0
    なぜ思ったように動けない?

    こんばんは。

     

    今回も、数あるブログの中から
    こちらにお越し下さいまして
    本当にありがとうございます!

     

     

     

    今回は
    「自分を動かしているものは何なのか?」
    についてお話をしたいと思います。

     

     

     

    自分では「○○したい」と思ってるのに
    その場になるとなぜかできない、

    とか
    悪気は全然ないのに、
    周りから反発を買うような行動をとってしまう、

    ということはありませんか?

     

     

     

    僕は、結構あります(苦笑)

     

     

     

    特に後者の方は
    自分では全然そんなつもりはないのに
    なぜか、人を下に見るような

    ものの言い方をしてしまったり
    態度をとってしまったり。

     

     

     

    以前から比べるとかなりなくなってきましたが
    それでもまだ、

    そういうのが出る時があるんですね。

     

     

     

    無意識なんです。

     

     

     

    でもやっぱり、それをされた方は
    いい気持ちしないわけで。

     

     

     

    全然そんなつもりはないのに
    反感を買ってしまったりする事もあったわけです。

     

     

     

    で、この原因って何か、というと
    「価値観」なんですね。

     

     

     

    「人を下に見る事に価値がある」
    という考え方を持っている、

    ってことなんですね。

    意識的か、無意識かは別として。

     

     

     

    「いやいや、

    そんな価値観持っている人はいないでしょ?」
    「他の人はさておき、

    私はそんな価値観持ってませんよ」
    と思う方もいらっしゃると思います。

     

     

     

    でもそれが、無意識では、

    持ってたりするんです。

     

     

     

    その無意識で持ってる価値観が、
    意図しない反感を買ったり、
    好きになってほしいのに、

    逆にものすごく嫌われてしまうという
    大きな要因になったりするんですね。

     

     

     

    これって、ほんとに、
    自分がそんな価値観持ってるなんて

    思えないんです。

     

     

     

    もっというと
    人に言われてもわからないんです。

     

     

     

    「あなた、○○っていう価値観持ってますね」

    って言われても
    「へ、誰のこと?」

    みたいな感じになってしまうんですね。

     

     

     

    実際、僕が受けたIRMのセッションでも
    インストラクターが

    「上野さんには○○という価値観がありますね」

    的な事は、
    まず言われなかったと思います。

     

     

     

    それは外れてるってことではなくて
    人から言われても、

    ほんとに実感できないんです。
    無意識で持ってるものなので。

     

     

     

    「はあ、そうですか」くらいなだけなので
    それで何か効果が得られるか、

    というと、あんまり期待できないんですね。

    人から言われる形だと。
    あくまでも僕の経験上ですが。

     

     

     

    じゃあ、どうするか?

     

     

     

    自分で探しに行くんです。

     

     

     

    何か嫌な事が起こった時の、

    恐怖や自己嫌悪などの「感情」を入口にして
    自分の中を探っていくんです。

     

     

     

    「嫌な事」っていっても、
    十人十色ですよね。

     

     

     

    Aさんにとってはものすごく嫌なことでも
    私にとったら大好きなことだったり
    なんてこともありますよね。

     

     

     

    大音量のロック音楽が
    ものすごく大好きな私と
    大迷惑な騒音にしか聞こえないAさん、

    みたいな。

     

     

     

    「嫌な事」は

    「問題」と言い換えてもいいですね。

     

     

     

    頭を悩ませている問題は
    自分の外側にあるんではなくて
    自分の「価値観」が創り上げている。

     

     

     

    だから、その価値観を見つけて
    「本当にこれって自分にとって必要かな?」と
    よく考える。

     

     

     

    というか
    「こんな価値観、なくていいよね」
    と自然に思えるようになったりするんですね。

     

     

     

    それによって

    「問題」はなくなるわけです。

     

     

     

    言葉で説明すると禅問答みたいなんですけど
    現実に、そうやって
    頭を悩ませてきた問題が解消した、
    ということが何度もありました。

     

     

     

    僕だけではなく、
    IRM、感情学修を学び、身につけてきた方の
    そういった体験談もたくさん聞いてきました。

     

     

     

    「何か、すごい能力を持った人に頼りたい!」
    「自分で何かやるのなんてヤダ!」

    という方には、おすすめできませんが

     

    「自分の中を探っていくの大好き!」
    「ひとりでコツコツやるのって向いてる!」
    「自力で問題解決とか

    夢をかなえられるようになりたい!」
    そういう方にはピッタリです!

     

     

     

    しっかり身につければ

    ちゃんと効果が実感できる、
    そういう、

    本当にやりがいのあるメソッドだと
    僕自身、心から、身を持って実感しています。

     

     

     

    ちなみに、冒頭の
    「自分を動かしているもの」
    とは「価値観」でした。

     

     

     

    自分で気づけない価値観に
    自分自身が振り回されてる可能性がありますよ。

     

    その価値観に気づける方法がありますよ、

     

    「問題」を根本的に解消したり
    夢を自力で叶えられるようになる

    具体的な方法がありますよ、

    ということをお伝えしたくて、

    この記事を書きました。

     

     

     

    最後までお読み下さり
    ありがとうございました!

     

     

    それでは、また。

     

     

     

    あなたの、ますますのハッピーを応援しています!


    ―――――――――――――――――
     

    イベント情報


    感情学修をゆったりとした雰囲気で学べる
    「IRM感情学修カフェ(感情学修体験会)」
    10月6日(日)
    11月2日(日)

     

    詳細はこちら

     


    IRMを基礎からしっかり学べる
    「IRMブラッシュアップ勉強会」


    10〜12月は
    IRM開発者幸田宗昌による
    「ビジョンの創造」

    プレミアムワークショップ3回連続講座

    開催します!

    10月20日(日)

    11月17日(日)

    12月15日(日)

     

    詳細はこちら

     

     

    | - | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    0
      自分が一歩引けば丸く収まるんだ・・・、と思う事が多い方に読んで頂きたい記事です。

      こんばんは。

      今回も数あるブログの中から
      こちらにお越し下さいまして
      誠にありがとうございます。

       

       

       

      今回は、僕の体験談です。

       

       

       

      「自分が我慢すれば、丸く収まるのかな」

      と思って一歩引いて、

      でも実はモヤモヤしてしまう、
      という方の、一番参考になるかもしれません。

       

       

       

      それでは、はじめますね。

       

       

       

      僕は不動産仲介の仕事をしていますが、
      Aさんという、短期での駐車場の契約ご希望の
      お客様がいらっしゃったんです。

       

       

       

      契約費用も低く抑えたいとのご要望があり
      それを聞いた時に反射的に
      「うちの手数料を抑えて・・・」
      という発想が浮かんだんですね。

       

       

       

      実際、今までも何度もそうしてきましたし。

       

       

       

      でも、ちょっとモヤモヤしたものが

      あったんですね。
      それでいいのかなって。

       

       

       

      自分自身の価値とか
      お金の事とか
      仕事でお金を稼ぐという事を
      観直していた時だったので特に。

       

       

       

      「試されているんじゃないかな」
      という思いもあって。

       

       

       

      で、感情学修をしたのですが
      すると「恐怖」があることに気づいたんですね。

       

       

       

      「もし正規の手数料で話したら、
      いりませんと言われるんじゃないか?」

      という。

       

       

       

      これを読んで
      「それって恐怖じゃなくて不安じゃない?」
      と思った方もいらっしゃるかもしれません。

       

       

       

      これは感情学修の1つのコツなのですが
      より強い感情の方で観ていく、

      というコツがあるんですね。

       

       

       

      不安と恐怖だったら「恐怖」の方が強いので
      それを入口にして自分の中の価値観を観ていく

      という事です。


       

       

      ちなみに「不満」と「怒り」なら
      「怒り」で観ていきます。
      その方が、価値観を見つけやすいと思います。

       

       

       

      話がそれてしまいました。

       

       

       

       

       

      「もし正規の手数料で話したら、
      いりませんと言われるんじゃないか?」
      という恐怖を感じていたわけですが
      これを基に、
      自分の持っている価値観を見つけ出します。

       

       

       

      「〜べきだ」
      「〜しなければならない」
      「〜してはいけない」
      の形に言い換える
      んです。

       

       

       

      実際どう言い換えるかというと

       

      「大家さんへは正規に支払って頂く必要があるが、
      自分へのお金は安くしなければいけない」

       

      「自分の仕事は価値が低いべきだ」

       

      「正規の手数料も頂いてはいけない」

       

      「安くしないと、契約できないべきである」

       

      こういう風に言い換えます。

       

       

       

      ただ言い換えればいいという事ではなくて
      「こういう恐怖を感じてるって事は
      こんな価値観(〜べき)を

      持ってるって事じゃないの?」
      と、自分の思いとビンゴする所を探っていく感じ

      ですね。

       

       

       

      なので、「ビンゴ!」ってなった時は
      「わっ!」と
      涙があふれたり身体に衝撃が走ったりします。


      この辺の反応はすごく個人差があるようなので
      「涙があふれないからよくない」
      とかいうことではないので、そう思っていて下さい。

       

       

       

      僕は割と敏感に反応する方なようで
      この、価値観に気づけた時に
      「わーっ!」と感謝の涙があふれたりする事が

      よくあるんですね。

       

       

       

      「感謝がいいことだから」とか

      「感謝しよう」ではなくて
      温泉が湧き出てくるみたいな感じで
      感謝が湧きでてくる
      んですね。

       

       


      そんな時はもう本当にすごい幸福感を感じるんです。

       

       

       

       

      また話がそれてしまいました。

       

       


      で、この言い換えた

       

      「大家さんへは正規に支払って頂く必要があるが、
      自分へのお金は安くしなければいけない」

      「自分の仕事は価値が低いべきだ」

      「正規の手数料も頂いてはいけない」

      「安くしないと、契約できないべきである」


      が、僕がこの事について持っていた
      「価値観」となるんですね。

       

       

       

      で、この価値観ってどうなんだろうなあ、って
      考えてみたんです。

       

       

       

      実際、短期貸しをいやがる大家様も多いんです。

       

       

       

      それをご納得頂くために、
      普段以上に交渉が必要になるわけです。

       

       

       

      つまり、通常より仕事量が増えるわけなんですね。

       

       

       

      それなのに、安くするとか、頂かないとかって・・・

       

       

       

      こう考えたら
      「これらの価値観は必要ない」と思えて
      自然と手放すことができた
      んですね。

       

       

       

      それでAさんに、
      正規の手数料での金額で打診したんです。

       

       

       

      どうなったと思いますか?

       

       

       

      「それでよろしくお願いします」
      とのお返事を頂けたんです。

       

       

       

      おかげさまで契約も無事完了して
      正規の手数料で頂けました。

       

       

       

      本当に僕にとっては
      ありがたい出来事になったわけなのですが
      これを読んで
      「普通の事じゃん」
      「なんてことない事じゃん」

      と思った方もいらっしゃるかもしれません。

       

       

       

      その通り、
      なんてことない事なんです。

       

       

       

      でもその
      普通だったら見過ごしてしまうような
      そんな小さい事の積み重ねで

      実は日常ができているんじゃないかなと

      思うんですね。

       

       

       

      で、その中で降り積もった小さいチリ

      (モヤモヤした出来事)で
      少しずつ少しずつ心が曇っていくという。

       

       

       

      精密機械であるほど、ちょっとしたホコリで
      動かなくなったりしますよね。

       

       

       

      心も、結構そうじゃないかなと思っていて。

       

       

       

      そんな、日常のちょっとした事からでも
      心のお掃除ができて、心が輝きだして
      毎日がイキイキ、ワクワクするという

      具体的な手法が「感情学修」です。

       

       

       

      いったん身につけると
      いつでもどこでも、

      どんな出来事に対しても行えて
      心をスッキリできます。

       

       

       

      それだけじゃなくて、
      「え、こんなことが!」みたいな
      嬉しい事も起こったりします!

       

       

       

      やり方はちゃんと系統立っているので
      その通りに行えば
      誰でも無理なくできます。

       

       

       

      その、感情学修のやり方が学べて、
      その後も一人で感情学修をするのにとても役立つ
      「感情学修シート」がもれなくもらえるイベント

      「感情学修カフェ」
      今度の日曜日、

      9月15日に都内で開催されます!

       

       

       

      少人数制ですが
      無理に何か発表してもらったりすることは

      ありませんので
      安心してご参加頂けたらと思います。

       

       

       

      今まで感情学修カフェに

      ご参加下さった方から頂いた

      貴重なご感想です。

       

      ―――――――――――――――――――――――

       

      自分のマイナス感情が

      少しでも軽くなればと思って参加しました。

       

      わかりやすく導いてもらえたので、

      自己嫌悪に陥るのはちゃんと理由があること、
      マイナスと思っていたことも掘り下げると

      ちゃんとプラス面があることなど、
      貴重な気づきが得られてとても楽になりました。

       

      根本的に解決することの大切さがよくわかって、
      この技術をしっかり身につけたいと思いました。

       

      ―――――――――――――――――――――――

       

      あまりよくわからないまま体験したのですが、

      凄く面白かったです。

       

      進めるうちに昔のことを思いだしたり、

      いろいろな気づきがありました。

       

      少し体験しただけですが、
      これを続けていくと自分自身との繋がりが

      深くなるということがよく理解できました。

       

      ――――――――――――――――――――――――

       

      感情学修の進め方が

      今まで思っていた表面的なものと全然違っていました。

       

      鏡の観方が、やったらやり返されるくらいのことでしか

      わからなかったのですが、
      深い部分でこうみていくんだということがわかり

      よかったです。

       

      あと、根底は絶対的に安心で幸福であるというお話が、
      まだちゃんとは信じられないけど、
      そうなんだな・・・と思えることができました。
      もっと続けていきたいと思いました。

       

      ――――――――――――――――――――――――

       

      より自分の心を理解したいと思って参加しました。

       

      新しい心が楽になる価値観をもらい、

      凄く嬉しくなりました。

       

      体験談が心にしみました。感動的な時間でした。

       

      ――――――――――――――――――――――――

       

      「感情学修」をはじめて聞いたので、どんな世界観か、
      どんな方がなさっているか知りたくて

      参加させていただきました。
       

      とどこおった感情を、

      感情学修でクリアしたいと思いました。

       

      実際に今日、参加してみて

      1つの感情にフォーカスして解決していくのが

      すごいと思いました。
       

      すごくわかりやすく楽しく学ばせていただきました!

      最高に満足しました。どうもありがとうございます。

       

      ―――――――――――――――――――――――

       

      いっぱい話し、

      フィードバックを頂きいろいろと気づけました。

      すごく良かったです!ありがとうございました。

       

      ――――――――――――――――――――――――


      無意識に思い込んでいることってあるんだなあと

      つくづく思いました。

      悩んでいたことが、

      奥山さんが言ったように考えると

      悩みじゃなくなることが

      たくさんあってびっくりしました。

       

      本当にありがとうございました。

       

      ――――――――――――――――――――――――

       

      「これで良いのだろうか?」と思っている所を

      アドバイスして頂きたくて参加しました。

       

      望んでいることと、

      理想(目標)とのギャップに対しての捉え方や、
      望まない感情が残っているのは、

      そうしたいと自分がオーダーを出しているということ、
      同じ感情学修でも感性が養われると

      ある時感じ方が変わるということ等で新たな気づきを頂けました。

       

      参加してとても良かったです。

       

      ――――――――――――――――――――――――

       

      ご感想はここまでです。

       

       

      感情学修カフェの開催概要です。

       

       


      感情学修カフェ
      (IRM認定インストラクター 奥山リエ子さんが
      感情学修のやり方、コツをわかりやすくお伝え致します)

       

      日時  9月15日(日) AM10時30分〜12時

       

      会場  都内 渋谷〜新宿周辺のカフェ

         (お申し込み頂いた方にお知らせ致します)

       

      定員  5名様まで

       

      会費  3,900円

       

      詳細・お申し込みはこちらをご覧下さい。

       

       


      最後までお読みくださいまして誠にありがとうございました。

       

       

       

      あなたの毎日が、

      よりイキイキワクワクしたものになりますよう、
      心から応援しています!

       

      | - | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
      0
        「何かタイミングが合ってないな」と思う時に試して頂きたい、ごく簡単なコト

        毎日の暮らしの中で
        「私、今、何かタイミングがズレてる」
        と思う時はありませんか?

         

         

         

        あと一歩の所で電車に乗り遅れたり
        買おうと思っていた商品を

        すぐ前の人が買って品切れになったり。

        そういう事が続く時。

         

         

         

        僕もそういうのが時折ありまして
        大した事ではないんですが、

        ちょっとイヤな感じがするんですね。
         

         

         

        気持ちが乗っていかないというか
        何かうまくいっていない感じがして。

         

         

         

        そんな時、ズレを整えるために
        僕が実践している

        「ごく簡単なコト」をお伝えしますね。

         

         

         

        「これからやる事を紙に書いて、

        その通りにこなしていく」
        です。
        (紙でなくて、パソコンやスマホ上でも構いません)

         

         

         

        僕の実例ですが、たとえば朝の時間で
         

        8時10分〜20分  洗濯
        8時20分〜30分  ご飯炊き
        8時30分〜40分  食器洗い
        8時40分〜50分  洗濯もの干し

         

        と紙に書いて
        その時間通りにこなしていくという事です。

         

         

         

        ポイントは「前もって書く」です。

         

         

         

        いつものルーティーンだからと、
        ただこなしただけでは効果は得にくいと思います。

         

         

         

        なぜ前もって書くのが良いかというと
        「前もって書く」→「その通りに実行する」は
        「自分の望んだ事を実現させる」

        という事になるんですね。

         

         

         

        つまり、それを積み重ねるほど
        「自分の望んだ事は叶うんだ」というシステムが
        あなたの中に確立されていく
        という事です。

         

         

         

        そのシステムがいろいろな場面で働いて、たとえば
        「乗ろうと思った電車に乗れた」となるんですね。

         

         

         

        それが続けば
        「タイミング良くなった」→「調子いい感じ」
        を実感して頂けるかと思います。

         

         

         

        ただ、必ずしも
        「ちょっとやって、すぐ効果が表れる」
        というものでもありません。

         

         

         

        少しずつでもいいので
        コツコツ毎日続けていくことが大切
        です。

         

         

         

        少し大げさな言い方ですが
        「新しい習慣を身につける」
        「体質改善をする」

        くらいのつもりで取り組んで頂ければと思います。

         

         

         

        あと、コツとしては
        最初のうちはあまりキチキチに予定を立てない事です。

         

         

         

        先程、10分単位で書いた例を出しましたが
        時間内にちゃんとおさめられるように
        かなり余裕を持って立てています。

         

         

         

        なので、特に最初のうちは
        余裕を持って立てると良いかと思います。

         

         

         

        最初は「めんどくさい」と思うかもしれませんが
        積み重ねると、タイミングの合って来た感じや
        調子の良さをきっと実感して頂けるかと思います。

         

         

         

        それはすごく気持ちのいいことなので

        もしよかったら、試してみてくださいね。

         

         

         

        最後までお読み下さいまして

        ありがとうございました。

         

         

         

        あなたにとって、
        今日もハッピーな1日でありますように!

         

         

        ========================

         

        <イベントのお知らせ>

         

        9月15日(日)
        午前10時30分〜12時

        駒込地域文化創造館 第2会議室

        (JR山手線「駒込」駅徒歩2分)にて
        感情学修に特化した体験会

        “感情学修Cafe”

        を開催します。

         

         

        定員5名様限定

        「感情学修シート」という、
        ひとりで感情学修を行えるシート使い
        実際に感情学修を体験して頂けます。


         

         

        それだけでなく、感情学修を学んで10年の、

        IRM認定インストラクター 奥山リエ子さん
        観て頂けて、アドバイスも頂ける
        とても中身の濃い時間になると思います。

         

         

         

        (感情学修シートは

        お持ち帰り頂けます。

        ご自宅等、いつでもどこでも

        感情学修に思う存分取り組んで頂けます)

         

         

         

        奥山さんのユーチューブ動画

        とても参考になると思いますのでぜひご覧下さい。

        「人はなぜ悩むのか?感情科学」(2分26秒)

         

        「感情科学メソッドIRM講座のご感想」(1分弱)

         

         

        その後は
        IRM開発者 幸田宗昌

        (こうだ・ひろまさ)先生による
        グループセッション、個人セッションも

        開催されます。

         

         

         

        僕自身、この個人セッションで

        今現在まで恩恵を頂いている

        ある大切なことを示唆して頂きました。

         

         

        あなたにとっても

        きっと有意義なお時間になると思います。

         

         

        グループセッション、

        個人セッションのみのお申し込みも可能ですので

        あなたのご参加をお待ちしております。

         

         

         

        グループセッション(6名様まで)

        13時〜15時

         

        個人セッション(お1人様60分)

        16時20分〜
         

         

         

        9月15日感情学修カフェ、

        グループセッション、

        個人セッションの詳細・お申し込みは

        こちらをご覧下さい。

        これだけは知っておきたい感情のしくみ&

        目からウロコの感情浄化方法!

        感情学修Cafe

         

         

        | - | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
        0
          潜在意識にアクセスし、心のブレーキをゆるめて、現実好転したい、あなたへ

          こんばんは。

          今回も数あるブログの中から
          こちらにお越し下さいまして
          誠にありがとうございます。

           

           

           


          <頭ではわかっているのに・・・>

           

          あなたは、本やセミナーで
          自分が悩んでいたり、

          今問題になっていることが取り上げられていて
          「こうすれば解決できます」という具体的な方法に
          すごく心打たれたり、深く納得して
          「よし、実践しよう!」と
          強く決意したのに、
          いざ、その段になってみると
          「いや、やっぱり・・・」
          と、二の足を踏んで、
          そのままになってしまったことはありませんか?

           

           

           

          あんなに「これだ!」と思って感動して
          強く心に誓って実践しようと思ったのに・・・
          という経験はありませんか?

           

           

           

          私自身、そういう経験は何度もありました。

           

           

           

          そのたびごとに
          「頭ではわかっているのに何でできないの!?」
          と自分を責めたり
          その本やセミナー(メソッド)のせいにして
          また違う方法を求め歩いたりしていました。

           

           

           

          そうしてまた
          「これだ!」と思って・・・
          の繰り返しでした。

           

           

           

          当時はそれを「努力」だと思っていて
          「こんなに頑張っているのに
          何で報われないの!?」
          というような、怒りにも似た思いがありました。

           

           

           

          でも、今から考えると、まさに
          “心のブレーキをガッチリ踏んでしまっている”
          ような状態だったんだということがわかります。

           

           

           

          そして、当時していた「努力」も
          今思うと、本当に的外れなことを

          していたんだなあということがわかります。

           

           

           

          ブレーキがかかっているから

          前に進めなくなっていたわけなので
          ブレーキをゆるめる努力を

          すればよかったわけですが
          当時は、そこには全然手をつけていませんでした。

           

           


          というか、一言で言うと
          「その発想がなかったし、

          方法を知らなかった」
          ということです。

           

           

           


          「心のブレーキを外す」というような本も
          読んだことはあったのですが
          私にはその方法は合わなかったというのと、
          今、私が実践して、
          「このおかげで心のブレーキがゆるめられて、
          望む方向に進めるようになった」

          という方法とは
          全然違うものでした。

           

           

           

          どちらが優れているとかいうことではなくて
          私自身、実際に実感・体感できているものが

          これからお話しするものです、
          ということですので

          ご理解頂けましたら幸いです。

           

           

           

          ではその「心のブレーキ」とは
          一体何なのでしょうか?

           

           

           

          <心のブレーキの“正体”>

           

          ここでいう
          「心のブレーキ」とは何かというと、

          わたし的に表現しますと
          「人が無意識に持っている
          『〜してはいけない』
          『〜しなければいけない』
          『〜するべきだ』
          という、自分の中の決めごと」

          と表現したいと思います。

           

           

           

          それをIRMでは

          「価値観」と言っていますが
          自分の中のこれに抵触してしまうために
          「心のブレーキがかかってしまう」
          =「実践できなくなる」
          ということなのです。

           

           

           

          もう少し詳しく言うと
          「○○すればいいんだ。○○しよう」の
          その「○○」について
          実は、無意識のうちにでも
          「○○してはいけない」
          という価値観をしっかり握っていて
          だから、
          「いくら○○しようと思ってもできなかった、

          ということになる」
          というわけです。

           

           

           

          先程、心のブレーキの説明をする時に
          無意識に持っている」と書きましたが
          ここがすごくポイントだと思うのです。

           

           

           

          無意識だから、
          顕在意識では気づけていないから
          顕在意識では

          「よし、やろう!」になるのです。

           

           

           

          ここで、「無意識」というのを
          「潜在意識」と言い換えさせて頂きますが
          一説によると
          人の意識の中では
          潜在意識が約93%を占めていると言います。

           

           

           

          潜在意識の方が顕在意識よりも

          圧倒的に力が強いと思われ
          だから、潜在意識で思っていることの方が勝つ
          (ブレーキの方が勝つ)、
          と考えられるわけです。

           

           

           

          でも顕在意識では
          そんな価値観を持っているとは

          気づけないので
          「なんで実践できないの?」となって
          「どうしたらいいの?」というような
          自分の中で迷子になってしまうというか、
          そういう感じになってしまうのでは、
          と思うのです。

           

           

           


          潜在意識なので
          「潜在意識で思っていること」
          というのは、厳密に言うと
          ちょっとおかしな表現なのですが
          話をわかりやすくするために
          こういう書き方にしています。
          ご理解頂けましたら幸いです。

           

           

           

          ※※
          また
          「思考は現実化する」

          という真理がありまして
          どこかでお聴きになったことも

          あるかもしれませんが
          その「思考」というのは
          もちろん顕在意識で

          思考したことも含まれると思いますが
          潜在意識で思考したことも含めて
          「現実化する」のだと考えています。

           

           

           

          だから、
          「何でこんなことが起こるの?
          こんなこと、思っても考えてもいないのに!」
          ということが起こってくる、という。


          このお話はまた書き出すと長くなりますので
          ここではこれくらいまでとさせて頂きます。

           

           

           


          話を戻しますが
          ここまでをまとめますと
          心のブレーキをゆるめて、

          望む方向に進めるようになるには
          「潜在意識下で握っている価値観

          (〜してはいけない、等の決めごと)
          を手放すことがポイント」

          ということになります。

           

           

           

          ですが、ここでひとつ問題があります。

           

           

           

          「潜在意識下で握っている価値観を、
          顕在意識でどう気づくのか」

          という問題です。

           

           

           

          手放すには、まず
          「○○しなければいけない、

          という価値観を持っている」
          と、自分の中の価値観に気づく必要が

          あるわけですが
          潜在意識下で握っているものなので、

          気づきにくいわけです。

           

           

           

          なので
          何度も実践できなくても
          「よし、やろう!」としようとしてしまう、
          ということも言えるかと思います。

           

           

           

          ですが、
          潜在意識下で握っている価値観を
          顕在意識で気づけるようになる

          「ヒント」があります。

           

           

           

          それが「感情」であり
          もっというと
          「ネガティブ感情」です。

           

           

           

          ではなぜ
          「(ネガティブ)感情」が
          そのヒントになるのでしょうか?

           

           

           

          <(ネガティブ)感情がヒントになるのはなぜか?>

           

          それはズバリ「感情」が
          潜在意識下から湧き出てくるものだから
          です。

           

           

           

          だから、感情を入口にして掘り下げていくことで
          潜在意識にアクセスできる
          、というわけなのです。

           

           

           

          でも、

          「感情が潜在意識下から湧き出てくる」と聞いても
          あまりピンと来にくい方も

          いらっしゃるかもしれません。

           

           

           

          特にそういう方は

          ちょっとイメージして頂ければと思うのですが
          例えば、怒る時って、
          「よーし、今から3分後に怒ろう!」
          とか思って、怒ったりするでしょうか?

           

           

           

          もちろん、たとえば部下を呼んで

          注意する必要があるという時
          意識して怒る感じを出したり

          ということはあるかと思いますが
          それはどちらかというと

          本当に感じている怒りというものでは
          ないように思うのですね。

           

           

           

          それよりも、

          例えば部下を呼んで注意の例でいえば
          「注意をしている時の

          部下のちょっとした態度にイラッとして・・・」
          ということがあるかと思うのですが
          その時に、

          「よーし、こんな態度をしたから、

          イラッとしてやろう」
          と意識して
          怒ったりすることがあるでしょうか、

          ということなのです。

           

           

           

          たぶん、ないですよね。

           

           

           

          「気づいたら・・・」

          ということじゃないかなと思うのです。

          つまり

          「無意識=潜在意識下」

          ということです。

           

           

           

          これが
          「感情は潜在意識下から湧き出てくるもの」
          と思う理由です。

           

           

           

          ネガティブだけではなく

          「感動」等でも同じで
          車で移動していて

          目の前にパッと美しい夕陽が見えて
          「うわぁ〜感動!」

          みたいなことってあると思うのですが
          こういう時も
          「これは感動する場面だ!感動しよう!」

          と意識して、ということは、

          まずないように思うのです。

           

           

           

          ではなぜネガティブ感情か、というと
          「ブレーキ」を見つけたいからです。

           

           

           

          怒りであれ恐怖であれ
          何かしらネガティブ感情が出るということは
          「その先に行ったらよくないことがあるよ」
          と自分で自分にブレーキをかけている、

          と言えます。

           

           

           

          だから
          心のブレーキをゆるめたいということなので、
          「ネガティブ感情がヒントになる」

          というわけなのです。

           

           

           

          では、ネガティブ感情をヒントに
          潜在意識下で握っている価値観を手放し
          心のブレーキをゆるめて、

          前に進める自分になるには、
          具体的にどうしたらいいのでしょうか?

           

           

           

          <潜在意識にアクセスし、心のブレーキをゆるめ

          望む人生を創造する方向に進めるようになる

          具体的な方法とは?>

           

          その具体的な方法が、感情学修なのです。

           

           

           

          これは、開発者の、過去30年以上、
          クライアント1万人以上の研究と実践の上に構築された
          具体的、かつ、真剣にコツコツ取り組む気持ちがあれば
          誰にでも身につけられる方法であり、技術です。

           

           

           

          技術なので、自転車や水泳と同じように
          一度身につければ、一生、使えるものであり
          磨きをかけられるものです。

           

           

           

          磨きをかけられるとは
          より、どのような状況下にあっても
          それらをクリアし、
          望む人生を創造できるようになる、

          ということです。

           

           

           

          また、
          誰にも奪われるものではありません。

          一生ものの財産、と言えます。

           

           

           

          一生、磨き続けられて

          一生、価値の上がり続ける可能性を持った

          一生ものの財産、

          と言えるということです。

           

           

           

          私自身、この感情学修を身につけることによって
          数々の「心のブレーキ」に気づけて
          そのブレーキをゆるめることによって
          前に進めることができるようになりました。

           

           

           

          具体的には、
          それまで取得できるなんて

          これっぽっちも思ってもいなかった
          「運転免許」を取得することができました。

           

           

           

          それ以外にも、

          目に見えるもの、見えないものを含めると
          本当にたくさんのものを

          手に入れることができました。

           

           

           

          そして、それは
          これからもどんどん増えていくことと思いますし
          私自身、IRMを学ぶ前では想像できなかったような
          可能性の大きく広がった人生を

          歩ませて頂いています。

           

           

           

          本当にありがたいことだと思っています。

           

           

           

          大変長くなりましたので
          感情学修のことにつきましては
          また別の回に記事にしたいと思いますが
          今度の9月15日(日)
          午前10時30分〜12時

          感情学修に特化した体験会

          “感情学修Cafe”が開催されます。

           

           

           

          これは、定員5名様限定で、

          都内のカフェで行われる体験会ですが
          「感情学修シート」という、
          ひとりで感情学修を行えるシートというのを使って
          実際に感情学修を体験できるだけでなく
          感情学修を学んで10年の、

          IRM認定インストラクター 奥山リエ子さん
          それを観て頂けて、アドバイス等も頂けるという
          大変ためになる体験会です。

          (感情学修シートは

          お持ち帰り頂けますので

          ご自宅等、いつでもどこでも

          好きな時に好きな所で

          感情学修に思う存分取り組んでいただける、

          ということです)

           

          奥山さんのユーチューブ動画もありますので

          ご紹介しますね。

          何となくでも、人となりが

          伝わるかと思いますので。

          「人はなぜ悩むのか?感情科学」(2分26秒)

           

          「感情科学メソッドIRM講座のご感想」(1分弱)

          (奥山さんはそんなに出ていません)

           

           

           

           

          感情学修Cafeのお話に戻りますが

          少人数のため、

          よりきめ細かく観て頂けるとともに
          ご参加者様のご意向に応じてですが
          他のご参加者様の感情学修も

          シェアして頂ける可能性がありますので
          これがすごく勉強になるのです。

           

           

           

          自分の問題と全く同じではなかったとしても
          根底ですごくつながっていて
          自分のことにすごく応用できたり
          ヒントや勇気をいただけたり、ということが
          実際、僕もありましたし、

          他の方でもそういう

          体験・思いをされている方は
          たくさんいらっしゃいます。

           

           

           

          また、その後の時間も
          IRM開発者 幸田宗昌

          (こうだ・ひろまさ)先生による
          グループセッション、個人セッションも

          開催されますので
          楽しみにして頂けたらと思います。

           

           

           

          グループセッション(6名様まで)

          13時〜15時

           

          個人セッション(お1人様60分)

          15時10分〜
          16時20分〜
          の2回

           

           

           

          会場は都内のカフェということで
          決定次第お伝え致しますが
          先着順で、

          ごく限られた人数様のみになっていますので
          気になる方は、

          ぜひお早めにチェックして頂けたらと思います。

           

           

           

          9月15日感情学修カフェ、

          グループセッション、

          個人セッションの詳細について
          ご紹介しているページは

          こちらになります。

          これだけは知っておきたい感情のしくみ&

          目からウロコの感情浄化方法!

          感情学修Cafe

           

          (別サイトに飛びますが、安全なサイトですし

          飛んだ瞬間、参加をクリックしたようになる、

          というようなことはありませんので

          ご安心頂けたらと思います)

           

           

           

          最後までお読みくださいまして
          本当にありがとうございました!

           

           

           

          あなたの、ますますの自己実現とご多幸を
          心から応援しています!

          | - | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
          0
            潜在能力を開発して、望む現実を引き寄せたい、あなたへ

            こんばんは。

            今回も数あるブログの中から
            こちらにお越し下さいまして
            誠にありがとうございます。

             

             

             

            今回は、
            「潜在能力開発」
            「潜在価値と引き寄せ」

            についてのお話です。

             

             

             

            こうして書くと
            何かざっくりとした印象に
            なってしまうかと思いますが
            できるだけわかりやすく、
            詳しく書いていきますね。

             

             

             

            さて
            「潜在能力開発」

            と一言でいっていますが
            まず「潜在能力」とは
            どういうことでしょうか?

             

             

             

            辞書で調べますと
            「潜在能力とは、潜在する能力、
            即ち、いつもは表面に表れず、

            内に潜んでいる能力のこと」
            と出ていました。

             

             

             

            辞書によっていろいろな解釈はあるかと思いますが
            大体これで、そう遠くはないものと思われます。

             

             

             

            ではこの、
            「いつもは表面に表れず、内に潜んでいる能力」
            をどうすれば開発できて、活用できるか、

            ということですが、
            それには「潜在価値」ということが
            非常に重要になってきます。

             

             

             

            「潜在価値」というのは
            いろいろな解釈があるかと思うのですが
            ここでは
            「いつもは表面に表れないものの、
            そのものが本質的に持っている価値のこと」

            というふうに思って頂ければと思います。

             

             

             

            ではなぜ、潜在能力開発やその活用に
            潜在価値が重要なのかと言いますと
            その「潜在能力」

            というものに価値を見出せていなければ
            それは何の役にも立ってくれない、

            ということになると思うからです。

             

             

             

            たとえば、スマホで
            「何百種類も機能があります!」
            といくら言われても
            それに何の価値も見出せなければ
            その機能って、おそらく、
            自分にとって何の価値もないですよね。

             

             

             

            それと同じじゃないかなと思うのです。

             

             

             

            で、なぜ
            潜在能力開発(活用)と潜在価値のことを
            同じまな板の上で話をしているかというと
            どちらも
            「自分」という中に

            存在しているものだからです。

             

             

             

            自分の潜在能力であり
            自分の潜在価値だということです。

             

             

             

            つまり
            自分の潜在能力を開発したり
            活用できたりするようになるには
            どれだけ自分の潜在価値に
            価値を見出せるか、ということに
            かかっている、

            ということです。

             

             

             

            「じゃあ、自分の潜在価値って、何?」
            と思う方もいらっしゃるかもしれません。

            IRMでは、

            「統一観ピラミッド」
            というものをオリジナルで考え出しているのですが

            それが、潜在価値を説明するのに

            お役にたてるかと思いますので、

            ご紹介しますね。

             

             

             

            この、「私」を頂点として
            「宇宙(普遍的集合無意識)」を底辺とした
            ピラミッドのことを
            「統一観ピラミッド」といっていますが
            ずごくざっくりと言いますと
            「私」から下の
            「家族」から
            「宇宙(普遍的集合無意識)」までが
            「(あなたの)潜在価値」ということ
            です。

             

             

             

            どういうことかというと
            「私」が産んでくれたおかげで存在しますよね。

             

             


            親だけでなく、きょうだい等、

            家族のおかげで
            ここまで育ってきた、

            という背景があると思います。

             

             

             

            家族だけではなく、

            友人、知人からも
            有形無形、いろいろなものを頂いて
            ここまで来ていると思います。

             

             

             

            他人というのは何かというと
            たとえば、あなたが着ている

            服というのがあると思いますが
            自分からみれば、

            誰か他人が作ってくれたものだという場合が
            多いと思います。

             

             

             

            そういう方(他人)のおかげで、
            ここまで過ごしてこられている、
            ということです。

             

             

             

            社会(会社)とは何かというと
            服のたとえでいえば、

            その服を作ってくれた人は
            服を作る会社に

            勤めていたということも考えられ
            そういう会社が存在できているのは
            社会情勢がある程度安定しているおかげ、
            と考えることもできるかと思います。

             

             

             

            社会情勢が安定しているというのは
            ある程度、が安定しているおかげ、

            と考えることができ
            それは、いろいろある中でも、

            ある程度、その国にとって
            世界が安定しているおかげ、

            と考えることもできるかと思うのです。

             

             

             

            で、その、世界のある程度の安定、

            というのは
            これもいろいろな現象がある中ではあっても
            自然がバランスを保ってくれているおかげ、
            と考えられるかと思います。

             

             

             

            そしてそれは大きく観れば
            太陽や月といった、

            宇宙のバランスの中で
            地球が存在してくれているおかげがあってこそ
            成り立っているものだと思うのです。

             

             

             

            つまり
            「家族」から「宇宙」までの下支えがあって
            「私」が存在しているということです。

             

             

             

            で、このこと自体は
            見たり聞いたりすれば
            頭でわかる、というか
            「あ、確かにそうですよね」
            と思われると思うのです。

             

             

             

            そして、大事なのはここからです。

             

             

             

            頭でわかる、だけではなく
            この
            「家族」から「宇宙」までの下支えが
            どれだけ価値があって
            そのことにどれだけ心から感謝できるか、
            ということが、ものすごく重要
            なのです。

             

             

             

            何にとって重要か、というと
            潜在能力開発や、
            潜在能力活用にとって、

            重要だということです。

             

             

             

            それが価値があると

            心から思えて実感できて
            心から感謝できればできるほど
            潜在能力が開発でき、

            活用できるようになる、

            ということです。

             

             

             

            なぜかというと
            この
            「家族」から「宇宙」までの下支えが
            「(あなたの)潜在価値」

            だからなのです。

             

             

             

            どういうことかというと
            「家族」から「宇宙」まで、と書くと
            何文字かで終わってしまうのですが、
            ちょっと考えてみて頂きたいのです。

             

             

             

            たとえば、お金だけで考えても
            どれくらいのお金が

            そこに潜んでいるか(かかっているか)
            ということを。

             

             

             

            さっき、服を例に出しましたので
            服で考えますと
            たとえば、

            服のボタンがプラスチックで

            できていたとすると
            石油を掘ってくれた人がいて、

            その石油を掘る機械を作ってくれた人がいて
            掘った石油をプラスチックに

            精製する機械を作ってくれた人がいて
            その機械でも、

            部品のひとつひとつを作ってくれた人がいて
            その人たちのお給料を考えただけでも、

            累計して考えれば
            何千万円とかになるでしょうし、

            その人たちを産んで下さって
            そこまで育てて下さるのにかかったお金を考えると
            それだけでも、

            もう本当に天文学的な数字の金額に

            なるんじゃないかと思うのです。

             

             

             

            今、服の、それもボタンのことだけ、

            それもほんの一部だけを切り取って考えても
            これだけすごいお金がかけられて、

            そのおかげで、
            着ている服が存在している、

            ということがわかると思うのですが
            身の周りのひとつひとつが、

            そういうものでできているわけです。

             

             

             

            本質的なことを観ていくと
            もう本当にびっくりするほどの
            天文学的な数字の金額(価値)になる、

            ということなのです。

             

             

             

            それだけの価値が
            「潜在」しているということですが
            その「潜在価値」を

            「潜在」のまま

            開発も活用もしないで終わらせるか
            自分自身や周りの人の、

            より望む現実を創造するために
            開発、活用するかは
            いかにその価値を心から実感し、感謝できるか
            そこにかかっている
            わけなのです

             

             

             

            たとえ話になりますが
            たとえば、見たこともないような外国のお金で
            何千万、何億のお金がすぐ近くにあったとしても
            それが本物のお金だと思わずに
            おもちゃのお札か何かだろう、
            何の価値もないだろうと思っていたら
            それは本当に、

            ただの紙切れでしかないですよね。

             

             

             

            おそらく、それに近いことなんじゃないかなと

            思うのです。

             

             

             

            話を戻しますが
            このことは即
            自分自身の価値、ということにも
            つながってきます。

             

             

             

            セルフイメージ
            とも言えるかと思いますが
            それだけの価値がかけられた上で
            自分が成り立っているのだ、と
            頭ではなく、心から実感して
            感謝できればできるほど
            自分自身の価値も上がってきます。

             

             

             

            周りは自分を映し出す鏡ですので
            自分自身の価値が上がれば上がるほど
            周りの人やもの(存在)の価値も

            上がってくることが期待できると思います。

             

             

             

            それによってますます
            自分自身の価値も上がってくると考えられますが
            まずは
            自分がどれだけ価値を実感し、

            心から感謝できるか

            かかっています。

             

             

             

            少し長くなって恐縮ですが、これは、

            「引き寄せ」

            とも深く関係しています。

             

             

             

            引き寄せのお話で
            (引き寄せ以外でもあるかもしれませんが)
            よく
            「『ない前提』ではなく、『ある前提』で
            考えましょう。引き寄せましょう」

            というお話があるのではと思います。

             

             

             

            その「ある前提」

            とはどういうことかというと
            IRM的に言わせてもらえれば
            「家族」から「宇宙」までの下支え、であり
            それを頭でわかっているだけではなく
            いかに実感でき、感謝できるか、で
            「ある前提で考えられるかどうか」
            ということが決まってくるのでは、

            と思います。

             

             

             

            「ある前提で」と、

            いくら頭で思っていても
            そうは思えない=引き寄せられない、

            というようなことがあるのではと思うのですが
            もしかしたらこれは
            「頭でわかっているだけでなくて
            心から実感して、感謝できるかどうか」

            ということと、

            リンクする所があるのかもしれません。

             

             

             

            それはともかくとしまして
            ともかく、これは、

            頭でわかってどうなるというお話では
            ないように思っています。

             

             

             

            実際に、
            あなたが、

            あなた自身の潜在価値を実感して
            そこに感謝して、というところが、

            大事だと思っています。

             

             

             

            無論、そこに実感して

            心から感謝できたとしても
            すぐに何か現実が目に見えて好転する、

            というわけでは
            ないかもしれません。

             

             

             

            でも、少なくとも、
            それまでは感じられなかった部分での
            「ありがたみ」「幸福感」というのは
            感じて頂けるのでは、
            と思っています。

             

             

             

            少しお話が広くなってしまいますが、
            幸せというのは
            幸せだ、と感じること(幸福感)が
            大事だ
            と思っています。

             

             

             

            だからといって、
            「足るを知るが大切」とかいうことを
            言いたいわけではないのですが
            感謝、幸福感、というのが
            すごく人生にとって
            大きなエネルギーになるのではと

            思っていますので
            もしよかったら、

            試して頂けたらと思います。

             

             

             

            本当に長くなってしまいました。

             

             

             

            最後までお読みくださいましたあなた様
            本当にありがとうございます。

             

             

             

            あなたの、益々の自己実現と
            心からのお幸せを
            心より、お祈りしております!

             

            | - | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
            0
              潜在意識にアクセスして、心から望む現実を創造したい、あなたへ

              こんばんは。
              今回も、数あるブログの中から
              こちらにお越し下さいまして、
              本当にありがとうございます!

               

               

               

              さて、たとえば、何か解決したい問題や
              改善したい人間関係があって
              何かのセミナーや勉強会に参加して
              そこでのお話を聴いて、すごく感動して
              「あ、これなら私でも出来る!」
              と心から思えて
              「よーし、今度こそ変えられるぞ

              (解決・改善できるぞ)!」
              と思って、実践しようと決意していたのに
              結局、実践できなかった、
              というような体験って、
              ありませんでしょうか?

               

               

               

              もちろん、セミナーでなくて
              本を読んで、でもいいのですが
              セミナーだと、本以上に感動を伴っていたり
              それを実践して現状を好転できた、
              という方を実際に目にしたりするので
              「それができない自分って何なんだろう」とか
              「あれだけ感動したのに、

              それでもできないの自分って!?」
              という
              そのギャップにやられる(落ち込まされる)
              というのが大きいんじゃないかなと思うんですね。

               

               

               

              それがたとえば
              「自分ってこんなに意志が弱いのか!?」と
              自己嫌悪に行ってしまったり
              「もう、何をやってもダメなんじゃないか?」
              と自己疑念というか、
              諦めの気持ちが強くなってしまったり、
              という、そういう二次的なマイナスも
              呼び起こしてしまうんじゃないかなと思うんです。

               

               

               

              それで、なぜこの話をしてきたかと言いますと
              あくまで、IRMを実践してきて
              僕が経験、実感してきた中で

              感じた範囲内でのことなのですが
              上のようなことで、もし実践できなかったとしても
              それは、必ずしもあなたの意志が弱いから、

              ということではないと思いますし
              まして、何をやってもダメ、

              ということではないと思っていまして、
              それをお伝えしたくて、これを書いてきました。

               

               

               

              でも、いくらそんなことを言われたとしても
              「・・・とは言われてもね・・・」
              と思われるのでは、と思います。

               

               

               

              というのも、僕自身、
              今から10年以上前ですが
              「何か現実を改善できるものはないか?」
              といろいろ探していた人で、
              そういう思いをたくさんしてきたからです。

               

               

               

              その中で
              「今度こそは!」と思ったものでも
              全然うまくいかなかったりとか
              そういう経験をたくさんしてきましたので。

               

               

               

              なので、軽々に
              「お気持ち、わかります」
              なんていうことは言えないのですが
              すごく、そう感じたくなる気持ちは
              わかる気がするのです。

               

               

               

              でも、というか
              だからこそ、お伝えしたいのかもしれません。

               

               

               

              「もし、そういう経験を重ねていたとしても
              現実を根本的に好転することはできるんですよ」

               

              「そういう、

              現実を根本的に好転できる方法があって
              自分に取り組む気持ちがあれば
              それを身につけることはできるんです」


              「その方向に一歩足を踏み出すことは
              今すぐにでもできるんですよ」

               

              ということを、お伝えしたいのです。

               

               


              ではなぜ、
              「もし実践できなかったとしても
              それは、必ずしもあなたの意志が弱いから、

              ということではない」
              と思うのか(言えるのか)

              ということからお話ししていきますね。

               

               

               

              結論から先に言いますと
              「意志(顕在意識)の力ではとうてい歯が立たない
              “潜在意識”の部分でブレーキがかけられているから」

              という場合が考えられるから、です。

               

               

               

              「頭では言えばいいとわかっているんだけど、

              その一言が言えない」
              等というようなことはありませんか?

               

               

               

              おそらく
              「ある」という方が少なくないのではと思うのですが、
              それも、潜在意識の部分でブレーキをかけている場合が
              多いのではと思われます。

               

               

               

              ではなぜ、ブレーキがかけられてしまうのか?

               

               

               

              それは、潜在意識の部分で
              「それをしないこと
              (上の例で言えば、その一言を言わないこと)」が
              安全だと思っているからです。
              もう少し強調して言うと
              「それをしてはいけない」
              と思っているからです。

               

               

               


              潜在意識なので「思っている」というのは
              厳密に言うと少しおかしいのですが
              話をわかりやすくするために、便宜的に
              このように書かせて頂きますので、
              ご理解頂けましたら幸いです。

               

               

               

              でも、ここでズレが生じます。

               

               

               

              頭(意志、顕在意識)では
              「それをしたい」と思っているのに
              潜在意識で
              「それをしてはいけない」
              と思っている。

               

               

               

              たとえていうと
              顕在意識と潜在意識の

              「綱引き」が始まります。

               

               

               

              一説によりますと
              「意識のうちの約93%が顕在意識」、
              という説がありますので
              それでいきますと、

              7人対93人での綱引きとなり
              潜在意識の勝ちということがまず、

              考えられますね。

               

               

               

              先程「ブレーキ」と書きましたので
              車の運転に例えると
              顕在意識(やりたい)が「アクセル」
              潜在意識(してはいけない)が「ブレーキ」
              となります。

               

               

               

              実際の車の構造上、
              そういうことができるのかどうか

              わからないのですが
              先程の7対93で考えると
              10倍以上の力で

              ブレーキの方を強く踏んでいるので
              やっぱりブレーキの方が勝つと思われます。

               

               

               

              でも
              意志が強い人であればあるほど
              「絶対頑張るんだから!」というように
              頑張ってアクセルを

              踏むんじゃないかと思うんですね。

               

               

               

              でも、やっぱり
              潜在意識のブレーキの力には及ばず・・・
              というい場合が多いのでは、と思うのです。

               

               

               

              で、もし実際の車で
              そんなアクセルとブレーキの使い方(踏み方)

              をしていたら
              大変なことになるのではないでしょうか?

               

               

               

              エンジンが焼き切れちゃうんじゃないかと

              思うんですね。

               

               

               

              人で言えば、

              「燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)」
              という言葉がありますが
              実際の使い方とは違うかもしれないのですが
              状態としては、
              そういうことが

              起こってしまうんじゃないかなあと思います。

               

               

               

              なので、

              もしそういうことを繰り返していたとすると
              先程書いたような
              「もう何をやっても・・・・」
              という感じになってしまったとしても
              無理もないかなと思うのです。本当に。

               

               

               

              で、お話を戻しますが
              では、どうしたらいいのか?

               

               

               

              それには、潜在意識下の
              「それはしてはいけない」を
              手放すのが一番だと思います。

               

               

               

              「手放す」という言葉以外にも
              「書き換える」とか
              「無効化させる」とか
              いろいろな言い方はできるかと思うのですが
              私が実際に実践してきた中では
              「手放す」が一番、しっくりくる感じです。

               

               

               

              (ですが、あなたの一番しっくりくる言葉で
              読み換えて読んで頂けたらそれが一番だと思います。
              やっぱり、自分の一番入ってくる言葉って

              あると思いますので)

               

               

               

              潜在意識下の
              「それをしてはいけない」
              というような心の決めごとのことを
              IRMでは「価値観」と呼んでいますが
              「その価値観を手放す」ということです。

               

               

               


              「価値観」は、他にも
              「先入観」
              「固定観念」
              「決めつけ」
              「観念」
              「ビリーフ」
              「ブロック」等
              いろいろな言い方で呼ばれているかと思われますが
              大体、そのことを言っていると思って頂いて
              大丈夫と思います。

               

               

               

              そして、その
              潜在意識下の「価値観」に気づき
              手放すための具体的な方法が
              「感情学修」です。

               

               

               

              この感情学修を身につけたことによって
              この10年間、
              本当にたくさんの価値観に気付いて来れましたし
              手放してこられて、
              現実も好転できています。

               

               

               

              僕自身もそうですが
              他にも、たくさんいらっしゃいます。

               

               

               

              IRMを学んでいる方のブログ集が
              こちらのサイトになりますので
              もしよろしかったら、
              のぞいてみて頂けたらと思います。

              ブログ集「学びのツボ」

               

               

               

              そして、今なお、日々
              新たな価値観に気づき(見つけ)手放しては
              感謝・感動とともに
              現実好転の実感を味わっています。

               

               

               

              「一生ものの財産」
              という言葉がありますが
              本当に一生ものの財産だと思いますし
              それ以上に
              「一生ものの、力強い味方」
              だと思っています。

               

               

               

              本当にありがたいんですね。

               

               

               

              で、この感情学修という方法ですが
              基本、自分に向き合うことですので
              「自分に向き合うのはちょっと・・・」
              という方には、お薦めしておりません。

               

               

               

              また、誰かの力を借りて行うことではなく
              自分で行うことで、
              さらに、
              「何かものすごい人の、

              ものすごい力に頼ってどうこう」
              というものでもありませんので
              そういうのを期待される方にも
              お薦め致しかねます。

               

               

               

              なので、その意味で
              誰にでもお薦めできる
              というものではないのですが
              「自分の力で現実を根本的に好転したい・

              切り拓きたい」
              「一生ものの技術を身につけて、

              これから先の人生、
              自分が心から望むように創造していきたい」
              という方にはうってつけの方法だと思います。

               

               

               

              そして、今度の日曜日、8月18日に
              IRMの勉強会があります。

               

               

               

              ご都合によりキャンセルが入りましたたため
              只今、若干、残席がございます。

               

               

               

              もし
              「自分の力で現実を根本的に好転したい・切り拓きたい」
              「一生ものの技術を身につけて、これから先の人生、
              自分が心から望むように創造していきたい」
              という方がいらっしゃいましたら、
              それに向けての大きな大きな1歩になるかと思います。

               

               

               

              僕も、この勉強会から、すべては始まりました。

               

               

               

              あなた様が、この勉強会を皮切りに
              心から望む現実を自らの力で

              創造されていかれますことを
              心から、応援しています!

               

               

               

              8月18日の勉強会の詳細・お申込みは

              こちらです。

               

               

               

              最後までお読み下さいまして
              本当にありがとうございました!

               

               

               

              あなた様の、

              ますますの自己実現とご多幸を
              心からお祈りしています!

               

              | - | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
              0
                潜在意識にアクセスして現実を好転したい、あなたへ

                こんばんは。
                本日も、数あるブログの中から
                こちらにお越し下さいまして
                本当にありがとうございます!

                 

                 

                 

                今日は、潜在意識という観点から

                「なぜIRMで現実が好転するのか?」
                というお話をしたいと思います。

                 

                 

                 

                ただ、ひとくちに
                「現実が好転」といっても、
                すごく幅の広いものだと思いますし
                人それぞれで感じ方ってかなり違うかと思いますので
                あくまで、
                「いち、上野聡一朗が実感しているところの」
                ということでご理解頂けましたら幸いです。

                 

                 

                 

                で、本題ですが

                このブログで記事にしてきたことでも
                してきていないことでも
                本当に様々、IRMのおかげで現実が好転した、
                ということが、本当にたくさんありました。

                 

                 

                 

                なぜ「IRMのおかげで」と言えるかというと
                その、現実が好転するタイミングというのが
                IRMの代表的な現実好転の手法と言える

                感情学修で本当に浄化ができた後、
                というタイミングだから
                なのです。

                 

                 

                 

                ・・と聞くと
                「えー、たまたまじゃないの?」
                と思われる方もいらっしゃるかもしれませんし
                私自身、IRMをやっていなくて
                これを読んだとしたら、

                そういうふうに感じるかもしれないなと思います。

                 

                 

                 

                私自身が、10年以上前は、

                さまざまなセミナーに参加していた人で

                そういうのはよくチェックしていたものですので。

                 

                 

                 

                で、話を戻しますが
                あくまで私の実感のなかでのことですが

                たまたまとは思えないほど
                その因果関係がはっきりしているんですね。

                 

                 

                 

                感情学修で浄化→現実好転

                という因果関係が。

                 

                 

                 

                そこがはっきりしていることが
                私がIRMを好きで、

                続けている理由でもあるのですが
                浄化できたと思ったのに、現実好転しない、
                という時もあります。

                 

                 

                 

                それはどういうことかというと
                「自分で浄化できたと思っているだけで
                本当は浄化できていないんだよ」、
                ということの証
                なのです。

                 

                 

                 

                言い方を換えると
                現実が「まだ浄化できていないよ。
                浄化できるポイントが他にあるんだよ」
                ということを教えてくれている、
                ということです。

                 

                 

                 

                逆に言うと、そこの因果関係も
                明確なのです。

                 

                 

                 

                どこまでもどこまでも
                「そうじゃないよ」と
                現実が教えてくれるのです。

                 

                 

                 

                それはある意味、

                厳しく感じるものではあるのですが
                だからこそ、本当に浄化できた時の
                喜びがひとしおになるというか、
                そういう感じはあります。

                 

                 

                 

                ではなぜ、現実が好転するのか、
                ということを考えてみますと
                長く説明しようとするとすごく長くなってしまうので
                本当に短い言葉で説明すると
                「思考が現実化するという真理が働いているから」
                じゃないかなと思います。

                 

                 

                 

                どういうことかというと、まず
                「思考が現実化する」という真理がある、
                ということをご存じだという前提で

                お話しさせて頂きますね。
                (もし、「初耳だ」という方がいらっしゃいましたら、

                誠に恐縮ですが
                「思考が現実化する」

                で検索して頂けましたらと思います)

                 

                 

                 

                で、
                とはいっても、自分の現実を顧みてみて
                「こんなこと思っても考えてもいないよ!」
                ということって、

                あるんじゃないかなと思うんですね。

                 

                 

                 

                なのですが、私はやっぱり、

                このIRMを学んできた中で
                「思考は現実化する」は

                真理だなという実感をしてきています。

                 

                 

                 

                どういうことかというと、

                その「思考」というのが
                もちろん、顕在意識で思考していることもあるのですが
                潜在意識で思考していることが現実化している、

                と考えているんですね。

                 

                 

                 


                潜在意識なので

                「思考」というのは

                厳密にはおかしいのですが
                便宜上、わかりやすいかなと思いますので
                こういう書き方をさせて頂きます。
                ご理解頂けましたら幸いです。

                ちなみにIRMでは、この

                「潜在意識で思考していること」を

                「魂が望んでいること」

                とお伝えしています。

                 

                 

                 

                人の意識の約93%が

                潜在意識でできている、という説もあり、
                それでいくと
                ほとんどのことは顕在意識では意識できていない部分で

                行われているということであり
                だからこそ
                「こんなこと思っても考えてもいないよ!」
                ということが、現実になってきてしまっている、
                ということかもしれません。

                 

                 

                 

                で、
                「感情学修で浄化」というのは
                この
                「潜在意識(で思考していること)」
                にアクセスできるものだと思っています。

                 

                 

                 

                「なぜアクセスできると思うのですか?」
                と聞かれると
                「潜在意識(無意識)の産物である

                “感情”を入口にして感情学修を行うから」
                という理由になるのですが
                あくまで私の実感で言いますと
                「結果的に、そう考えるのが一番自然だと思うので」
                というところかなと思います。

                 

                 

                 

                感情学修で浄化、

                で何が起こるかというと
                「潜在意識で思考していることが書き換えられる」
                ということが起こっているのだと思われます。

                (繰り返しますが、あくまで私の感覚です)

                 

                 


                で、その

                 

                 

                 

                なので
                本当に浄化できていないと
                「潜在意識下で思考していることが書き換えられない

                =今までのまま」
                ということなので
                現実は好転しない、

                ということになるのだと思います。

                 

                 

                 

                で、
                しつこいくらいに繰り返しまして恐縮ですが
                あくまでこれは私の感覚で
                IRMを学んで実践していらっしゃる方のすべてが
                同じように感じている、

                というわけではないんじゃないかなと思いますし
                本当にこれが正しいとかいうことではありません。

                 

                 

                 

                あくまでも私の実感であり、

                いち考えですので、

                そのようにお読み頂けましたら幸いです。

                 

                 

                 

                ここまで、

                ひとわたりお話できたかなとは思うのですが
                どうしても抽象的なお話に

                終始してしまい、誠に恐縮です。

                 

                 

                 

                このブログの中で、

                今まで体験談もいろいろ記事にしていますので
                もし、深くお知りになりたいと

                思って下さる方がいらっしゃいましたら
                いろいろお読み頂けましたらと思います。

                 

                 

                 

                (特に「体験談」等でまとめていないので

                誠に恐縮です)

                 

                 

                 

                ページの一番最後に、
                「勉強会」のお知らせがありまして、8月は

                 

                もう人にふりまわされない!
                「感情科学」で自分らしさを取り戻す
                人間関係好転講座

                 

                というテーマになっているのですが
                また、あくまでも私の感じ方なのですが
                上で書きましたことの
                「現実好転のしくみ」を
                「人間関係好転」にフォーカスを置いてお話をする、
                というふうにお考え頂けたらと思いますので
                「人間関係以外のことで
                何か現実好転をしたいことがあって・・・」

                という方にも
                「参加してよかった!」と

                思って頂けるお時間になるのではと思っています。

                 

                 

                 

                残席も残りわずかとなっておりますので
                お早目のお申し込みをおすすめ致します。

                 

                 

                 

                最後までお読みくださいまして
                本当にありがとうございました!

                 

                 

                 

                あなたの、ますますの自己実現とご多幸を
                心から応援しております!

                 

                 

                 

                <メルマガやイベント等のご紹介です>

                 

                 

                毎朝届く、心のサプリ
                IRMのメルマガ
                「1日1分!
                自己肯定力を育てる感情科学メソッドIRM
                ☆自分がひろがる好きがふえる☆
                〜365日のメールレター〜 」

                は登録無料、解除もカンタンで
                「いつもメルマガありがとうございます」
                というご感想も多く頂く、
                たくさんの方に

                ご好評を頂いているメルマガです。

                 

                 

                 

                ご登録は、こちらからどうぞ♪

                 

                只今、9月1日のリニューアルに向けて

                メルマガはお休みさせて頂いています。

                9月1日の

                リニューアル、リスタートを

                お楽しみに!

                 


                 

                 

                 

                IRMを深く学ぶなら
                ブラッシュアップ勉強会。

                 

                 

                 

                ブログ等では伝えきれない、

                まさにあなたの気になる所に

                すごくフィットするお話等

                ためになることをたくさんお聴き頂ける、

                月に1回の貴重な機会です。

                 

                 

                 

                次回は8月18日(日)、
                東京都内で開催されます。

                定員は12名。
                 

                 

                 

                おひとりおひとりに
                よりフィットするお話をご提供するために
                少人数制とさせて頂いております。

                 

                 

                 

                詳細・お申込みは、

                こちらからどうぞ♪

                 

                 

                 

                 

                 

                最後の最後までお読み下さいまして

                本当に本当にありがとうございました!!

                 

                | - | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                0
                  保育園にお子様を預けられているお母様に、特に読んで頂ければと思う記事です。

                  こんにちは。

                  今回も数あるブログの中から
                  こちらにお越し下さいまして
                  誠にありがとうございました。

                   

                   

                   

                  今回は、よく紹介しています
                  IRMのメルマガの記事のシェアになるのですが
                  すごく良いお話しだと思ったのと
                  お役にたてて頂ける方も少なくないのでは、
                  と思ったので、シェアしようと思いました。

                   

                   

                   

                  で、タイトルにも書きましたが
                  保育園にお子様を預ける、
                  ということが中心のテーマになりますので
                  「あ、自分には関係ないな」
                  と思われる方もいらっしゃるかもしれないのですが
                  「人間関係」というワクで観て頂いたり
                  その本質の部分で考えて頂けましたら
                  何かしらリンクする所があるのではと思いますので
                  お読み頂けましたら幸いです。

                   

                   

                   

                  それでは、どうぞ。
                  (○○さん、には、メルマガ登録のお名前が入ります。)


                   

                  ===================

                  ○○さん
                  おはようございます(^^)

                  IRM認定インストラクターの
                  奥山リエ子です。

                   

                   

                  私は、長女が2歳になるころから、
                  小さな保育園に週1で預けていました。

                   

                   


                  お友達の紹介だったこともあり、
                  あまり詳しく話しを聞かずにいれたんです。

                   

                   

                   

                  まだほとんど喋れない時期。
                  娘は毎週行く時に号泣していました。

                   

                   

                   

                  迎えに行った時に、一目散に
                  私のところに駆け寄ってきたことが
                  ありました。

                  でも、慣れれば大丈夫かな・・・と
                  数ヶ月間通わせたんです。

                   

                   

                   

                  ある日、お隣に住んでいる方が、
                  その保育園で調理師として働き出したと
                  聞きました。

                   

                   

                   

                  そして、その保育園の保育の様子を聞いて
                  びっくり。

                   

                   

                   

                  1歳と2歳しかいないのに、
                  言うこと聞かないと
                  部屋の隅に立たせてこんこんとお説教。

                   

                   


                  思い通りに子ども達が動かないと
                  怒鳴ることもよくあるとか。。。

                   

                   

                   

                  その日に保育園をやめました。

                   

                   

                   

                  その日の夜、
                  長女に保育園もう行かないよと話して、
                  子守唄を歌ってあげたら

                  泣き出したんです。

                   

                   

                   

                  いままで我慢していた感情が
                  溢れたんですね。

                   

                   

                   

                  30分くらい、号泣でした。

                   

                   

                   

                  こんな小さな体に
                  たっくさん苦しい思いが
                  詰まっていのだと思うと
                  もう本当に長女に申し訳ない気持ちで
                  いっぱいでした。

                   

                   

                   

                  よく保育状況を確認しないで
                  いれたことを大反省し、

                  その時の保育士に対しての怒りや
                  自己嫌悪や恐怖など、
                  様々な感情に向き合いました。

                   

                   

                   

                  その結果、

                  私が今後どう子育てしたいのか
                  ということがよくみえてきたし、

                  保育士さんを鏡として観ることができ
                  娘には本当に申し訳なかったけど、
                  この体験から貴重なことを
                  学びとることができました。

                   

                   


                  昨日のメールレターに書いたように、
                  この後、次女を預ける時に
                  とても良いご縁をいただけたのは、
                  この時しっかり感情学修で
                  向き合えたからだと思います。

                   

                   

                   

                  さらに、この保育園に預ける前には、
                  仕事と育児の両立についての葛藤も、
                  子どもを預けることへの不安も、
                  感情学修で感情を浄化し、
                  自分なりの答えを見出しているんです。

                   

                   

                   

                  つまり。
                  子育てにまつわる、
                  預けることに対しての葛藤をそのままにして
                  どうするのか決めるのではなくって、
                  葛藤や不安や罪悪感などに向き合い、
                  その感情が教えてくれる自分にとっての
                  大切な答えを引き出してきた結果の
                  ご縁だったんです。

                   

                   

                   

                  もしかしたら、あなたの周りにも、
                  「なんて恵まれているんだ!」とか
                  「運がいいな〜」と思う方が
                  いるかもしれません。

                   

                   

                   

                  その人が私のように
                  感情学修をした結果として
                  そうなっている可能性は低いですが、
                  本人が自覚していなくっても
                  そういう状況を体験できる種を
                  持っていたということです。
                  (こっちから見たらすごくうらやましいけど、
                  本人は全然いいことだと思ってない
                  ということもありますしね。)

                   

                   

                   

                  なので、今、
                  なにか不安や葛藤を感じる
                  問題があるのであれば。

                   

                   

                   

                  あなたが体験したい現実を
                  意識的に引き寄せるために、

                   

                   


                  丁寧に感情に向き合っていくこと

                  つまり、

                  感情が教えてくれることを
                  丁寧に紐解いていくこと

                   

                   


                  が大切だと思うのです。

                   

                   

                   

                  そのステップが「感情学修」です。

                   

                   

                   

                  8/18の講座で、詳しくお話ししています。

                  希望者にはオープンセッションもありますよ。

                   

                   

                   

                  2019年8月18日(日)13:40〜16:40

                  ーーーーーーーーーーーーーーーーー
                  もう人にふりまわされない!
                  「感情科学」で自分らしさを取り戻す
                  人間関係好転講座
                  ーーーーーーーーーーーーーーーーー

                  詳細・お申し込みはこちら
                   

                   


                  最後までお読みいただき、
                  ありがとうございました。

                   

                   


                  奥山リエ子


                  ===================
                  1日1分!
                  自己肯定力を育てる感情科学メソッドIRM
                  ☆自分がひろがる好きがふえる☆
                  〜365日のメールレター〜
                  ===================

                  メルマガはここまでですが、
                  いかがだったでしょうか?

                   

                   

                   

                  (本文中、「昨日のメールレター」とありまして

                  それは読んで頂かなくても今回の内容には

                  特に差し障りはないと思うのですが

                  気になる方もいらっしゃるのではと思いますので、

                  追って、シェアできればと思っています)

                   

                   

                   

                  私はこの中の

                   

                   

                  よく保育状況を確認しないで
                  いれたことを大反省し、

                  その時の保育士に対しての怒りや
                  自己嫌悪や恐怖など、
                  様々な感情に向き合いました。

                   

                  その結果、

                  私が今後どう子育てしたいのか
                  ということがよくみえてきたし、

                  保育士さんを鏡として観ることができ
                  娘には本当に申し訳なかったけど、
                  この体験から貴重なことを
                  学びとることができました。

                   

                   

                  が、特にいいなあと思っていて

                  「わかる!」と思って、

                  それで、シェアさせて頂いたんですね。

                   

                   

                   

                  私の場合は、こういう時に、よく

                  この例でいえば保育士さんにあたる方に

                  感謝の念が湧いたりするんですね。

                   

                   

                   

                  「よくぞ見せて下さいました!

                  ありがとうございます!」

                  というような感じで。

                   

                   

                  あくまでも僕の感覚でして

                  今回の奥山さんの例にそのままあてはまるものでは

                  ないかもしれませんので、

                  その旨、ご理解頂けましたら幸いです。

                   

                   

                   

                  で、もし、保育士さんのこと等

                  直接の関係がなかったとしても

                  このブログをお読み下さっているあなた様でしたら
                  きっと、
                  さまざまな形で応用して考えて
                  ご活用頂けるのではないかと思っています。

                  少しでもお役に立てますよう
                  お祈りしています。

                   

                   


                  最後までお読み下さいまして
                  誠にありがとうございました。

                   

                   

                   

                  あなたの、益々のご多幸と自己実現を
                  心から応援しています!

                   

                   

                   

                  <メルマガやイベント等のご紹介です>

                   

                   

                  毎朝届く、心のサプリ
                  IRMのメルマガ
                  「1日1分!
                  自己肯定力を育てる感情科学メソッドIRM
                  ☆自分がひろがる好きがふえる☆
                  〜365日のメールレター〜 」

                  は登録無料、解除もカンタンで
                  「いつもメルマガありがとうございます」
                  というご感想も多く頂く、
                  たくさんの方に

                  ご好評を頂いているメルマガです。

                   

                   

                   

                  ご登録は、こちらからどうぞ♪
                   

                   

                   

                  IRMを深く学ぶなら
                  ブラッシュアップ勉強会。

                   

                   

                   

                  ブログ等では伝えきれない、

                  まさにあなたの気になる所に

                  すごくフィットするお話等

                  ためになることをたくさんお聴き頂ける、

                  月に1回の貴重な機会です。

                   

                   

                   

                  次回は8月18日(日)、
                  東京都内で開催されます。

                  定員は12名。
                   

                   

                   

                  おひとりおひとりに
                  よりフィットするお話をご提供するために
                  少人数制とさせて頂いております。

                   

                   

                   

                  詳細・お申込みは、

                  こちらからどうぞ♪

                   

                   

                   

                   

                   

                  最後の最後までお読み下さいまして

                  本当に本当にありがとうございました!!

                   

                  | - | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                  0
                    「ワ―、もう全部イヤだ!」となりそうな時に、考えてほしいこと

                    こんばんは。

                    今回も数あるブログの中から
                    こちらにお越し下さいまして
                    誠にありがとうございます。

                     

                     

                     

                    今回は、
                    「ものの観方を変えることで、

                    味方にする(味方になる)」
                    ということの一環となるような

                    お話をしたいと思います。

                     

                     

                     

                    先日、テレビを観ていたら、
                    ある芸能人の方が、
                    「辛い物を我慢して食べる企画」
                    というようなものをやっていました。

                     

                     

                     

                    その方は見事、食べ切ったのですが
                    司会の方に
                    「つらくなかったですか?」と聞かれて
                    「大変だったですけど、

                    今までの人生の中で一番苦しかったか?
                    というとそんなことはなかったので、

                    全然大丈夫でした」
                    と答えていました。

                     

                     

                     

                    それを観て
                    「この考え方、すごいな!」と思って
                    本当に感動しましたし、

                    その方を尊敬しているのですが
                    これは、普段の人生でも使えると思いました。

                     

                     

                     

                    というか、
                    普段からこのように考えている方も
                    少なからずいらっしゃるかと思うのですが。

                     

                     


                    目の前に厳しい状況があると
                    どうしても、

                    そのことだけに頭が行ってしまいがちになる

                    という方も多いのでは、
                    と思うのです。

                     

                     

                     

                    私自身、気をつけていないと
                    そういう傾向がありますので。

                     

                     

                     

                    で、そういう時に
                    「これって、今までの人生で大変だったことと比べて
                    それより大変なんだろうか?」

                    と自分の中で比較してみるようにしてみたんですね。

                     

                     

                     

                    そうすると
                    「あ、あれと比べたら、全然大丈夫じゃん」
                    と思えて、気持ちがスッと楽になる、

                    ということが何度もありました。

                     

                     

                     

                    私の場合、その、比べることというのが

                    学生時代に所属していたクラブで経験した

                    「合気道の合宿」で

                    本当にもう命が絶えそうになったのですが

                    「それと比べたら・・・」というふうに

                    考えています。

                     

                     

                     

                    「大変なこと」の種類は全然違うのですが

                    私の場合は、けっこうこれで

                    気持ちが楽になります。

                     

                     

                     

                    もちろん、だからといって
                    その「目の前の大変なこと」を

                    そのままにしておいていいとか
                    我慢し続けなければいけない、とか
                    そういうことをお伝えしたいわけでは

                    ありません。

                     

                     

                     

                    IRMでいえば、

                    感情学修をして浄化して
                    絶対安心・絶対幸福を

                    実感できるようになるまでに

                    していって頂ければと思うのですが
                    そういうこととは別に、
                    たとえば、

                    目の前に嫌なことがワーッと出てくると
                    突発的に感情的になって
                    「ワ―、もう全部イヤだ!」

                    みたいになってしまうことも
                    あるのではと思うのです。

                     

                     

                     

                    (私自身が、以前、本当にそうでしたので。
                    最近はなくなりましたが)

                     

                     

                     

                    そういうふうに感情的になって
                    何か感情的な行動をとってしまったりする前に
                    この「人生の中で一番かな」というのを
                    考えてみて頂けたら、ち

                    ょっと気持ちが落ち着く、ということも
                    あるのではと思ったんですね。

                     

                     

                     

                     

                    無論、それでも
                    「これ(今)が一番大変!」

                    ということもあるかもしれないのですが
                    その時は、もしよかったら

                    感情学修を試してみて頂けましたらと思います。

                     

                     


                    今日のお話はここまでです。

                     

                     

                     

                    もし何かあなたのプラスになりましたら幸いです。

                     

                     

                     

                    最後までお読みくださいまして
                    本当にありがとうございました。

                     

                     

                     

                    あなたの
                    益々の自己実現とご多幸を
                    心から応援しています!

                     

                     

                    <メルマガやイベント等のご紹介です>

                    (ブラッシュアップ勉強会の早割の期限は

                    本日8月4日(日)23時59分までです。

                    気になっている方はお早めに!)

                     

                     

                    毎朝届く、心のサプリ
                    IRMのメルマガ
                    「1日1分!
                    自己肯定力を育てる感情科学メソッドIRM
                    ☆自分がひろがる好きがふえる☆
                    〜365日のメールレター〜 」

                    は登録無料、解除もカンタンで
                    「いつもメルマガありがとうございます」
                    というご感想も多く頂く、
                    たくさんの方に

                    ご好評を頂いているメルマガです。

                     

                     

                     

                    ご登録は、こちらからどうぞ♪
                     

                     

                     

                    IRMを深く学ぶなら
                    ブラッシュアップ勉強会。

                     

                     

                     

                    ブログ等では伝えきれない、

                    まさにあなたの気になる所に

                    すごくフィットするお話等

                    ためになることをたくさんお聴き頂ける、

                    月に1回の貴重な機会です。

                     

                     

                     

                    次回は8月18日(日)、
                    東京都内で開催されます。

                    定員は12名。
                     

                     

                     

                    おひとりおひとりに
                    よりフィットするお話をご提供するために
                    少人数制とさせて頂いております。

                     

                     

                     

                    詳細・お申込みは、

                    こちらからどうぞ♪

                    (早割の期限は本日、

                    8月4日(日)23時59分までです。

                    気になっている方はお早めに!)

                     

                     

                     

                    最後の最後までお読み下さいまして

                    本当に本当にありがとうございました!!

                     

                     

                    | - | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                    0
                      「ネガティブ感情が湧く出来事」を「心豊かな人生の支え」に変えるための第一歩

                      こんばんは。

                      今回も数あるブログの中から
                      こちらにお越し下さいまして
                      誠にありがとうございます。

                       

                       

                       

                      さて、IRMでは、毎朝、
                      その日1日をより快適にお過ごしいただける
                      「心のサプリ」になるようなメルマガを
                      配信しています。

                       

                       

                       

                      私自身、
                      新たな気づきを頂いたり
                      「あ、そういうことがあるのか!」と
                      体験談を読ませて頂いて感動したり
                      毎日、プラスを頂いているのですが

                      その中で、昨日、

                      8月2日に配信されたメルマガが
                      特に感じる所がありましたので
                      シェアさせて頂きますね。

                       

                      (註)

                      「○○さん」のところには

                      登録したお名前が入ります。

                       

                      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


                      人生という山登りを

                      安心に快適に楽しむための【心の杖】とは?

                       

                      ○○さん
                      おはようございます(^^)

                      江渡由美です。


                      このメールレターを開封して下さり、
                      ありがとうございます。

                       

                      今日も、
                      大切な○○さんのために
                      お役立ちできることを願い、
                      心を込めてお届け致します。

                       

                      突然ですが、
                      ○○さんは、
                      山登りをされたことはありますか?

                       

                      私は、IRMファミリーの皆さんと
                      富士登山をしたことがあるのですが、
                      荒天のため、頂上まで登れずに、
                      7合目で引き返して下山をした
                      という経験があります。


                      初めての富士登山だったのですが、
                      「子供でも登れるくらいの山なんだから、
                      私だって大丈夫。」と、
                      高(たか)をくくっていた所がありました。


                      実際は…

                      7合目までしか行っていないのにも関わらず
                      私にとっては、かなりキツイものでした。

                       

                      ところで、
                      この登山を支えてくれたものの一つに、
                      ステッキ(杖)があります。


                      私はケチって、
                      一本しか準備して行かなかったのですが、
                      もう一本あればもっと快適な
                      山登りが楽しめたのになぁと、
                      今でも思います。

                       

                      人生を「山登り」だと
                      例えることがあるかと思いますが、
                      ○○さんは、
                      人生の山登りを
                      楽しんでいらっしゃいますか?

                       

                      ちなみに、ステッキ(杖)は携帯して
                      いらっしゃいますか?


                      私は、自分の登山経験からも、
                      ぜひ、ステッキ(杖)の携帯を
                      オススメします(*゜▽゜)ノ


                      人生という登山にオススメの杖は、
                      こちらです。

                       

                      ================

                      IRM開発者「幸田宗昌先生」からの
                      スペシャルメッセージ

                      ================


                      こんにちは、幸田です。

                      この尊いご縁に心より感謝します!

                       

                      今回は【心の杖】についてお話しします。

                       

                      「転ばぬ先の杖」
                      ということわざがあります。


                      杖はお身体が不自由な場合か登山などで
                      使いますね。

                       

                      IRMは「心の杖」のようなものだと
                      思っています。


                      心が病んだり不自由を感じた時には、
                      それ以上苦しまないための道具になり

                      もっと豊かで
                      幸せな自分を目指したい場合は、
                      目標に向かって進む時の障害を克服する
                      道具にもなります。

                       

                      いずれにしてもメンタルデトックスという
                      ネガティブな感情に
                      向き合うことになりますが、
                      本来なら向き合いたくないものですから
                      杖と同じく何かがないと
                      必要を感じないものかもしれません。

                       

                      近年、「未病」のために
                      サプリメントを飲む方も増えています。


                      病気にならないための知恵ですね。

                       

                      生命保険や傷害保険なども
                      病気や事故を起こした時の支えになって
                      くれるものとして加入しますが

                      あなたの心について、
                      サプリメントや保険になるようなものは
                      お持ちでしょうか?

                       

                      こうした観点から
                      あなたの人生にとって
                      IRMがお役に立てれば幸いです。

                       

                      (メッセージここまで)

                       

                      私は、IRMに出会い、
                      過去一番に悲しかった体験を、
                      過去一番に感謝できる出来事に
                      変えることができました。

                       

                      いつも、不安や孤独を感じていたのですが、
                      この感情も、
                      必要があって体験していることであり、
                      本質は絶対安心・絶対幸福なのだから、
                      「何があっても絶対に大丈夫」
                      と思えるようになりました。

                       

                      まだまだ、理想の自分には程遠いのですが、
                      自分の可能性を信じてみたいと
                      思えるようになりました。

                       

                      私は、IRMが大好きで、
                      これからも心の杖として、
                      いつかは夢や目標を叶える魔法のステッキ
                      として使えるようになりたいと思って
                      います。

                       

                      ○○さんも、
                      ぜひ一本いかがでしょうか?

                       

                      ここまでお読みくださり、
                      ありがとうございました。

                       

                      それでは今日も、
                      ○○さんにとって、
                      素晴らしい1日となりますように。

                       

                      江渡由美

                       

                      ===================
                      1日1分!
                      自己肯定力を育てる感情科学メソッドIRM
                      ☆自分がひろがる好きがふえる☆
                      〜365日のメールレター〜

                      ===================

                      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜^

                      メルマガは以上ですが
                      いかがだったでしょうか?

                       

                       

                       

                      それで、私が感じた所というのは
                      「心の杖」という部分です。

                       

                       

                       

                      筆者の江渡さんも

                      「IRMに出会い、
                      過去一番に悲しかった体験を、
                      過去一番に感謝できる出来事に
                      変えることができました。」

                      と書いていらっしゃいますが
                      私も、IRMのおかげで
                      生前、ものすごく迷惑をかけられたと思って
                      否定しきっていた姉のことを

                      肯定できるようなになったばかりか
                      感謝の念が湧いてくるようになる、
                      という真逆の感情を抱けるようになった、

                      という経験があります。

                       

                       

                       

                      その時のことをブログ記事にしたものが
                      こちらです。

                      ご家族のことでお悩みのある方には

                      特にお薦めしたいです。

                      あなたはもっと悲しんでいい


                       

                       

                      それだけではなく
                      大小、さまざまな場面で
                      「心の杖」のおかげで
                      私自身、毎日いろいろなことがあっても
                      心から絶対安心・絶対幸福を実感しながら
                      毎日を過ごせているのですが
                      なぜそうなれたかについて
                      改めて考えてみました。

                       

                       

                       

                      思い返してみますと
                      やはり、
                      「ネガティブな感情を

                      引き起こす出来事に向き合って
                      その感情を湧き立たせる価値観を見つけ、手放し
                      それをプラスに変えられるようになる」
                      という経験を積み重ねてこれたこと

                      大きかったんじゃないかな、と思います。

                       

                       

                       

                      あくまでも私の解釈ですが
                      「心の杖」は、元々
                      「ネガティブな感情を引き起こす出来事(人)」
                      だったと思います。

                       

                       

                       

                      言い換えると
                      「ネガティブな感情を引き起こす出来事(人)」も
                      IRMの技術を身につけることで
                      「心の杖」に変えることができる

                      ということです。

                       

                       

                       

                      毎日、過ごしていれば、大なり小なり
                      ネガティブな感情を引き起こす出来事は、

                      たくさんあるのではと思います。

                       

                       

                       

                      私もそうです。

                       

                       

                       

                      でも、そのひとつひとつが
                      自分の足を引っ張るようなことに

                      なっているのか、
                      それとも
                      「心の杖」に

                      なってくれているのかで
                      ずいぶん、変わってくる
                      のではと思うのです。

                       

                       

                       

                      おかげさまで、私は
                      「心の杖」にできているおかげで
                      本当にありがたい毎日を

                      過ごさせて頂いています。

                       

                       

                       

                      それも、本当に不思議なご縁で
                      IRMに出合い、

                      学ぶことができたからなのですが
                      だからこそ、この広い世界の中で
                      奇跡的にこのブログと出合って下さり
                      IRMを知って下さった方には、
                      そのよさを、

                      少しでも実感して頂けたらと思うのです。

                       

                       

                       

                      私自身、

                      「これに参加したおかげで

                      今の自分があるんだなあ」と思える
                      「IRMブラッシュアップ勉強会」や
                      「個人セッション」というものが

                      IRMを深く実感して頂く機会としましては

                      あるのですが
                      まず、お手近なところでおすすめなのが
                      冒頭にご紹介した、

                      毎朝配信のメルマガです。

                       

                       

                       

                      登録・配信無料で
                      登録手続き・解除もカンタン。

                       

                       

                       

                      その日1日を

                      より心地よく過ごして頂けるように
                      毎朝8時に配信しています。

                       

                       

                       

                      サッと読んで頂けるように
                      そんなに長くない

                      ボリュームになっています。

                       

                       

                       

                      ですが、体験談も豊富で
                      ご自身(あなた様自身)の

                      体験とリンクして、
                      そのままあてはめて考えて

                      活用できることも

                      あるかもしれません。

                       

                       

                       

                      もしよろしかったら、

                      試してみませんか?

                       

                       

                       

                      登録はこちらから。

                      1日1分!
                      自己肯定力を育てる感情科学メソッドIRM
                      ☆自分がひろがる好きがふえる☆
                      〜365日のメールレター〜

                       

                       


                      最後までお読みくださいまして
                      誠にありがとうございました!

                       

                       

                       

                      あなた様の、益々のご多幸と自己実現を
                      心から応援しています!

                       

                      | - | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE