけさせてもらえる、

    というのも大きいと思います。
     

     

     

    僕自身は、幸田先生と1対1でした。
    本当によかったと思います。

     

     

     

    グループワークで身につける、というのも
    他で見たりしたことはあり、
    それはそれで、

    周りの方と励まし合いながら、とか
    刺激し合いながら、というので
    意義のあることとは思うのですが
    こういう、心の勉強的なことというか
    スピリチュアルというか
    そういう方面への知識等、

    ひとによってさまざまですので
    本当にその方にフィットした方法や進み方、また
    どんな言葉が一番響くのか等を考慮しながら
    ベストな方法を模索するために、

    IRMでは1対1なんですね。

     

     

     

    それが、感情学修を身につける

    =根本的な現実好転を実感できる

    =一生ものの宝ものを手にする
    とても大きな要因だったと思います。

     

     

     

    もし、本当に現実好転をしたい、

    自分の手で望む現実を手に入れたい
    という方がいらっしゃいましたら、

    IRMのセミナーに一度、

    ご参加頂けたらと思います。

     

     

     

    参加人数を少数にしているのも
    本当にご参加下さる

    おひとりおひとりにフィットした内容に

    するためですが
    最近でも、静岡など、

    遠方からのご参加者様もいらっしゃいます。

     

     

     

    お申し込みはお早めに。

     

     

     

    最後までお読みくださいまして
    誠にありがとうございました。

     

     


    次回セミナーのお知らせ

    日時 4月14日(日)15時30分〜18時30分
    会費  5000円
    会場  地下鉄「神谷町」駅すぐ近く

     

    タイトルは

    「IRMブラッシュアップ勉強会
    〜今からだって遅くない!
    感情科学で高まるオトナの自己肯定感講座〜」

     

     

     

    詳細はこちらです。

     

     

    | - | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    0
      「頭ではわかっているけど、できない」について

      こんばんは。

       

       

       

      今回も数あるブログの中から
      こちらにお越し下さいまして
      誠にありがとうございます。

       

       

       

      お元気ですか?

       

       

       

      <幸田先生の言霊>
      純粋動機とは
      「誰に何を言われようが、何が何でも絶対に!」

      という強い信念のことです。

       

       

       

      先日のIRMブラッシュアップ勉強会で
      「純粋動機を磨くにはどうしたらいいか?」

      について話し合うワークがありました。

       

       

       

      これを言い換えると
      「何が何でも絶対に、

      という強い信念を磨きあげるにはどうしたらいいか?」
      「学んだことを行動に移し、

      望んだ成果を上げるためにはどうしたらいいか?」
      について話し合ったということなのですが
      このワークの際、ご参加者様の間で、

      こんな会話が繰り広げられました。

       

       

       

      Aさん

      「頭ではどうすればいいかわかっているんですけど、

      それができないんですよね」

       

       

       

      Bさん

      「それは、わかっているのではなく、

      わかっていないんだと思った方が良いと思いますよ」

       

       

       

      このようなやりとりだったのですが
      文字だけ切り取ると、

      何かちょっと無機質な、

      少し怖いようなやりとりに聞こえるかもしれませんが
      このお二人はとても気心の知れた仲で

      (こういうことが自由に言い合える間柄で)
      フランクな雰囲気の中でのお話でしたので

      そのように感じて頂けたらと思うのですが
      これは本当に大事なポイントだなと思って、

      聞いていました。

       

       

       

      これはどういうことかというと
      自分はわかっているんだと思うと、

      「ただできないだけで、自分はもうわかってはいるんだ」と
      ある種の慢心をしてしまいかねない、

      ということなんですね。

       

       

       

      その慢心のために、
      何とかそれを克服しよう、

      という気持ちが薄らいでしまい
      結果、いつまでも

      「頭ではわかっているけど、できない」

      のループから

      抜け出せなくなる可能性が高くなってしまう、、
      というわけです。

       

       

       

      そうならないために
      「わかっているつもりになっていたけれど、

      そうじゃないんだ。
      自分はそもそもわかっていないんだ」

      と自覚することで
      新たな気持ちで

      そのことに向き合えるようになる、

      ということなのです。

       

       

       

      これを書いている僕自身の事で考えても
      「わかったつもりになっているけれども、

      本当はわかっていない

      (望む成果が出せていない)」
      ということもあるので、

      自分への戒めにしようと思いました。

       

       

       

      このお話を、何か、

      あなたのプラスにして頂けましたら幸いです

       

       

       

      最後までお読み下さいまして

      誠にありがとうございました。

       

       

       

      あなたの、益々の自己実現とご多幸を
      お祈りしています!

       

      | - | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
      0
        過去の全肯定と、根本的な浄化

        こんばんは。
        IRMエキスパートガイドの上野聡一朗です。

         

         

         

        今回も数あるブログの中から
        こちらにお越し下さいまして
        誠にありがとうございます。

         

         

         

        お元気ですか?

         

         

        <幸田先生の言霊>

        過去を全肯定するために

        根本的な浄化をめざす。

         

         

         

        これは、昨年開催されていた
        「人生のシナリオライター講座」の

        「人生のシナリオライター心構え」の
        として言われていた言葉です。

         

         

         

        IRMでは、過去をなかったことにするのでも
        否定するのでもなく
        全肯定することが大切、と考えています。

         

         

         

        過去の否定からは否定しか生まれず、
        過去の全肯定によってによって初めて、
        これからの望む現実の創造が可能になる、

        と考えているからです。

         

         

         

        それだけではなく
        過去を全肯定することで
        自分自身のことも、より肯定できるようになります。

         

         

         

        その時代の自分のことを
        肯定できるようになるわけですので。

         

         

         

        その分、自己肯定感が上がる、

        ということですね。

         

         

         

        実際に実践している僕の感覚からすると
        その、望まない過去(の出来事)が

        気にならなくなるどころか
        そのことに感謝すらできるようになる、

        という感覚(実感)です。

         

         

         

        感謝が良いことだから、とか
        感謝するといいことがあるから、

        ということではなく
        自然と感謝したくなる、という感じです。

         

         

         

        いっぽう、根本的な浄化、というのは
        その過去にあったイヤな出来事に対して、ただ
        「これもいいことなのだから」とか
        「これも、真理ではありがたいことなのだから」
        と自らにムリに言い聞かせ、

        納得させるというようなものではありません。

         

         

         

        ムリにそう思い込もうとしたって
        なかなか難しいものがあるかと思います。

         

         

         

        そうではなくて
        感情学修をすることによって
        本当に、
        「あ、本当に私は、このことを学ぶために
        あの体験をする必要があったんだ」と
        心の底から思える瞬間が訪れるのですね。

         

         

         

        僕の感覚で言うと
        「あ」という感じで
        「わっ」と涙ぐんできたりします。

        (涙が出ないと浄化ではない、

        ということではありません)

         

         

         

        その浄化の瞬間というのは
        それはそれは、えもしれぬ最高の感覚です。

         

         

         

        最上の、心のエクスタシーです

         

         

         

        そんな瞬間が訪れるのを、

        あなたも体験(体感)してみませんか?

         

         


        最後までお読みくださいまして
        誠にありがとうございました。

         

         

         

        あなたにとって
        今日も最高の1日でありますように!

         

         

         

        | - | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
        0
          人生の質は100%、○○で決まる

          こんばんは。
          IRMエキスパートガイドの
          上野聡一朗です。

           

           

           

          今回も数あるブログの中から
          こちらにお越し下さいまして
          誠にありがとうございます。

           

           

           

          お元気ですか?

           

           

           

          幸田先生の言霊
          人生の質は100%、

          情報の受け取り方で決まります。

           

           

           

          ここでいう「情報」とは
          テレビで放送している
          「今日、○○という事件が起こりました」
          というようなものばかりではありません。

           

           

           

          「世の中の、すべてのもの」
          と考えて頂けたらいいかと思います。

           

           

           

          たとえば、目の前にボールペンがあるとしたら
          それも「ボールペンがある」という情報です。

           

           

           

          ものだけでなく、
          たとえば仕事で「今日、こんなことがありました」
          というのも「情報」です。

           

           

           

          「情報の受け取り方で人生の質が決まる」
          というのは、
          自分がどういう情報の受け取り方をしたか、
          するかで、人生の質が変わってくる、

          ということです。

           

           

           

          たとえば、何かにチャレンジして、うまくいかなかった

          という時がありますよね。

           

           

           

          その「うまくいかなかった」も「情報」ですが、
          それを、どう受け取るのか?

          「ああ、もうこのことは自分には向いていないんだ」
          と思って諦めてしまうのか
          それとも
          「うまくいかない方法がわかってよかった。
          次のチャレンジに活かせる!」
          という受け取り方をして、

          成功に向けての力に変えるのか、
          ということです。

           

           

           

          それは、無理に思い込むということではなく
          感情学修をすることによって
          現在やこれからの自分にとって望ましい
          情報の受け取り方が自然にできるようになるのですが
          何より情報の受け取り方が大事だということなのです。

           

           

           

          また「自分自身」も情報です。

           

           

           

          自分に対して、どう思っているのか?

           

           

           

          たとえばですが、無意識のうちに
          「自分は汚れている存在である」
          という情報の受け取り方をしている場合も

          あるかと思います。

           

           

           

          それは、たとえば、過去に、

          思いがけず人を裏切ってしまったとか
          何か自分自身を責めてしまうような

          ことを行ってしまった、という場合、
          自分では意識していなくても潜在的に
          「自分は汚れてしまった存在なんだ」
          というふうな思いがこびりついている、

          というような場合も
          あるかと思うんですね。

           

           

           

          価値観的に言うと
          「自分は汚れていなければならない」
          「自分は汚れているべきだ」
          という価値観を、

          知らず知らずのうちに握っている、

          という。

           

           

           

          それで、これもたとえばですが
          道路に缶ジュースの缶が落ちているのは、
          景観が美しくなくなる、と気になって、

          頼まれもしないのに拾って捨てたりするのに
          自分の部屋は

          なぜかいろいろなものが床に散乱している、
          というようなこともあるんじゃないかと

          思うのです。

           

           

           

          (あくまでも、たとえ話です。
          お部屋がそのようになっている方が

          みなさんそのような価値観を持っているとか
          いうことでは決してありませんので、

          そのようにご理解頂けましたらありがたいです)

           

           

           

          何が言いたいかと言いますと
          情報の受け取り方が大切であり、
          顕在意識、潜在意識、含めて
          自分がどういう情報の受け取り方を

          しているのかを把握しておくことが

          とても大事、ということです。

           

           

           

          そして、

          顕在意識で意識できることに気をつけるのも
          とても大切ですが
          意識のうちの約93%が潜在意識、

          と言われています。

           

           

           

          情報の受け取り方の約93%が
          無意識のうちに行われている、

          ということだと思います。

           

           

           

          だから、

          思ってもみないことが起こってしまう、
          ということだとも思うのですが
          その、潜在意識での情報の受け取り方が

          わかるようになるのが
          感情学修です。

           

           

           

          ぜひ、感情学修を

          生活の中に取り入れて
          より、心から望む人生を創造して頂く

          強い味方にして頂けたらと思います。

           

           

           

          最後までお読みくださいまして
          誠にありがとうございました。

           

           

           

          あなたの、益々の自己実現とご多幸を
          お祈りしております。

           

          =======================

           

          IRM認定インストラクターの奥山リエ子さんが

          今度の土曜日、3月2日にこんな講座が開催されます。

           

          以下、奥山さんのブログより転記します

           

          ↓  ↓  ↓

           

           

          さて、最近直接の知り合いから、

           

          感情のしくみのお話を聞いてみたい!

           

          という声をいただいて、

           

          今までで一番シンプルな入門編の

           

          新しい講座をやることにしました。

           

           

           

          これだけでも知っていると

           

          日常で自分の感情との付き合い方が変わって

           

          より楽に楽しくなると思うエッセンスを

           

          お話します。

           

           

           

          感情って、出そうと思って出てくるもの

           

          じゃなくって、

           

          時には自分を幸せにしてくれたり、

           

          時には振り回されてしまったり、

           

          究極自分の命を落とそうとまでする

           

          とっても力があるものです。

           

           

           

          だからといって捉えどころがない

           

          自分ではどうしようもないものでもなくって、

           

          誰にでも共通する普遍的な

           

          しくみに則って発生しています。

           

           

           

          知っていると知らないとでは大違い!


          一生のおつきあいの感情について

           

          ちょっと学んでみませんか?

           

           

           

          質問をお受けして、お答えするような

           

          お茶会形式で学んでいただくのが

           

          いいかなと思っています。

           

          気軽にご参加いただけたらと思います。

           

           

           

          感情学修のやり方もご説明し、

           

          感情学修シートも差し上げます(^^)

           

           

           

           

          初回なのでとてもお得な

           

          値段設定になっています!

           

           

          ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

           

          感情科学はじめの一歩

          〜これだけは知っていてほしい感情の話〜


          日時:2019年3月2日(土)15:00〜17:00 

          場所:渋谷
          BOOK LAB TOKYO

          参加費:1500円(500円ぶんのおみやげつき)

          定員:6名

           

          お申し込みはこちらからお願いします。

           

          (その他にチェックしてイベントの日にちを

           ご記載ください。)

           

          ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

           

          転記はここまでですが

          きっと、お役立て頂ける内容の講座になると思いますし

          大変リーズナブルな価格設定になっていますので

          ご都合の大丈夫な方は、行かれてみて

          ご損はないんじゃないかなと思います。

           

          ご参加の際は、「上野のブログを読んで参加しました」

          と一事添えて頂ければと思います。

           

           

           

          また、月1回のブラッシュアップ勉強会も

          3月10日に開催されます。

           

           

           

          IRMブラッシュアップ勉強会

           

          日時   2019年3月10日(日)
              13時30分〜18時30分

           

          場所   ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2

           

          会費   10000円

          通常、12000円の所、

          今回は幸田先生の講演がないため、10000円となります。

          (質疑応答の時間は予定しています)

          メルマガ登録で8000円でご参加頂けます。

          無料メルマガ登録は

          こちらからどうぞ。

           

           

           

          定員 15名

          (より、おひとりおひとりに

          寄り添える内容にするため
          少人数制になっています)

           

          締切 3月6日(水)

           

           

           

          詳細、お申込みはこちらです。

           

           

           

          最後までお読みくださいまして

          誠にありがとうございました。

           

           

           

          あなた様のますますの自己実現とご多幸を

          心よりお祈り致します。

           

           

           

           

           

           

           

           

          | - | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
          0
            今までいろいろ勉強してきたけれど、なかなか思うようにいったとは言いにくい感じだなあという、あなたへ

            こんばんは。
            IRMエキスパートガイドの
            上野聡一朗です。

            お元気ですか?

             

             

             

            さて、こういうタイトルをつけましたが
            僕自身、それなりに

            いろいろなメソッドを学んでは

            実践していたほうでした。
             

             

             

            (そんなに本格的に取り組んだ、

            とまでは言えないものでしたが)

             

             

             

            小林正観さん、斎藤一人さんはじめ
            僕なりにいろいろ採り入れ、

            実践もしていたのですが
            問題が解決したり、望みが叶ったりという、
            いわゆる「望む現実を創造する」
            という点では、あまり成果は得られませんでした。

             

             

             

            それは、そのメソッドがどうこう、

            ということではなくて。
            あくまで僕にとってはそうだった、

            というだけで
            他意はありませんので、

            ご理解頂けましたら幸いです。

             

             

             

            そんな中で出会ったのが、

            このIRM、感情学修だったのですが
            これは本当に
            「潜在意識を、望むように

            活用できるようになるメソッド」
            と言っても過言ではないんじゃないかな、

            くらいに思います。

             

             

             

            どういうことかというと
            「頭では、これやればいい、

            ってわかってるんだけど、できない」

            とか逆に
            「これをやってはいけないとわかってるんだけど

            やってしまう」
            というような場合、

            顕在意識ではない潜在意識の部分で、
            ブレーキやアクセルを踏んでしまっていることが

            往々にしてあるのですね。

             

             


            それで「頭ではわかっているのに」

            状態になってしまうのですが
            感情学修で、

            感情を入口にして自分自身を観ていくことで
            その、潜在意識の部分に

            アクセルできるようになるからなのです。

             

             

             

            それによって、
            勝手にブレーキやアクセルを踏むのを止め、
            自分の思うように進めるようになる、

            というイメージです。

             

             

             

            潜在意識の部分のことなので、

            自分ではどうにも手のつけようがなかったことが
            顕在意識で対応、解決できるようになる、

            ということを意味しています。

             

             

             

            ですので、本当に一度この「感情学修」をを体験して

            頂けたらと思うばかりです。

             

             

             

            感情学修は、下記勉強会の中の、

            オープンセッションで
            ほんの一部分ではありますが、

            感情学修を体験をして頂けます。

             

             

             

            あなたの人生が、さらに動き出すかもしれませんよ。


             

             

            最後までお読みくださいまして
            誠にありがとうございました。

             

             

             

            あなたにとって今日も最高の1日になりますように!

             


             

            ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

            IRMでは、月1回、

            勉強会を開催しています。

             

             

             

            次回は、2019年3月10日(日)
            会場はJR川崎駅すぐ

            ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2
            というところです。

             

             

             

            ご興味をお持ち下さった方は
            こちらの詳細をご覧ください。

             

             

            無料メルマガにご登録からのお申込みで

            参加費12000円のところ、

            8000円でご参加頂けます。

            お申込みの締切は3月6日(水)です。

             

             

             

            さらに、無料メルマガご登録の上

            2月27日(日)までの早割期間中でしたら

            6000円でご参加頂けます。

             

             

             

            大変お得になっていますので

            ぜひメルマガ登録、早割を

            ご活用頂けたらと思います。

             

             

            無料メルマガ登録は

            こちらからどうぞ。

             

             

             

            勉強会の概要です。

             

             

             

            IRMブラッシュアップ勉強会

             

            日時   2019年3月10日(日)
                13時30分〜18時30分

             

            場所   ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2

             

            会費   10000円

            通常、12000円の所、

            今回は幸田先生の講演がないため、10000円となります。

            (質疑応答の時間は予定しています)

            メルマガ登録で8000円でご参加頂けます。

            早割期間中なら6000円でご参加頂けます。

             

            定員 15名

            (より、おひとりおひとりに

            寄り添える内容にするため
            少人数制になっています)

             

            締切 3月6日(水)

            早割期間は2月24日(日)まで。

             

             

             

            詳細、お申込みはこちらです。

             

             

            | - | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
            0
              「責任」という言葉が、何かひっかかる、あなたへ

              おはようございます。
              こんにちは。
              こんばんは。

              IRMエキスパートガイドの上野聡一朗です。

              お元気ですか?

               

               

               

              前の記事からの続きは今回はお休みさせて頂いて
              先日のブラッシュアップ勉強会での

              学びからのことについて
              書きたいと思います。

               

               

               

              勉強会では、先生のお話の中で
              たとえば仕事等で

               

              「言われないとやらない」
              「言われたことしかやらない」
              「言われたこともやらない」
              「言われなくてもやれる」
              「言われたこと以上にやれる」

               

              でいうと、自分はどれに当てはまりますか?
              という問いかけがありました。

               

               

               

              で、もし、上の3つだとすると
              「どうしてそうなるのか?」

              を考えることが大事で
              そこから抜け出すには、

              それをすることが必要、
              というお話でした。

               

               

               

              で、僕自身、考えた時に、客観的に観ると
              上の3つでした。

               

               

               

              で、なんでそうなるのかについて、
              その感情が何なのか、

              ということとともに考えていった(観ていった)時
              「恐怖」が出てきました。

               

               

               

              何が怖かったのかというと
              責任を取らなきゃいけないから怖い、

              というのが出てきました。

               

               

               

              人から言われていることをやっている分には、
              もちろんその範囲内でも責任というのは

              生じてきますが、
              「言われたからやっているんで、

              自分は責任は取らなくて良いから」
              という無意識的な意識が働いていたのでしょうか、

              ともかく、
              それが怖いというのが出てきました。

               

               

               

              では、自分の思う「責任」とは何かを考えた時に
              具体的に
              「○○をすることが責任をとることだと考えていて
              それをとれないと思っているから怖いと思っている」
              というような、具体的なものは出てきませんでした。

               

               

               

              非常に曖昧模糊としたものに対して
              怖いと思っていた、ということです。

               

               

               

              じゃあ、改めて

              「責任って何だろう?」と考えた時に
              仕事に関わる方々を幸せにする、

              ということだと思いました。

               

               

               

              (ここで言う責任とは、

              大きく言うと仕事の責任のことですが
              あくまで僕のケースなので、

              すべての仕事に必ず当てはまるか、
              といったら、そうでもないこともあるのでは、

              と思うのですが
              そのように読んで頂けましたら幸いです)

               

               

               

              関わる方々、というのは、
              たとえば、自分が雇う社員の方であれば、
              経済的にも精神的にも、

              幸せになるように、ということであり
              お客様であれば、お客様の幸せ、というように。
              (すごくざっくりした言い方で恐縮ですが)

               

               

               

              で、そう考えた時に、

              じゃあ今までの自分はどうだったかと。

               

               

               

              責任をどういうふうに考えて

              恐怖が出たんだと考えた時に
              「保身」ということが出てきました。

               

               

               

              お客様とか、

              自分と働いてくれる社員の方の

              幸せとかそういうことではなくて
              自分が怒られないようにとか、
              何かそういう自分のことばっかり

              考えていたんだというのが出て来て、
              だから恐怖が出てきたんだと、

              そこでつながって、腑に落ちました。

               

               

               

              とともに、すごく涙が出てきました。
              あ、自分てこういう人間だったんだ、という。

               

               

               

              だから、今まで

              (最近は前と比べるとそうでもないですが)
              自分のことばっかり考えて、

              すごく周りに迷惑をかけていなくなってしまうような
              人が多かったわけなのですが
              それは自分自身だったのだ、
              ということを
              改めて思った(気づかされた)のでした。

               

               

               

              逆に言うと、そういう人たちは、
              あなたの姿がそうなんだよ、

              と見せて(教えて)くれていたということであり、
              まさしく感謝なのでした。

               

               

               

              で、これから先、

              そういう「保身」の意味での責任の捉え方でいいのか、
              と自分に問いかけました。

               

               

               

              それはすなわち、
              自分のことばっかり考えるような人のままでいいのか、

              ということです。

               

               

               

              絶対にイヤだと思いました。

               

               

               

              なぜなら、

              そうやって周りに迷惑をかけるの(生き方)も嫌ですし
              そういう人ばかり周りにいる状態を、

              自ら創るということになるので。

              絶対にイヤだと思いました。

               

               

               

              そうではなくて、周りの方を幸せにする、

              という責任の捉え方にしよう、と思いました。

               

               

               

              思っただけでは足りないので、
              それに沿った行動をしていこう、と思いました。

               

               

               

              考えることは、

              あるいは言うことは

              寝ていてもできますが
              行動することはそれだけではできないことなので、
              大変だと思いますが、
              少しずつでも、

              絶対にそっちの方にシフトしていこう、

              と思いました。

               

               

               

              以上となります。

               

               

               

              周りにイヤな人がいる、という場合

              それがすべて自分を映している鏡である

              =自分もそういうことをしている、

              ということではありません。

               

               

               

              上の例では、観ていったらそうなった(気づいた)、

              ということですので、周りのイヤな人は

              全部自分なんだということではありませんので

              そのように捉えて頂けたら幸いです。

               

               

               

              また、幸せにする云々、のところは

              これもあくまで僕の場合で、

              そもそもそういう意識すらなかったので

              そういう意識をもって臨む、ということで

              まずはそこからです。

              何をもって幸せにできたと言えるかとか

              傲慢なのでは、とか

              そういうことが言いたいわけではありませんので

              そのようにお読み頂けましたら幸いです。

               

               

               

              僕自身のことを長々と書かせて頂きましたが
              これが模範とかそういうことではなく、
              このお話から、

              感情を入口にして自分の中を観ていった、
              いち実験台として、

              何かお役に立てたらと思って書かせて頂きました。

               

               

               

              何かの参考になりましたら幸いです。

               

               

               

              最後までお読み下さいまして
              誠にありがとうございました。

               

               

               

              あなたにとって、

              今日も最高の1日でありますように!

               

               

              ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

              IRMでは、月1回、

              勉強会を開催しています。

               

               

               

              次回は、2019年3月10日(日)
              会場はJR川崎駅すぐ

              ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2
              というところです。

               

               

               

              ご興味をお持ち下さった方は
              こちらの詳細をご覧ください。

               

               

              無料メルマガにご登録からのお申込みで

              参加費12000円のところ、

              8000円でご参加頂けます。

              お申込みの締切は3月6日(水)です。

               

               

               

              さらに、無料メルマガご登録の上

              2月27日(日)までの早割期間中でしたら

              6000円でご参加頂けます。

               

               

               

              大変お得になっていますので

              ぜひメルマガ登録、早割を

              ご活用頂けたらと思います。

               

               

              無料メルマガ登録は

              こちらからどうぞ。

               

               

               

              勉強会の概要です。

               

               

               

              IRMブラッシュアップ勉強会

               

              日時   2019年3月10日(日)
                  13時30分〜18時30分

               

              場所   ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2

               

              会費   10000円

              通常、12000円の所、

              今回は幸田先生の講演がないため、10000円となります。

              (質疑応答の時間は予定しています)

              メルマガ登録で8000円でご参加頂けます。

              早割期間中なら6000円でご参加頂けます。

               

              定員 15名

              (より、おひとりおひとりに

              寄り添える内容にするため
              少人数制になっています)

               

              締切 3月6日(水)

              早割期間は2月24日(日)まで。

               

               

               

              詳細、お申込みはこちらです。

               

              | - | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
              0
                共感できる体験談から、ますます興味を持ちました。

                おはようございます。
                こんにちは。
                こんばんは。
                IRMエキスパートガイドの上野聡一朗です。

                 

                 

                 

                今回も数あるブログの中から
                こちらにお越し下さいまして
                誠にありがとうございます。

                 

                 

                 

                前回の記事の続きです。

                 

                 

                 

                津留晃一さんの想念観察を基にした
                「自己観察」(当時 現在で言う感情学修)

                を教えている幸田宗昌先生の存在を知った僕は
                自己観察というものがどういうものか知りたくなり、
                セミナーに申し込む前に、

                IRMの公式サイトを調べました。

                 

                 

                 

                自己観察の具体的な方法については

                載っていませんでしたが
                それを学んでいる方の体験談が

                ブログ等に数々載っていて
                それにすごく興味をひかれました。

                 

                 

                 

                何か特段、たとえば
                「大きなお金が入ってきました」とか
                「望んでいた仕事に就くことができました」
                というような、それを見た方の多くが
                「ああ、それはすごい、現実好転だね」
                と思うような事柄では

                必ずしもありませんでしたが、
                 

                「自分は今まで知らず知らず

                こういうふうな価値観

                (思い込み、先入観、固定観念、既成概念)
                にとらわれて生活してきていて、

                実際こういう現実も体験していますが、
                今回○○という出来事が起こって、

                自己観察をしたら

                △△という価値観を持っていたことに気づけて
                それを手放そうと思って、

                それに則った生活をしていたら、

                □□という現実を体験できて
                (今までの自分とは変われて)

                本当によかったと思います。

                ありがとうございます」
                 

                というような体験談で
                すごくその、因果関係というか、

                「自己観察をして、これに気づけて、

                こう改善していったから
                こうなれた」という、

                そのつながりがとても明確で、

                すごく共感したんですね。

                 

                 

                 

                で、その「気づけたこと(価値観)」

                というのが
                本当に
                「ああ、そうだよね〜、わかりますよ〜」
                というようなもので、

                もちろん具体的な事柄(ケース)自体は

                違うわけですが
                奥深いところでつながっているというか、
                本当に自分にそのままあてはめて考えられるような
                (応用して活用できそうな)

                体験談があったんですね。

                 

                 

                 

                元々、いろいろな人をあたってまで

                想念観察をやりたかった僕ですので、
                無論、自己観察にも興味は

                大きかったのですが、
                このブログや体験談を見て、

                ますます「やってみたい」という思いが強まり
                いよいよ、セミナーに参加しよう、

                という段になったのでした。

                 

                 

                 

                このお話、次回に続きます。

                 

                 

                 

                ちなみに、当時、

                僕が読んでいた

                「学んでいる人のブログ」というのは
                今もありまして、

                (当時と執筆者はかなり変わっていますが)
                IRMサイト内の

                「学びのツボ」

                というブログ集のページがそれになります。

                 

                 

                 

                今も、体験談豊富ですので、

                ご覧頂けましたら、
                きっと何かご自分の生活に活かせる

                (応用できる)ものがあるんじゃないかなと

                思います。

                 

                 

                 

                また。体験談も、

                当時とは少し名称が違いますが、
                「みんなの効果・実感・変化」として
                掲載されていまして、

                毎週木曜日に更新されています。

                 

                 

                 

                こちらは、

                学んでいる方の体験談に

                フォーカスを絞った内容になっていまして
                その、実際に訪れた効果、実感、変化について

                書かれていますので
                学びのツボの各ブログ同様、

                活用して頂けたらと思います。

                 

                 

                 

                最後までお読み下さいまして
                誠にありがとうございました。

                 

                 

                 

                あなたにとって、
                今日も最高の1日でありますように!

                 

                 

                次回、2月10日(日)の勉強会は

                今日が申し込み締め切りになります。

                 

                 

                本当にご自分に向き合って

                現実を好転させたい方、

                望みを叶えたい方のご参加を

                お待ちしています!!

                 

                 

                 

                ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                 

                IRMブラッシュアップ勉強会

                 

                日時   2019年2月10日(日)
                    13時30分〜18時30分

                 

                場所   ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2

                 

                会費   10000円

                (メルマガ登録で8000円でご参加頂けます)

                無料メルマガ登録は

                こちらからどうぞ。

                 

                定員 15名

                (より、おひとりおひとりに

                寄り添える内容にするため
                少人数制になっています)

                 

                締切 2月6日(水) ※本日!

                 

                 

                 

                詳細、お申込みはこちらです。

                 

                 

                最後までお読み下さいまして

                本当にありがとうございました。

                あなたの心からの望みが叶いますよう

                応援しています。

                お祈りしています。

                 

                 

                 

                 

                 

                | - | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                0
                  津留晃一さんの想念観察をやりたくて

                  おはようございます。
                  こんにちは。
                  こんばんは。

                  IRMエキスパートガイドの
                  上野聡一朗です。
                  お元気ですか?

                   

                   

                   

                  今回は、僕がIRMに出会う前夜

                  (前のこと)について
                  書きたいと思います。

                   

                   

                   

                  僕がIRMに出会ったのは、
                  2009年のことでしたが、

                  その前年末、離婚ということがありました。

                   

                   

                   

                  別れてほしいと言われたんですね。

                   

                   

                   

                  IRMを学んだ今から考えると、

                  僕も相当によろしくないことをしていたので
                  (不○とかではなくて、

                  思いやりのない言動とか、です)
                  そうなっても致し方ないなと思うのですが、
                  その当時は

                  まったくそんな意識はありませんでしたので、
                  「まさか」と思っていました。

                   

                   

                   

                  そもそも、自分が離婚というものを

                  経験するとは思ってもいませんでした。
                  (自信満々とかそういうことではなく、

                  想定の中になかったのです)

                   

                   

                   

                  なので、ありていにいうと、

                  すごくショックを受けていたんですね。

                   

                   

                   

                  そして、仕事の方でも、

                  当時、一番のお得意様の信頼を失ってしまう、
                  ということがありました。

                   

                   

                   

                  これも、IRMを学んだ今から考えると
                  本当に身から出たサビというか
                  こちらに責任があって、そのお得意様には
                  何の問題もなかった、

                  というのがわかるのですが
                  当時は「何で?」という思いばかりでした。

                   

                   

                   

                  そんな中、急に気になりだした本がありました。

                   

                   

                   

                  それは、津留晃一氏著

                  「多くの人が、この本で変わった」
                  です。

                   

                   

                   

                  当時も、また今でも、

                  そんなに一般の書店に

                  出回っている本ではないのですが
                  たまたま僕はこの本の存在は、

                  あるご縁で、その3年前くらいから

                  知ってはいました。

                   

                   

                   

                  ですが、
                  この離婚と仕事のことがある以前は、

                  全く興味をひかれませんでした。

                   

                   

                   

                  が、このことがあって、

                  ふと、この本のことを紹介したサイトを見た時に
                  なぜかすごく読みたくなり、
                  いわゆる「なか見」

                  (少しだけ内容を見られるもの)で
                  見たんですね。

                   

                   

                   

                  そうしたら、

                  その時に欲していたことが次々と書いてあり
                  その「なか見」だけで

                  この本のとりこになってしまいました。

                   

                   

                   

                  すごくざっくりと言いますと
                  「現実はすべて自分が思考したことでできている。
                  それを見ているだけである」
                  という内容なのですが、

                  それがすごく響いたのですね。

                   

                   

                   

                  そこから、その本をはじめ、

                  津留さんの出している本すべて、
                  そして講演CDを全部とりよせ、

                  本を読みあさり

                  毎晩CDを流しっぱなしにして寝る、
                  という生活が続きました。

                   

                   

                   

                  そうした毎日を続けていく中で、

                  癒された部分はかなりあったのですが
                  離婚のこと、仕事のことが解決したり、
                  また当時のいろいろモヤモヤしたもの(悩み)が
                  晴れることはありませんでした。

                   

                   

                   

                  そんな中、
                  津留さんの発信している中で

                  「想念観察」

                  というものがありました。

                   

                   

                   

                  これは
                  「自分の出した想念を

                  ひとつひとつ観察していくと、
                  その後に起こったことが、

                  『あー、こういう想念を出していたから
                  こういう嫌なことが起こったんだ』

                  ということがよくわかりますよ」
                  というようなものでした。
                  (僕はそう解釈しました)

                   

                   

                   

                  で、すごく
                  「想念観察をやってみたい」
                  と思ったんですね。

                   

                   

                   

                  いわゆる、予防ができるようになるというか
                  望まないことを引き起こすような

                  想念を出さないように
                  気をつけられるようになるんじゃないか、

                  と思ったんですね。

                   

                   

                   

                  ですが、すでにその当時、
                  津留さんは

                  お亡くなりになっていまして
                  本やCDでも、

                  その具体的なやり方については

                  書いていませんでした。

                   

                   

                   

                  「じゃあ誰か想念観察について発信している人、
                  教えてくれる人はいないだろうか?」
                  と思って、いろいろな人をあたっていたのです。

                   

                   

                   

                  当時、ご存命だった、津留さんのお姉さま、
                  (セッションは

                  されていないということでした)

                  また、津留さんの覚醒講座を

                  最速で卒業されたという
                  あまちゆうと氏

                  (この方も既にお亡くなりになっていました)

                   

                   

                   

                  いろいろあたりましたが、
                  そういう方にはなかなか

                  めぐり会えませんでした。

                   

                   

                   

                  「ああ、そういう人はいないのかな」

                  と諦めかけていた時
                  津留さんの覚醒講座を最速で卒業し
                  想念観察を基にした「自己観察」(当時)

                  を教えている方がいる、
                  という情報を得ることができました。

                   

                   

                   

                  それが、このIRMの、

                  幸田宗昌先生だったのです。

                   

                   


                  このお話、次回に続く予定です。

                   

                   

                   

                  最後までお読みくださいまして
                  誠にありがとうございました。

                   

                   

                   

                  あなたにとって、

                  今日も最高の1日でありますように!

                   

                  | - | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                  0
                    望む未来を創るために必要なこと

                    おはようございます。
                    こんにちは。
                    こんばんは。

                    IRMエキスパートガイドの上野聡一朗です。

                    お元気ですか?

                     

                     

                     

                    さて、今回は
                    先日のブラッシュアップ勉強会でのお話を中心に
                    お届けします。

                     

                     

                     

                    いろいろためになるお話がありましたが
                    中でも。幸田先生のお話の
                    「今は過去の産物である」というものが
                    とても印象に残りました。

                     

                     

                     

                    これをストレートに言い換えますと
                    「今は過去である」
                    ということです。

                     

                     

                     

                    言われてみれば

                    確かにそうだなあと思いました。

                     

                     

                     

                    たとえば、今、就いている仕事をはじめ、
                    過去に「こうしよう」

                    と思ったものの集約が現在を創っている、
                    ということです。

                     

                     

                     

                    なので、もしこれから、

                    未来を望む形に変えていきたいのであれば、
                    まさに今、何をするか、

                    何を発信、創造するかが大事だ

                    ということです。

                     

                     

                     

                    さらに言うと「今は過去である」ということは
                    「未来は今である」ということです。

                     

                     

                     

                    なりたい自分になるために、必要なことを
                    今、することが大切だということですね。

                     

                     

                     

                    だからといって、

                    過去を否定するというものではありません。

                     

                     

                    今、過去を否定すると、
                    その否定で未来を創る

                    =否定が未来に浮かび上がってくる、
                    ということになるわけなんですね。

                     

                     

                     

                    ですので
                    もし、望まなかった過去であっても、
                    感情学修をすることで全肯定をして
                    感謝を感じられるような過去にして、
                    そこから、望む未来を創造するための

                    発信・行動をしていくことが大事なのです。

                     

                     

                     

                    また、自分がこうしようと思ったもの

                    (過去に思考したり発信したもの)

                    とはいっても
                    どう考えてもそうは思えないものだったり
                    いわゆる不可抗力に思える出来事によって
                    自分の人生が左右されてしまった、
                    というようなこともあるのではと思います。

                     

                     

                     

                    「自分の意思でこうなったとはとうてい思えない」

                    という。

                     

                     

                     

                    実際、そういうこともあるかとは思うのですが
                    それも、感情学修をすることで
                    「あ、これも自分(の魂)が]

                    望んでいたことだったんだ」
                    と心から思えるようになり、

                    全肯定することができる可能性が
                    高い
                    と思われます。

                     

                     

                     

                    なので、もしこれから望む未来を創りたい、
                    という思いがおありでしたら、
                    感情学修は

                    とても力強い味方になると思います。

                     

                     

                     

                    最後までお読み下さいまして

                    誠にありがとうございました。

                     

                     

                     

                    あなたにとって、
                    今日も最高の1日でありますように。

                     

                    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                    IRMでは、月1回、

                    勉強会を開催しています。

                     

                     

                     

                    次回は、2019年2月10日(日)
                    会場はJR川崎駅すぐ

                    ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2
                    というところです。

                     

                     

                     

                    ご興味をお持ち下さった方は
                    こちらの詳細をご覧ください。

                     

                     

                    無料メルマガにご登録からのお申込みで

                    参加費12000円のところ、

                    8000円でご参加頂けます。

                    お申込みの締切は2月6日(水)です。

                     

                     

                     

                    さらに、無料メルマガご登録の上

                    1月27日(日)までの早割期間中でしたら

                    6000円でご参加頂けます。

                     

                     

                     

                    大変お得になっていますので

                    ぜひメルマガ登録、早割を

                    ご活用頂けたらと思います。

                     

                     

                    無料メルマガ登録は

                    こちらからどうぞ。

                     

                     

                     

                    勉強会の概要です。

                     

                     

                     

                    IRMブラッシュアップ勉強会

                     

                    日時   2019年2月10日(日)
                        13時30分〜18時30分

                     

                    場所   ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2

                     

                    会費   10000円

                    (メルマガ登録で8000円でご参加頂けます。

                    早割期間中なら6000円でご参加頂けます)

                     

                    定員 15名

                    (より、おひとりおひとりに

                    寄り添える内容にするため
                    少人数制になっています)

                     

                    締切 2月6日(水)

                    早割期間は1月27日(日)まで。

                     

                     

                     

                    詳細、お申込みはこちらです。

                     

                     

                    | - | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                    0
                      なぜ、こんなことが起こるんだろう?と思うことのある、あなたへ

                      おはようございます。
                      こんにちは。
                      こんばんは。

                      IRMエキスパートガイドの
                      上野聡一朗です。

                       

                       

                       

                      お元気ですか?

                       

                       

                       

                      さて

                      「なぜ、こんなことが起こるんだろう?」
                      と思うことは、ありませんか?

                       

                       

                       

                      僕は、あります。

                       

                       

                       

                      ですが、前はただ「なんでだ!」と思って、
                      何かイライラしてみたり、時には人にあたったり
                      自暴自棄みたいになったりしていたものですが
                      IRM、感情学修を学んでからは、

                      そういうこともなくなってきました。

                       

                       

                       

                      何か思わぬことが起こって

                      「わ!」となることはあります。

                       

                       

                       

                      でもそこから感情学修をすることで、
                      「ああ、これに気づけと教えてくれてるのか」
                      ということが明確にわかると、

                      感謝の念が湧いてきます。
                      感謝の涙も出てきます。

                       

                       

                       

                      この「感謝」というのがキーワードで
                      僕の実感としましては
                      感謝の念が湧いてくると、

                      その「なんでこんなことが」は
                      ほぼ、解決しているという感じです。

                       

                       

                       

                      それは、

                      「なんでもかんでも感謝すればいい」

                      ということではなくて
                      「ああ、これを大切にできてなかったから、
                      こういうことが起こったのね。
                      そのことに気づけっていうことね」
                      という、何かポイントがあるんですね。

                       

                       

                       

                      そのポイントが外れていると
                      感謝といってもピンと来ない、

                      という感じになります。

                       

                       

                       

                      逆に言うと、

                      何か思わぬことがあった時には
                      必ず何か気づく必要のあることがあって
                      それに気づけたら感謝が湧いて、

                      根本的に解消できる、
                      というふうにもいえます。

                       

                       

                       

                      「問題と同時に答えも生まれている」

                      ということは、聴いたことのある方も

                      いらっしゃるかもしれませんが
                      本当にそうなんだと思います。

                       

                       

                       

                      それに気づけるかどうか、

                      ということなだけで。

                       

                       

                       

                      それを見つける方法が、

                      感情学修です。

                       

                       

                       

                      他にも方法があるかもしれませんが

                      体験的にわかっているのは

                      これだけです。

                       

                       

                       

                      そして、身につけやすいように、

                      「型」になっています。

                       

                       

                       

                      もし、

                      「根本的に、現実を好転させたい」

                      「根本的に、問題を解消したい」

                      という方がいらっしゃいましたら

                      ぜひ一度、試してみて頂けたらと思います。

                       

                       

                       

                      そして、
                      IRM、感情学修の開発者、幸田先生に
                      感情学修のことについていろいろ質問できたり
                      実際に学び、実践している人の

                      体験談が聞ける勉強会が
                      1月20日(日)に開催されます。

                       

                       

                       

                      通常、参加費は12000円ですが
                      今回、新春特別企画で、

                      特別価格、10000円

                      ご参加頂けます。

                       

                       

                       

                      さらに
                      より少しでも採り入れて頂きやすくとの思いから
                      無料メルマガ「IRMプレミアム通信」

                      ご登録頂けましたら
                      超お得、8000円でご参加頂けます!

                       

                       

                       

                      無料メルマガにも
                      IRMや感情学修の学びのことが満載で
                      大変お役立て頂ける内容になっています。

                       

                       

                       

                      無料メルマガ

                      「IRMプレミアム通信」

                      ご登録はこちらです。

                       

                       

                       

                      ぜひこの機会をお見逃しなく。

                       

                       

                       

                      1月20日(日)の勉強会の概要はこちらです。

                       

                       

                       

                      IRMブラッシュアップ勉強会

                       

                      日時   2019年1月20日(日)
                          13時30分〜18時30分

                       

                      場所   ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2

                       

                      会費   10000円

                      (メルマガ登録で8000円でご参加頂けます)

                       

                      定員 15名

                      (より、おひとりおひとりに

                      寄り添える内容にするため
                      少人数制になっています)

                       

                      締切 1月16日(水) ※本日です!

                       

                       

                       

                      詳細、お申込みはこちらです。

                       

                       

                       

                      最後までお読みくださいまして
                      誠にありがとうございました。

                       

                       


                      IRMブラッシュアップ勉強会で

                      お会いできますのを
                      楽しみにしています。

                       

                       

                       

                      あなたの、

                      ますますの自己実現とご多幸を
                      お祈りし
                      います。

                       

                       

                       

                      | - | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << March 2019 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE