0
    なぜ、こんなことが起こるんだろう?と思うことのある、あなたへ

    おはようございます。
    こんにちは。
    こんばんは。

    IRMエキスパートガイドの
    上野聡一朗です。

     

     

     

    お元気ですか?

     

     

     

    さて

    「なぜ、こんなことが起こるんだろう?」
    と思うことは、ありませんか?

     

     

     

    僕は、あります。

     

     

     

    ですが、前はただ「なんでだ!」と思って、
    何かイライラしてみたり、時には人にあたったり
    自暴自棄みたいになったりしていたものですが
    IRM、感情学修を学んでからは、

    そういうこともなくなってきました。

     

     

     

    何か思わぬことが起こって

    「わ!」となることはあります。

     

     

     

    でもそこから感情学修をすることで、
    「ああ、これに気づけと教えてくれてるのか」
    ということが明確にわかると、

    感謝の念が湧いてきます。
    感謝の涙も出てきます。

     

     

     

    この「感謝」というのがキーワードで
    僕の実感としましては
    感謝の念が湧いてくると、

    その「なんでこんなことが」は
    ほぼ、解決しているという感じです。

     

     

     

    それは、

    「なんでもかんでも感謝すればいい」

    ということではなくて
    「ああ、これを大切にできてなかったから、
    こういうことが起こったのね。
    そのことに気づけっていうことね」
    という、何かポイントがあるんですね。

     

     

     

    そのポイントが外れていると
    感謝といってもピンと来ない、

    という感じになります。

     

     

     

    逆に言うと、

    何か思わぬことがあった時には
    必ず何か気づく必要のあることがあって
    それに気づけたら感謝が湧いて、

    根本的に解消できる、
    というふうにもいえます。

     

     

     

    「問題と同時に答えも生まれている」

    ということは、聴いたことのある方も

    いらっしゃるかもしれませんが
    本当にそうなんだと思います。

     

     

     

    それに気づけるかどうか、

    ということなだけで。

     

     

     

    それを見つける方法が、

    感情学修です。

     

     

     

    他にも方法があるかもしれませんが

    体験的にわかっているのは

    これだけです。

     

     

     

    そして、身につけやすいように、

    「型」になっています。

     

     

     

    もし、

    「根本的に、現実を好転させたい」

    「根本的に、問題を解消したい」

    という方がいらっしゃいましたら

    ぜひ一度、試してみて頂けたらと思います。

     

     

     

    そして、
    IRM、感情学修の開発者、幸田先生に
    感情学修のことについていろいろ質問できたり
    実際に学び、実践している人の

    体験談が聞ける勉強会が
    1月20日(日)に開催されます。

     

     

     

    通常、参加費は12000円ですが
    今回、新春特別企画で、

    特別価格、10000円

    ご参加頂けます。

     

     

     

    さらに
    より少しでも採り入れて頂きやすくとの思いから
    無料メルマガ「IRMプレミアム通信」

    ご登録頂けましたら
    超お得、8000円でご参加頂けます!

     

     

     

    無料メルマガにも
    IRMや感情学修の学びのことが満載で
    大変お役立て頂ける内容になっています。

     

     

     

    無料メルマガ

    「IRMプレミアム通信」

    ご登録はこちらです。

     

     

     

    ぜひこの機会をお見逃しなく。

     

     

     

    1月20日(日)の勉強会の概要はこちらです。

     

     

     

    IRMブラッシュアップ勉強会

     

    日時   2019年1月20日(日)
        13時30分〜18時30分

     

    場所   ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2

     

    会費   10000円

    (メルマガ登録で8000円でご参加頂けます)

     

    定員 15名

    (より、おひとりおひとりに

    寄り添える内容にするため
    少人数制になっています)

     

    締切 1月16日(水) ※本日です!

     

     

     

    詳細、お申込みはこちらです。

     

     

     

    最後までお読みくださいまして
    誠にありがとうございました。

     

     


    IRMブラッシュアップ勉強会で

    お会いできますのを
    楽しみにしています。

     

     

     

    あなたの、

    ますますの自己実現とご多幸を
    お祈りし
    います。

     

     

     

    | - | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    0
      なぜ感情学修の習慣で現実が好転できるのか?

      おはようございます。
      こんんちは。
      こんばんは。

      IRMエキスパートガイドの
      上野聡一朗です。

      お元気ですか?

       

       

       

      今回は
      「なぜ感情学修の習慣で現実が好転できるのか?」
      というお話です。

       

       

       

      理由1
      自分自身にきちんと向き合う習慣がつくから。

       

       

       

      仕事でも、プライベートでも
      24時間365日「自分」というものが

      ついてまわりますよね。

       

       

       

      その「自分」が、
      何かを見たり聞いたりした時に、
      どういう受け取り方をするのか、
      どういう反応をするのか、がわかっていることが
      まず大事じゃないかな、と思うんですね。

       

       

       

      「こういう悩みがあった時は
      こう対処すればいい」
      というような、万人向けの対策で
      ピッタリはまれば良いと思うのですが
      なかなかそうもいかないんじゃないかなあ、

      と思うのです。

       

       

       

      本当に、その方おひとりおひとりによって
      それまでの経験も、

      価値観(こうあるべき、という自分なりの決めごと)も
      違うと思いますので。

       

       

       

      だからこそ、

      IRMのプログラムではマンツーマンで半年間、
      じっくり向き合う、

      というやり方なのですが
      「自分のトリセツ(取扱説明書)を

      作り、常備できる」
      という感覚かなと思います。

       

       

       

      それがあることで
      「あ、自分って、

      こういう時にはこう扱えばいいんだな。
      ちょっとトラブった時には、こうなんだな」
      と、冷静に対応できるようになると思います。

       

       

       

      自分自身や状況を、冷静に俯瞰して

      観られるようになるというか。

       

       

       

      そうなれると、

      すごく楽になれるんじゃないかなと思うんですね。

       

       

       

      理由2
      「自分を変えられる核」といえる

      「価値観」にアクセスできる習慣がつくから。

       

       

       

      本を読んで
      「こうすればいい」のは頭ではわかるんだけど
      「実際にやろうとすると、できない、

      勇気が出ない」等ということが
      あるんじゃないかなと思うのですが
      それは、頭でわかるレベルの所よりも深いところ

      (潜在意識レベル)で
      ガッチリと価値観を握りしめていて、

      往々にして
      「それ(頭でわかったこと)をやってはいけない、

      やったらエライことになる!」
      となってしまっているからだと思います。

       

       

       

      頭でわかるレベル(顕在意識レベル)では
      歯が立たないレベルなので、

      頭でわかっても行動できない(変われない)事が多い、
      というわけです。

       

       

       

      それが、感情学修ですと
      潜在意識レベルにある「感情」を

      入口にしていることと
      本当に深掘りをしていくので、

      潜在意識レベルの
      核の核たる「価値観」に

      アクセスできるようになるんですね。

       

       

       

      「価値観」にも何段階もあって、
      浅い、深いで言うと

      「浅い」部分の価値観もあるわけです。

       

       

       

      で、いくらその「浅い価値観」に

      アクセスできて浄化できても
      (価値観を手放せても)、

      核がそれより深い所にあって
      その深い方の価値観が手放せていなければ、往々にして
      やっぱり行動できない(変われない)

      ということになってしまうわけなんですね。

       

       

       

      そういう深い価値観まできちんとアクセスできるように
      プログラム中は6カ月の間インストラクターがついて
      深くまでアクセスできるように、寄り添って
      インストラクトしていくわけなんですね。

      IRM開発者の幸田先生で言えば

      過去30年以上、1万人以上の対面セッションの

      経験がありますため、

      深掘りのレベルも相当に深いのです。

       

       

       

      また、受講生の方は勉強会も

      永年無料になりますので
      勉強会でも、感情学修を学んでいる

      他の方のお話なども聞けて
      感情学修に、より磨きをかけることが

      できるシステムになっています。

       

       

       

      感情学修の習慣で、現実を好転させた方も
      たくさんいらっしゃいます。

      おかげさまでパートナーができ、

      今では幸せに過ごしています。
       

       

       

      今年こそは、
      本当に夢を叶えたい、
      目標を達成したい、
      現実を好転したい、
      気になることを解決したい
      というあなた、
      感情学修の習慣を、

      毎日の生活に採り入れてみませんか?

       

       

       

      そして、
      IRM、感情学修の開発者、幸田先生に
      感情学修のことについていろいろ質問できたり
      実際に学び、実践している人の

      体験談が聞ける勉強会が
      1月20日(日)に開催されます。

       

       

       

      通常、参加費は12000円ですが
      今回、新春特別企画で、

      特別価格、10000円

      ご参加頂けます。

       

       

       

      さらに
      より少しでも採り入れて頂きやすくとの思いから
      無料メルマガ「IRMプレミアム通信」

      ご登録頂けましたら
      超お得、8000円でご参加頂けます!

       

       

       

      無料メルマガにも
      IRMや感情学修の学びのことが満載で
      大変お役立て頂ける内容になっています。

       

       

       

      無料メルマガ

      「IRMプレミアム通信」

      ご登録はこちらです。

       

       

       

      ぜひこの機会をお見逃しなく。

       

       

       

      1月20日(日)の勉強会の概要はこちらです。

       

       

       

      IRMブラッシュアップ勉強会

       

      日時   2019年1月20日(日)
          13時30分〜18時30分

       

      場所   ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2

       

      会費   10000円

      (メルマガ登録で8000円でご参加頂けます)

       

      定員 15名

      (より、おひとりおひとりに

      寄り添える内容にするため
      少人数制になっています)

       

      締切 1月16日(水)

       

       

       

      詳細、お申込みはこちらです。

       

       

       

      最後までお読みくださいまして
      誠にありがとうございました。

       

       


      IRMブラッシュアップ勉強会で

      お会いできますのを
      楽しみにしています。

       

       

       

      あなたの、

      ますますの自己実現とご多幸を
      お祈りし
      います。

       

      | - | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
      0
        自分の「好き」を見つけて、いろいろなものにつなげる

        おはようございます。
        こんにちは。
        こんばんは。
        IRMエキスパートガイドの上野聡一朗です。

         

         

         

        お元気ですか?

         

         

         

        今回も
        IRMを極める5つの法則のお話です。

         

         

         

        法則4
        純粋動機で「オーダー」を出す。

         

         

         

        肯定することと満足することは違います。
         

         

         

        人間は誕生以来進化・成長し続ける存在ですので、
        過去の体験を肯定できたその先には、

        より高い理想を求めて常に
        「どうなりたいのか?」と問いかけてみて下さい。

         

         

         

        それも思考が現実化する真理法則が働き、

        思い続けることで
        実現するためのあらゆる現象を

        純粋動機の力で引き寄せるようになります。

         

         

         

        純粋動機とは
        「誰に何を言われようと、

        何が何でも絶対にこれをしたい」
        という強い動機のことです。

         

         

         

        感情学修で本当に浄化できると
        「こうしたい!」

        という気持ちが自然とわいてきます。

         

         

         

        それが純粋動機であれば
        「それをするためには、ああして、こうして・・・」
        と考えたりしなくても、

        自然とそれが叶えられる、
        とIRMでは言われています。

         

         

         

        また
        「あることが望めた、ということは
        その望みの半分がかなえられていることである」
        ともIRMでは言っています。

         

         

         

        「あとの半分は、自分の努力で叶える」

        ということですが
        そもそも叶えられないようなことは
        望むことさえできない

        (本気では望めない)、
        望めるということ自体が、

        それを叶えられる可能性があり、
        その半分はすでに叶えているのだ、

        ということです。

         

         

         


        ある程度年齢の行った大人が
        「じゃあ今から

        総理大臣になりたいと思ったらなれるのか」
        ということではありません。

         

         

         

        本気でなれる(なりたい)と

        思えているかどうか、というところが

        ポイントです。

         

         

         

        この「純粋動機」については
        「好き」という部分が

        とても大事なのではないかな、と思います。

         

         

         

        「好き」というと
        とても軽く聞こえてしまうかもしれませんが
        「好きこそものの上手なれ」

        ということわざもあるように
        「好き」ということには
        苦手だったものでも

        上手になれてしまうような力があると思うのです。

         

         

         

        もちろん「好き」だけで

        すべてが通せるかと言ったら
        そうは思いません。

         

         

         

        たとえば仕事で
        「好きなことだけしかやりたくない」
        と思ったとしても、

        仕事にもいろいろな側面があるわけで
        そうとばかりも思えないものも

        あるのではと思います。

         

         

         

        でも、それでも、その中で
        「好き」の枝葉を広げて、

        「好き」とつなげていったり
        それを純粋動機まで引き上げていく、

        ということは
        すごく大事なのではないかな、

        と思うのです。

         

         

         

        その、自分の本当の「好き」を見つけるためにも
        感情学修は有効です。

         

         

         

        「誰かにこう思われるから」
        「誰かがこう言ったから」
        「誰誰さんにこう思われたいから」
        というような、

        周りの人に左右されての、

        というような理由ではなく
        本当に自分がやりたいこと

        (好きなこと)を

        見つけられるようになるからです。

         

         


        最後までお読みくださいまして
        誠にありがとうございます。

         

         

         

        あなたにとって
        今日もハッピーな1日でありますように。

         

         

        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        IRMでは、月1回、

        勉強会を開催しています。

         

         

         

        次回は、2019年1月20日(日)
        会場はJR川崎駅すぐ

        ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2
        というところです。

         

         

         

        ご興味をお持ち下さった方は
        こちらの詳細をご覧ください。

         

         

        無料メルマガにご登録からのお申込みで

        参加費12000円のところ、

        8000円でご参加頂けます。

        お申込みの締切は1月16日(水)です。

         

         

         

        さらに、無料メルマガご登録の上

        1月6日(日)までの早割期間中でしたら

        6000円でご参加頂けます。

         

         

         

        大変お得になっていますので

        ぜひメルマガ登録、早割を

        ご活用頂けたらと思います。

         

         

        無料メルマガ登録は

        こちらからどうぞ。

        | - | 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
        0
          理想と現実のギャップを肯定的に受け入れる

          おはようございます。
          こんにちは。
          こんばんは、

          IRMエキスパートガイドの上野聡一朗です。

           

           

           

          お元気ですか?

           

           

           

          今回もIRMを極める5つの法則のお話です。

           

           

           

          法則3
          体験を「全肯定」する

           

           

           

          悩みやストレスの原因のほとんどは、

          「望むこと」と「起こってくること」との
          ズレ・ギャップから生じます。

           

           

           

          「こんな筈じゃなかった」「なんでこうなるの?」など、
          理想と現実の違いをまずは肯定的に受け入れることで、

          その先に拓ける未来の価値が変わってきます。

           

           

           

          現実は100%思考した結果ですので、

          否定したくない未来の創造には、
          今この瞬間から体験や人生を肯定できる

          思考習慣を育むことが肝要なのです。

           

           

           

          「理想と現実の違いをまずは肯定的に受け入れる」
          ということについて、

          僕自身、とても苦い経験があります。

           

           

           

          最初の就職先の学習塾で
          自分はもっとできるはずなのに
          そうなれない自分自身に怒り、落胆し、

          やめてしまいました。

           

           

           

          肯定的に受け入れるどころか
          超・否定していたんですね。

           

           

           

          否定からは否定が生まれる、と
          IRMでは言われていますが
          確かにその後、

          非常に否定的な、

          暗い気持ちの時期が続きました。

           

           

           

          今思うと、まず、理想の持ち方に
          問題がありました。

           

           

           

          「自分はもっとできるはず」
          という自信はどこから来るの?
          ということですね。

           

           

           

          家庭教師の経験はありましたが
          それも2人くらいで、
          学習塾(集団のお子さんに教える)の経験は
          ありませんでした。

           

           

           

          なのに
          そういう自信を持ってしまっていたんですね。

           

           

           

          たとえば学生時代にアルバイトで
          学習塾で教えていた経験があって
          ものすごくうまくいく経験しかしていないのに
          なぜか就職したとたんにうまくいかなくなった、
          ということなら
          「できるはずなのに」もわかります。

           

           

           

          でも、そういう経験もないのに
          そんな自信を持ってしまっていたわけです。

           

           

           

          自信の持ち方の誤りからくる
          理想の持ち方の誤り、
          ということですが
          その頃に、もし感情学修を知っていれば
          そこに気づけたんじゃないかなあ、

          と思います。

           

           

           

          そして、肯定的に受け入れることも
          できたんじゃないかなあと。

           

           

           

          「あ、この自信の持ち方っておかしいよな。
          要するに今、これくらいの実力なんだ」
          と素直に受け入れ
          「理想とするところはここで、
          その差を教えてくれてるんだな。ありがたいな」
          と肯定的に受け入れることも
          できたのでは、と思います。

           

           

           

          そして
          その差を少しずつ埋めて、
          本当の自信を身につけて、

          肯定的な未来(現実)を
          創造することもできたのでは、

          と思うのです。

           

           

           

          理想の持ち方のお話に

          なってしまいましたが
          理想と現実のギャップが起きた時こそ、
          つまり何か悩みが生じた時こそ
          理想の持ち方や、

          その理想の背景にある
          自分の思いに気づけて、それを修正でき、

          悩みを解消し、現実を好転できるチャンスだと

          思いますので、そこに意識を

          よくよく払ってみて頂ければと思います。

           

           


          最後までお読み下さいまして

          誠にありがとうございました。

           

           

           

          あなたにとって
          今日もハッピーな1日でありますように!

           

           

           

          ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

          IRMでは、月1回、

          勉強会を開催しています。

           

           

           

          次回は、2019年1月20日(日)
          会場はJR川崎駅すぐ

          ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2
          というところです。

           

           

           

          ご興味をお持ち下さった方は
          こちらの詳細をご覧ください。

           

           

          無料メルマガにご登録からのお申込みで

          参加費12000円のところ、

          8000円でご参加頂けます。

          お申込みの締切は1月16日(水)です。

           

           

           

          さらに、無料メルマガご登録の上

          1月6日(日)までの早割期間中でしたら

          6000円でご参加頂けます。

           

           

           

          大変お得になっていますので

          ぜひメルマガ登録、早割を

          ご活用頂けたらと思います。

           

           

          無料メルマガ登録は

          こちらからどうぞ。

           

          | - | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
          0
            存在の捉え方や体験の意義を望む方向に変えることができるようになる

            明けましておめでとうございます。
            IRMエキスパートガイドの上野聡一朗です。
            お元気ですか?

             

             


            昨年も1年間、本当にありがとうございました。
            今年も、何卒よろしくお願い申し上げます。

             

             

             

            今回も
            「IRMを極める5つの法則」
            のお話です。

             

             

             

            法則2
            出来事を心の「鏡」として観る

             

             

             

            自らが人生を創造しているという観点から
            あなたが認識している存在(他人)は全て
            あなたの五感及び心が創り出しています。

             

             

             

            ですから、ストレスや不幸を
            もたらす存在に出会った時には
            自分の心の「鏡」として出来事を観ることで
            存在の捉え方や体験の意義を望む方向に
            変えることができるようになります。

             

             

             

            あなたが「嫌だ」と思っているその相手は
            あなたが創り出している、ということです。

             

             

             

            なぜそのように思うのか、を
            つぶさに観察していくことです。

             

             

             

            それによって
            あなた自身の「価値観」

            見えてくるでしょう。

             

             

             

            たとえば、

            あなたがAさんに

            何かストレスを感じているという場合
            あなたの中にある
            「Aさんはこうあるべきだ」
            という思い(価値観)
            と反する行動を

            Aさんがしたから
            ストレスを感じている、

            というケースが

            少なくないのでは、と思います。

            (すごくざっくりとした言い方ですが)

             

             

             

            その時に、その
            「Aさんはこうあるべきだ」
            は本当に正しいと言えるのか、

            ということです。

             

             

             

            それを検証していくのです。

             

             

             

            検証する具体的な方法が
            感情学修というわけですが
            それによって、

            その価値観(決めつけ)を

            手放せるようになります。

             

             

             

            するともう、

            そのことでAさんにストレスを感じることは

            なくなるでしょう。

             

             

             

            その価値観を手放せるようになるために

            Aさんが存在してくれて

            そのことをしてくれていたんだ、と思えたら

            Aさんに感謝の気持ちまで湧いてきたり、

            その体験の意義が見えてくることでしょう。

             

             

             

            そうして、存在の捉え方や

            体験の意義を望む方向に変えることができるようになる、

            というわけです。

             

             

             

            最後までお読み下さいまして

            誠にありがとうございました。

             

             

             

            あなたにとって
            今年がハッピーな1年でありますように。

             

             

             

            そして、今日もハッピーな1日で

            ありますように。

             

             

             

            ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

            IRMでは、月1回、

            勉強会を開催しています。

             

             

             

            次回は、2019年1月20日(日)
            会場はJR川崎駅すぐ

            ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2
            というところです。

             

             

             

            ご興味をお持ち下さった方は
            こちらの詳細をご覧ください。

             

             

            無料メルマガにご登録からのお申込みで

            参加費12000円のところ、

            8000円でご参加頂けます。

            お申込みの締切は1月16日(水)です。

             

             

             

            さらに、無料メルマガご登録の上

            1月6日(日)までの早割期間中でしたら

            6000円でご参加頂けます。

             

             

             

            大変お得になっていますので

            ぜひメルマガ登録、早割を

            ご活用頂けたらと思います。

             

             

            無料メルマガ登録は

            こちらからどうぞ。

             

             

            | - | 07:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
            0
              価値観を手放すとは、自由な世界を手に入れるということ

              おはようございます。
              こんにちは。
              こんばんは。
              IRMエキスパートガイドの上野聡一朗です。

               

               

               

              お元気ですか?

               

               

               

              本年も1年、ありがとうございました。
              来年も、また何卒よろしくお願い申し上げます。

               

               

               

              今回は
              「IRMを極める5つの法則」
              のお話です。

               

               

               

              望むことと起こってくることを

              一致させる道を極めていく上で
              とても大切な5つの法則になります。

               

               

               

              法則1
              現実を「創造」している自覚を持つ

               

               

               

              人間は目(視覚)・鼻(嗅覚)・

              口(味覚)・手(触覚)などの感覚を通した
              心の反応によって外界を認識しています。

               

               

               

              つまり、各自固有の感覚によって

              自分の世界を創造している主とも言えるのです。

               

               

               

              そうした自覚を持つことから

              自己責任感が生まれ、
              結果として自らが望む体験を

              コントロールできるようになるのです。

               

               

               

              たとえば、とても嬉しいことがあった後は
              空がとても美しく輝いて見える、

              という経験はないでしょうか?

               

               

               

              普段とそう変わらない空でも、

              いえ、むしろ
              そんなに大したことない空でも
              「わあ、空ってこんなに

              素晴らしかったんだ」みたいな。

               

               

               

              これは、現実が、客観的な現実ではなく
              「あなたを通した現実」であるということの
              ひとつの証だと思います。

               

               

               

              空が美しく見えている分には
              自分が創造している自覚を強める必要は

              特にないように思うのですが
              何か、望まないことが起こった時にこそ
              このことを意識してみて頂けたらと

              思います。

               

               

               

              「自分の中のどんな価値観
              (こうでなければいけないという

              決めつけや固定観念)
              が働いて、このことに対して

              ネガティブな感情が出てるんだろう?」

               

               

               

              こんなふうに考えられる習慣がついたら
              すごく楽になるんじゃないかなと思います。

               

               

               

              ある出来事が起こって、
              それを嫌だと感じたとすると
              そこに、あなた固有の
              「〜しなければいけない」
              「〜してはいけない」
              「〜すべきだ」
              があって、その線を誰か他人または
              自分が踏んで(踏み越えて)

              しまっているから、といえます。

               

               

               

              楽器のギターにたとえると
              弦をピンと張っているから

              音が出るのであって
              だらんとしていれば、

              音は鳴らないですよね。

               

               

               

              「じゃあ何でもかんでも

              がまんしなきゃいけないんですか?」
              というお話ではなくて
              「がまんする」という概念も

              なくなってしまう、
              というお話です。

               

               

               

              価値観を手放す、というのは
              そういう自由な世界を

              手に入れる、ということでもあります。

               

               

               

              自由、といっても
              わがまま勝手に好き放題何でもやれる、
              ということではないですし
              自分が何かそういう

              無茶苦茶わがままな人になってしまう、
              ということでもありません。

               

               

               

              ヘンにがまんしたり

              感情的になったりすることが減りますので

              ストレスも減り、気持ちの上では
              それまでよりも

              わがままでなくなる可能性のほうが
              大きいように思います。

               

               

               

              そういう自分になれる具体的な方法が
              IRMであり、感情学修です。

               

               

               

              ここまでお読み下さいまして
              誠にありがとうございました。

               

               

               

              あなたにとって
              今日も最高にハッピーな1日でありますように!

               

               

              ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

              IRMでは、月1回、

              勉強会を開催しています。

               

               

               

              次回は、2019年1月20日(日)
              会場はJR川崎駅すぐ

              ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2
              というところです。

               

               

               

              ご興味をお持ち下さった方は
              こちらの詳細をご覧ください。

               

               

              無料メルマガにご登録からのお申込みで

              参加費12000円のところ、

              8000円でご参加頂けます。

              お申込みの締切は1月16日(水)です。

               

               

               

              さらに、無料メルマガご登録の上

              1月6日(日)までの早割期間中でしたら

              6000円でご参加頂けます。

               

               

               

              大変お得になっていますので

              ぜひメルマガ登録、早割を

              ご活用頂けたらと思います。

               

               

              無料メルマガ登録は

              こちらからどうぞ。

               

               

               

               

              | - | 07:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
              0
                「視点、前提を変えて観る」の「前提を変えて観る」のお話

                おはようございます。
                こんにちは。
                こんばんは。
                IRMエキスパートガイドの上野聡一朗です。

                 

                 

                 

                今回も数あるブログの中から
                こちらにお越し下さいまして
                誠にありがとうございました。

                お元気ですか?

                 

                 

                 

                今回は「視点・前提を変える」の
                「前提を変える」のお話をします。

                 

                 

                 

                これは、幸田先生が、
                幼児から小学生くらいの

                お子様をお持ちの親御様に
                子育て相談をされている中で

                お話しされたことですが、
                 

                 

                 

                「もし我が子が将来、

                天才や成功者、大金持ちになることが

                確約されていたとしたら、
                今と同じ子育ての仕方や

                お子さんへの接し方をするでしょうか?」
                 

                 

                 

                とお話しされたのです。

                 

                 

                 

                天才や成功者、大金持ちがいいというわけではなく、
                例えば、というお話ですので、

                そのように捉えて頂けましたら幸いです。

                 

                 

                 

                もしこのブログをお読みの方で
                子育てをされている方がいらっしゃいましたら、
                ご自分のことに置き換えて

                考えてみて頂けたらと思うのですが
                いかがでしょうか?

                 

                 

                 

                「変わらない」「変えない」

                という方もいらっしゃると思いますが、
                「変わるかもしれない」

                と思う方もいらっしゃるのではないかなと思うのですが

                いかがでしょう?

                 

                 

                 

                これが

                「前提を変える」

                ということなのですが
                何もこれは子育てに限ったことではなく、
                たとえば自分自身に対する観方にも

                応用できると思うんですね。

                 

                 

                 

                これもたとえばですが
                子供の頃から、親に、

                自分より「できる人」と比べられて
                「あなたは○○ちゃんよりできなくて、

                ダメねえ」等と言われて
                自分でも何かそういう

                セルフイメージを持ってしまって
                「できない自分」

                という前提で自分を観るのか
                (自分自身に接するのか)

                 

                 

                 

                そうでなくて、
                「人には無限の可能性がある」ということも
                よく言われていますが
                「無限の可能性を持つ存在」

                という前提で自分自身を観るのか。

                 

                 

                 

                もちろん
                「無限の可能性を持つ存在」

                という前提で自分を観たから
                今までできなかったことが

                急にできるようになるとか
                そういう魔法みたいなことが起こる、と

                いうわけではないと思いますが
                たとえば

                今までできなかったことへの取り組み方

                (心持ち)が変わってくるんじゃないかなあ

                と思うのです。

                 

                 

                 

                「できるわけないよ」から
                「もしかしたらできるのかもしれない」

                と思えるようになるとしたら
                それだけでも、気持ち的にかなり

                違ってくるんじゃないかなと思うんですね。

                 

                 

                 

                実行への推進力になったり。

                 

                 

                 

                そこから広がる可能性って

                すごく大きいんじゃないかなと思うのです。

                 

                 

                 

                ですので、もしよかったら
                「前提を変えて観る」を

                試してみて頂けたらと思います。

                 

                 

                 

                最後までお読み下さいまして

                誠にありがとうございました

                 

                 

                 

                あなたにとって、
                今日も最高の1日になりますよう、

                お祈りしています。

                 

                | - | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                0
                  視点・前提を変えて観る

                  おはようございます。
                  こんにちは。
                  こんばんは。
                  IRMエキスパートガイドの上野聡一朗です。

                   

                   

                   

                  今回も数あるブログの中から
                  こちらにお越し下さいまして
                  誠にありがとうございました。

                  お元気ですか?

                   

                   

                   

                  今回は
                  「視点・前提を変えて観る」
                  というお話です。

                   

                   

                   

                  先日の
                  「人生のシナリオライター講座」の
                  幸田先生のお話の中で
                  感情学修のコツとして
                  「視点・前提を変えて観ることが大切」
                  というお話がありました。

                   

                   

                   

                  たとえば、誰か嫌いな人がいる、という場合。

                  その嫌いな人をAさんとしましょう。

                   

                   

                   

                  たいていそういう場合、

                  Aさんの嫌いなところ、
                  イヤなところばかりが

                  気になるんじゃないかなと思うんですね。

                   

                   

                   

                  僕の場合ですと、

                  そういう傾向が強いのですが
                  あなたは、いかがでしょうか?

                   

                   

                   

                  で、そういう場合に
                  Aさんの家族とか友達とか
                  Aさんのことを好きだと思っている人、
                  いいなと思っている人のことを
                  思い浮かべてみるのです。

                   

                   

                  その人たちはAさんのことを

                  好ましく思っているわけです。

                   

                   

                   

                  そこで
                  「Aさんのどのあたりをみて
                  好きだと感じるんだろう?」
                  と思いを馳せてみる。

                   

                   

                   

                  「好きになるところなんてどこにもないよ!」
                  という考え方ではなく
                  純粋に
                  「どういう風に観て、

                  好きになっているんだろう?」
                  と想像してみるわけです。

                   

                   

                   

                  そこまで想像するのが大変な場合は
                  「Aさんのことを

                  好ましく思っている人もいるんだな」
                  と思ってみるくらいでもいいと思います。

                   

                   

                  そのことで、Aさんに対する感じ方が
                  ほんの少しずつでも、

                  前と変わってくる可能性があると思うんですね。

                   

                   

                   

                  Aさんのことを嫌ってはいけないとか
                  好きにならなければいけない、

                  と言いたいわけではありません。

                   

                   

                   

                  嫌いな気持ちって、

                  たぶん、あまり心地いいものじゃ

                  ないんじゃないかと思うんです。

                   

                   

                   

                  同じ職場だったり
                  どうしても常日頃近くにいるような
                  関係だったとしたらなおさら

                  そういう気持ちは

                  心地よくないんじゃないかな、と。

                   

                   

                   

                  「ああ、そういう人もいるんだなあ」
                  という新たな視点から観てみることで
                  苦しかったり、

                  こわばっていたりする気持ちが
                  少しでも和らいでくるんじゃないかなと

                  思うんですね。

                   

                   

                   

                  Aさんに対する感覚が、

                  それまでとちょっと違ってくるというか。

                   

                   

                   

                  それで、ちょっとでも

                  気持ちが楽になったり。

                   

                   

                   

                  僕自身も、仕事関係の方で
                  「この人はちょっとな・・・」

                  と思う人がいたのですが
                  (この方をBさんとしましょう)
                  視点・前提を変えて、観てみました。

                   

                   

                   

                  すると、かなり昔に、

                  Bさんのご家族の方と

                  お取引をさせて頂いたことがあったことを
                  思い出しました。

                   

                   

                   

                  ということは、

                  Bさんのお金も頂戴していた
                  =Bさんの働いた

                  エネルギーやら何やらが
                  お金という形を介して、

                  僕の血となり肉となっている、
                  というわけで、

                  Bさんのエネルギーが僕を構成している、
                  Bさんを否定することは

                  自分を否定することにつながるんだ、
                  みたいなことから、

                  かなりBさんについての

                  感じ方が変わってきた、
                  ということがありました。

                   

                   

                   

                  繰り返しますが
                  だからといって、

                  好きにならなければいけない、

                  と言いたいわけではないですし
                  そうなれなかったからといって

                  自分自身のことを責めたりとかは

                  絶対にしないで頂けたらと思います。

                   

                   

                   

                  今日のお話はここまでとなりますが
                  何か、お役に立てて頂けましたら幸いです。

                   

                   

                   

                  最後までお読み下さいまして

                  誠にありがとうございました。

                   

                   

                   

                  あなたの、益々の自己実現とご多幸を
                  心からお祈りしています。

                  | - | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                  0
                    新しい自分を創造する

                    おはようございます。
                    こんにちは。
                    こんばんは。
                    IRMエキスパートガイドの上野聡一朗です。

                     

                     

                     

                    今回も数あるブログの中から
                    こちらにお越し下さいまして
                    誠にありがとうございます。

                     

                     

                     

                    お元気ですか?

                     

                     

                     

                    今回は
                    「新しい自分を創造する」
                    というお話をします。

                     

                     

                     

                    僕自身の話になりますが、今思うと
                    「最初から、できていなくてはいけない」
                    というような価値観を

                    持っていたんだと思います。

                     

                     

                     

                    初めてやることでも
                    それがものすごく

                    上手でなければいけないとか
                    人並みにできなければいけない、

                    とか。

                     

                     

                     

                    中学生の時に体育の時間で
                    「剣道」の授業があって
                    面をつけるのに

                    ものすごく時間がかかってしまい
                    「家に持って帰って

                    面をつける練習してくるか?」
                    と言われたことがあるのですが
                    「嫌です」といって、
                    拒んだということがありました。

                     

                     

                     

                    今思うと、

                    持って帰って練習すればよかったのにと

                    思うのですが
                    何か、できない自分を認めるみたいで

                    嫌だったんじゃないかなと思います。

                     

                     

                     

                    最初からできていなければいけない、

                    という思いがあるから。

                     

                     

                     

                    でも、本当にそうでしょうか?

                     

                     

                     

                    たとえば、

                    あのサイクロン掃除機で有名なダイソンは、
                    第一号の完成品を作るまでに
                    5126個もの試作品を作った、

                    と言われています。

                     

                     

                     

                    つまり、5126個もの

                    「失敗作」を作ったということ。

                     

                     

                     

                    発明家のエジソン風に言えば
                    それだけの
                    「うまくいかない方法を

                    発見した成功をした」
                    ということになるのでしょうが
                    何が言いたいかというと
                    最初からうまくいったわけではない、

                    ということ。

                     

                     

                     

                    なので、必ずしも
                    最初からうまくいかなければ

                    いけないわけではない。

                     

                     

                     

                    最初。もしできなかったとしても
                    そこを基点に、

                    新しい自分を創造していく。

                     

                     

                     

                    こういうことでいいんじゃないかなと思って
                    最近は、いろいろなことに
                    取り組んでいます。

                     

                     

                     

                    そのために大切なのが
                    僕で言えば、感情的にならないこと。
                    冷静でいること。

                     

                     

                     

                    うまくいかなかったときに
                    「ああ!もう!」と感情的になると
                    もうそこで思考も行動も

                    ストップしてしまうので
                    そうならない。冷静に
                    次に着手する。

                     

                     

                     

                    そうして、

                    新しい自分を創造していく。

                     

                     

                     

                    新しい自分を創造できるという

                    希望をもって。

                     

                     

                     

                    僕はこんなふうに思って過ごしていますが

                    自分の価値観だったりクセだったりを

                    しっかり見つめて

                    対応する、ということが

                    やっぱり大事なんじゃないかな、と思います。

                     

                     


                    最後までお読み下さいまして

                    誠にありがとうございました。

                     

                     

                     

                    あなたにとって、

                    今日も最高の1日でありますように!

                     

                     

                     

                    =======================

                    <イベント情報>

                     

                     

                    ☆自分イキイキCafe

                     

                    カフェで、気軽に、感情学修のやり方を

                    学んで頂けます。

                     

                     

                     

                    上野主催の会は次回、

                    12月19日(水)

                    池袋にて、20時〜21時30分の

                    開催となっています。

                     

                     

                     

                    詳細はこちらです。

                     

                     

                     

                    ☆IRMブラッシュアップ勉強会

                     

                    IRMブラッシュアップ勉強会は
                    通常、12000円の参加費になっていますが
                    今「人生のシナリオライター講座」開講記念で
                    IRMプレミアム通信」(無料)にご登録頂ければ
                    半額の6000円でご参加いただけます。

                     

                     

                     

                    次回、IRMブラッシュアップ勉強会の

                    概要をお伝えします。

                     

                     

                     

                    【日時】
                    2018年12月16日(日) 13:30〜18:30


                    【会場】
                    ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2

                     

                    【参加費】

                    12,000円(税込)

                      ↓

                    新講座開設特別価格:
                    IRMプレミアム通信(無料)へのご登録
                    6,000円(税込)


                     

                     

                    【定員】
                    15名(予約制・先着順)
                    ※IRMプログラム受講生、修了生は参加費無料

                     

                    【お申し込み締め切り】
                    本日、12月12日(水)まで


                    お申込みはこちらからお願いします。
                     

                     

                     

                    あなたのお申し込み、ご参加を
                    楽しみにお待ちしております。

                     

                     

                     

                    最後までおつきあい下さいまして
                    本当にありがとうございました。

                     

                     


                    あなたの自己実現とご多幸を
                    心から応援しています。

                    | - | 08:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                    0
                      望みを叶える体質づくりの方法

                      おはようございます。
                      こんにちは。
                      こんばんは。
                      IRMエキスパートガイドの
                      上野聡一朗です。

                       

                       

                       

                      今回も数あるブログの中から
                      こちらにお越し下さいまして
                      誠にありがとうございます。

                       

                       

                       

                      お元気ですか?

                       

                       

                       

                      今回は
                      「望みを叶える体質づくりの方法」
                      というお話をします。

                       

                       

                       

                      ズバリ、それには
                      「決めたことを果たす」
                      を続けることです。

                       

                       

                       

                      僕自身、思うところあって

                      最近またこの
                      「決めたことを果たす」
                      を意識して実践いるのですが
                      いろいろ、いいことがあります。

                       

                       

                       

                      いわゆる

                      「シンクロニシティ」
                      というもので
                      望むことが起こってくることが
                      多くなりました。

                       

                       

                       

                      たとえば
                       

                      ・電話をかけようと思った相手から、

                      ちょうどそのタイミングでかかってくる
                       

                      ・何も言っていないのに、

                      欲しいなと思っていたものを

                      知り合いからプレゼントされる
                       

                      をはじめ、いろいろありました。

                       

                       

                       

                      これは
                      「自分が決めたことを、

                      自分で果たす」

                      ということによって
                      「望みは叶うんだ」

                      ということが
                      顕在意識や潜在意識の中に

                      刷り込まれてくる、
                      というのもあると思います。

                       

                       

                       

                      また、大きく言うと
                      「これをやります」と

                      決めたということは
                      「宇宙に宣言した」

                      ということにもなるので
                      宇宙との約束、とも言えます。
                      (宇宙=自分自身、

                      ととらえて頂いても構いません)

                       

                       

                       

                      その
                      「宇宙との約束」を果たすから
                      宇宙との信頼関係が強くなり
                      宇宙からのサポートが強くなる、
                      とも考えられるでしょう。

                       

                       

                       

                      逆に細かいところで言うと
                      やりますと決めたことをしない、

                      ということは
                      厳密に言うと

                      「嘘」をついていることになります。

                       

                       

                       

                      嘘をついている自分を
                      一番近くでわかっているのが

                      自分自身だということなので
                      自分自身の信頼を失う、

                      ということになり
                      自信を失う、

                      となるわけです。

                       

                       

                       

                      顕在意識的に

                      「自信喪失」という感じには

                      ならないとは思いますが
                      潜在意識的に、

                      そういう状態になってしまうと

                      言えるでしょう。

                       

                       

                       

                      何か、望みをかなえようという時に

                      そういう状態で行ったら
                      うまくいく可能性は低くなっていく、

                      と考えられる、というわけです。

                       

                       

                       

                      今、短くですが
                      いろいろな角度からお話してきましたが
                      要するに
                      「決めたことを果たす」

                      というのは
                      すごく効果のあることですし
                      意義のあることだと思います。

                       

                       

                       

                      本当に実感として、そう思います。

                       

                       

                       

                      ですので、

                      何か、叶えたいことがある、

                      という方や
                      「何か最近うまくいかないな」
                      「自信がなくなってるな」
                      という方は、

                      「体質づくり」という意識で

                      ぜひ、小さい所からでも
                      試してみて頂けたらと思います。

                       

                       

                       

                      大切なのは
                      「決めたことを果たす」を
                      習慣にすることです。

                       

                       

                       

                      ピンポイントで
                      このひとつだけやったら、
                      そういう体質になる、自信がつく

                      というようなことでは
                      決してありませんので
                      「習慣にする」を意識して
                      行ってみて頂ければと思います。

                       

                       

                       

                      最後までお読み下さいまして
                      誠にありがとうございました。

                       

                       

                       

                      あなたにとって
                      今日もハッピーな1日でありますよう
                      お祈りしています。

                       

                       

                      =======================

                      <イベント情報>

                       

                       

                      ☆自分イキイキCafe

                       

                      カフェで、気軽に、感情学修のやり方を

                      学んで頂けます。

                       

                       

                       

                      上野主催の会は次回、

                      12月9日(日)

                      池袋にて、15時〜16時30分の

                      開催となっています。

                       

                       

                       

                      詳細はこちらです。

                       

                       

                       

                      ☆IRMブラッシュアップ勉強会

                       

                      IRMブラッシュアップ勉強会は
                      通常、12000円の参加費になっていますが
                      今「人生のシナリオライター講座」開講記念で
                      IRMプレミアム通信」(無料)にご登録頂ければ
                      半額の6000円でご参加いただけます。

                       

                       

                       

                      次回、IRMブラッシュアップ勉強会の

                      概要をお伝えします。

                       

                       

                       

                      【日時】
                      2018年12月16日(日) 13:30〜18:30


                      【会場】
                      ミューザ川崎シンフォニーホール 会議室2

                       

                      【参加費】

                      12,000円(税込)

                        ↓

                      新講座開設特別価格:
                      IRMプレミアム通信(無料)へのご登録
                      6,000円(税込)


                       

                       

                      【定員】
                      15名(予約制・先着順)
                      ※IRMプログラム受講生、修了生は参加費無料

                       

                      【お申し込み締め切り】
                      12月12日(水)まで


                      お申込みはこちらからお願いします。
                       

                       

                       

                      あなたのお申し込み、ご参加を
                      楽しみにお待ちしております。

                       

                       

                       

                      最後までおつきあい下さいまして
                      本当にありがとうございました。

                       

                       


                      あなたの自己実現とご多幸を
                      心から応援しています。

                       

                      | - | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << January 2019 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE