0
    「自分は○○さんと比べて、△△な気がする」と思って、ネガティブになってしまうことのある、あなたへ

    こんばんは。

     

     

     

    唐突ですが、あなたは

    「○○さんと比べて、
    自分は△△な感じがする」というような
    思いがよぎったことはありませんか?

     

     

     

    △△には
    「不幸せな感じがする」とか
    「恵まれていない感じがする」
    「損している感じがする」
    などが入ります。

     

     

     

    僕自身のことでいいますと、

    かつてはそういうことが多々あり
    昔よりは減ったものの
    今でも時折あったりするのですが
    そういう思いがよぎった時に
    とても効果があるのでは

    と思ったお話が
    この前のIRMブラッシュアップ勉強会で
    開発者の方からありましたので
    お伝え致しますね。

     

     


    それは、こういうお話でした。

     

     

    =================

     

    たとえば、
    「誰かと比べて、自分は不幸せな感じがする」
    ということって、ありますよね。

     

     

     

    それは、誰かとの比較、

    相手に対してどうか、ということで
    自分の幸せが決まってくるという

    「相対」の世界のことなんですね。

     

     

     

    それで、この「相対」の世界は
    どうしても相手に左右されたりする世界なので
    不安定と言わざるを得ないのです。

     

     

     

    一方、その反対は、「絶対」の世界ですね。

     

     

     

    誰と比べてどうこうとかいう世界ではなく
    誰に何を言われようと
    自分が幸せだと思ったら幸せ、という世界です。

     

     

     

    「絶対」の世界は
    真理の世界であり
    法則の世界でもある、と言えます。

     

     

     

    「地球では重力が働いて絶対、

    上から下にものが落ちる」
    というように
    真理も法則も
    絶対的なもの、ということです。

     

     

     

    世の中には、大きく分けて、この
    「絶対」と「相対」の

    2つの世界があるわけですが
    何か出来事が起きて感情が揺れている時や
    そうでなくても
    普段、何か考えている時でも
    自分が「絶対」の世界にいる考え方を

    しているのか
    「相対」の世界にいる考え方に

    なっているのかを
    チェックすることが大切です。

     

     

     

    ===================

     

    と、このようなお話でした。

     

     

     

    (必ずしもこの通りの言葉を使って
    説明されたということでもないのですが
    内容としてはこういうことで、
    僕はこのように受け取りました)

     

     

     

    このお話を聞いて

    どのように感じられましたでしょうか?

     

     

     

    僕自身で言いますと

    このお話を聞いて、振り返ってみた時に
    「相対の世界の考え方になっているな(いたな)」
    ということが多々あったんですね。

     

     

     

    昔のことを考えても
    そんなに昔ではない、
    今に近い時のことを考えても。

     

     

     

    なので、これから、より気をつけて、
    自分がどちらの世界にいるかチェックして
    もし相対の世界にいるなと思ったら
    感情学修をして浄化をして
    絶対的な考え方の世界にいられるように
    修正しようと思いました。

     

     

     

    今回のお話は以上です。

     

     

     

    もし、お役にたてて頂けましたら幸いです。

     

     

     

    それでは、また次回、

    こちらのブログでお会いしましょう。

     

     

     

    最後までお読みくださいまして、

    本当にありがとうございました。

     

     

     

    あなたの、益々の自己実現とご多幸を
    心からお祈りしています。

     

     

    | - | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    0
      <緊急告知>つい感情に流されて、何か言ったりやったりして、後で後悔することのある、あなたへ 

      こんにちは。

       

       

       

      「イライラしちゃいけない!

      ってしっかり思っているのに
      つい、声を荒げてしまって、

      後から、何であんなこと言っちゃったんだろう、

      と思うことがある」

       

       

       

      「これは悪いことじゃないんだ、

      好転反応なんだ。いいことなんだ。
      ネガティブになっちゃいけないんだ、

      と心に刻みつけてるのに
      ついつい、悪い方悪い方に考えてしまう。

      そんな自分を自己嫌悪してしまう」

       

       

       

      というようなことはありませんか?

       

       

       

      そんなあなたに、朗報です!

       

       

       

      感情科学のエキスパートにして
      アマゾンから電子書籍

      「相手は関係ない」も出版されている
      元・薬剤師、

      現IRM認定インストラクターの
      奥山リエ子さん

      少人数様向けに、

      お茶会形式で

      リラっスクした雰囲気の中
      感情への向き合い方を、

      わかりやすく具体的に
      お伝えして下さる会が開催されます。

       

       

       

      その名も
      <感情科学 はじめの一歩
      〜これだけは知っていてほしい感情のお話〜>

       

       

       

      より少しでも
      ご参加頂きやすいように
      参加費はとってもリーズナブル!

       

       

       

      飲食代別途で
      1500円です!

      (会場は渋谷のカフェです)


       

       

      もちろん、知識だけでは追いつかないものって
      たくさんあるかと思います。

       

       

       

      実践しても
      なかなか結果にまで結び付かない
      ということもたくさんあると思います。

       

       

       

      でも、
      たとえば天気予報を見て
      「午後に雨が降るんだな」と“知って”
      朝方傘を持って出かけて
      雨にぬれずに済む、

      ということもありますよね。

       

       

       

      「知る」ということもまた
      自分の身を守る

      すごく大事な“すべ”だと思うのです。

       

       

       

      お申し込みの期限ですが

      資料作成の関係で
      ギリギリ、

      今日、5月18日(土)の

      20時まで

      お申し込みを受け付けているということですので
      ご興味のある方、またお時間の許す方は
      ご参加になって、知識をインプットして、
      これからの、より快適な毎日のために
      活かしてみてはいかがでしょうか?

       

       

       

      奥山さんの、
      4月に行われた

      <感情科学  はじめの一歩>
      についてのブログ記事
      を、

      この下に転記させて頂きます。

      参考にして頂けましたら幸いです。

       

       

       

      あなたの、ますますのご多幸と自己実現を
      お祈りしています。

       

       

       

      ↓ ↓ ↓

      こんにちは(^^)

       

      奥山リエ子です。

       

       

       

      4/21(日)に、

       

      ーーーーーーーーーーーーーーーーー

       

      これだけは知っておきたい感情の話!

      <感情科学はじめの一歩>

       

      ーーーーーーーーーーーーーーーーー

       

      のお茶会を開催しました(^^)

       

       

       

      だいぶ定員を上回る方々にお集まりいただき

      どうもありがとうございました!

       

       

       

      第2回目となる今回のテーマは

       

      【感情科学×東洋医学】

       

       

       

      ただですね・・・みなさんあんまり

      東洋医学の方には興味がなかったようで;^_^A

       

      ほぼほぼ感情科学のお話をしました。

       

       

       

       

      みなさんとても真剣にお話を聞いてくださって、

      普段から真摯にご自分に向き合われて

      いるんだなあと感じました。

       

       

      そうじゃないときっと参加しようと

      思わないですよね(^^)

       

       

       

       

      そして皆さんが関心があるのは

       

      「感情への向き合い方」

       

      でした。

       

       

       

      感情に対して具体的に、

       

       

      こう問いかけていくと必ず

       

      *根っこから浄化できる。

       

      *体験の意味がわかる。

       

      というような明確な「型」

       

      を求めていらっしゃるのかなとかんじました。

       

       

       

       

      みなさんはどうでしょうか?

       

       

       

      何か望まないことが起きた時、

       

      ネガティブな感情が起きた時、

       

       

      「こうすれば必ず

      ネガティブな感情を浄化でき、

      マイナスの体験をプラスの体験にできる!」

       

       

      という方法があったら、

      安心じゃないですか(^^)

       

       

       

      もしかしたら、

      そういう方法があることを

      知らなかった方もいらっしゃるかも

      しれません。

       

       

       

      そしてその方法は、ただなんとなく

      うまくいく人が多かったから

      ということではなくって、

       

      「どうしてそうなのか?」という

      論理がしっかりしている。

       

      のが感情科学・IRMなんです。

       

       

       

       

      いただいたご感想です↓

       

       

       

      ■話で印象に残っていること、得られた気づき

      今後に活かしていきたいことなど

       

      たくさんたくさんあるので書き切れるか

      わからないんですが、

      価値観に触れるまで「ネガティブな感情」を

      頼りに掘り下げていく。

      ネガティブは自己を理解するための大切なツールになるという事。

      これから湧いてくるネガティブが少し楽しみになりました。

       

      掘り下げていく時のメソッドがあって、

      それを活用すればするほど

      技術として体得していけるのも

      取り組みがいがありそうだと感じました!

       

       

       

      ■その他、本日のご感想、お気付きの点が

      ございましたらお願いします。

       

      りえこさんの空気感に包まれた

      とても居心地のいい時間でした。

      また参加したいです!

      今日はIRMの一部だけだったので、

      全部聞いてみたいです!

       

       

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       

       

      そうなんです。

       

      「型」があり、さらにそれに従って

      実践する過程で、どんどん技術、

      実力が身につくんです!

       

      感情を上手く使いこなせるようになったら

      ほんっとうに人生が変わりますよ(^^)

       

       

       

       

      「感情科学」をもとに、

      感情のしくみや掘り下げ方、

      二度と同じことを繰り返さない

      根本的な浄化の仕方を

      学んでいただくお茶会。

       

       

      また来月も開催します!

       

       

       

      次回のテーマは「魂」

       

       

      魂と感情って深〜いつながりが

      あるんですよ(^^)

       

       

      スピリチュアルなことが好きな方が、

      現実的に向き合うためにも、

      とっても役に立つはずです。

       

       

       

      少人数で質問など受け付けながら

      すすめます。

       

       

       

      感情について学んでみたい方、

       

      感情を上手にマネジメントしていきたい方、

       

      自分の感情と仲良くなって、

      より毎日楽しく幸せになりたい方、

       

      自分の魂と深く繋がって

      望む生き方をしたい方へ。

       

       

       

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       

      【感情科学×魂!】感情科学はじめの一歩

       〜これだけは知っていてほしい感情の話〜

       

       

      ■日時:

      2019年5月19日(日)14:00〜16:00 

       

       

      ■場所:

      渋谷BOOK LAB TOKYO

       

       

      ■参加費:

      1500円(飲食代別途)

       

       

      ■定員:

      5名

       

       

      ■お申し込み:

      こちらからお願いします。

       

      (その他にチェックしてイベントの日にちをご記載ください。)

       

       

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       

       

       

       

      ☆第一回目の様子・ご感想はこちら↓

       

      「これだけは知っておきたい感情の話!」

       

       

       

       

      今日もあなたにとって

       

      素晴らしい1日でありますように。

       

       

       

      IRM感情科学プログラム

      認定インストラクター

       

      奥山リエ子

       

       

      | - | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
      0
        「自分は甘く見られているんじゃないか?」と思ったりすることのある、あなたへ

        こんばんは。

         

         

         

        さて、仕事や、あるいはプライベートでも
        「自分は、もしかしたら
        甘く見られているのでは?」
        と思ったようなことはないでしょうか?

         

         

         

        実は、私は、昔からそう言う事がよくあるのですが
        今回は、特に
        そういうことに思い当たる節がある、
        という方にお役立て頂けるお話かと思いますので
        ご興味のある方はお読み頂けましたら幸いです。

         

         

         

        先日の、IRMブラッシュアップ勉強会で
        開発者の方によるオープンセッションがありました。

         

         

         

        その中で
        ある女性が、仕事で、スタッフの方が
        自分の思うように仕事をしてくれない、
        というような内容でご相談をされました。

         

         

         

        こう書きますと、何か
        「思い通りにしたい」

        みたいに思われるかもしれないのですが
        そういう感じではなく、
        「こういうことは大事にしようね」と全員で
        合意したことについて、

        誰もそれを守らない(行わない)
        ということで、
        「なぜこうなのだろう?」
        というような内容でした。

         

         

         

        そして、その方がふと
        「スタッフから甘く見られている気がします」
        とおっしゃった時のことです。

         

         

         

        開発者の先生が
        「それは、あなたがあなた自身のことを
        『甘く見ている』ということを
        スタッフの方が見せてくれているのですよ」

        という内容のことをお話しされたのです。

         

         

         

        「スタッフの方が『鏡』として

        見せてくれているのです」と。

         

         

         

        これを聞いて
        私自身が、すごく勉強になりました。

         

         

         

        先程
        「周りの人に甘く見られているということが
        昔からよくある」
        ということを書きましたが
        「私が、私自身のことを甘く見ていたのだ!」
        と思ったのです。

         

         

         

        たとえば
        「自分は不器用だから○○はできない」
        というようなことが多かったりします。

        機械いじりとか、パソコンのこととか。

         

         

         

        でも、その
        「自分は不器用だ」というのも
        なぜそういう思い込みができてしまったかというと
        子どもの頃に、たまたま何かがうまくできなくて
        親か友だちか誰かに
        「おまえは不器用だな」みたいに言われて
        それがたまたま何回か続いて
        「自分は不器用なのだ」と思い込んでしまった、

        というような感じなわけです。

         

         

         

        たまたまその時

        それができなかっただけで
        本当は不器用じゃなくて器用かもしれないのに
        その何回かのことだけで、あるいは
        誰かが言った一言で
        「おまえは不器用だ」と自分自身にレッテルを張り
        甘く見るというか、見くびり続けてきたんじゃないか、
        というふうに思ったんですね。

         

         

         

        「どうせおまえはそんなこともできない
        不器用でダメな奴だよな」というように、
        自分で、自分を甘く見続けてきた。

         

         

         

        その自分の姿を
        周りの友だちなりが
        私を甘く見る(なめる、バカにする)ことで
        見せてくれていた、
        鏡として映してくれていた、
        というわけです。

         

         

         

        そうして考えた時に
        本当に思い当たる節が次々とあり
        「ああ、それを見せてくれていたんだ」と
        すごく納得しましたし、
        私自身、浄化されたように思いました。

         

         

         

        そしてその、
        今までバカにしてくれていた人たちが、
        そういう自分の姿を

        見せてくれていたんだと思うと
        本当にありがたい、と思えてきました。

         

         

         

        私自身のことで言うと
        その「不器用」ということだけではなく
        いろいろなことで
        「○○だからできない」
        というのを思いがちになってしまうのですが
        それも多くは「自分のことを甘く見ている」
        という部分が大きいんじゃないかと
        今回のことで思ったので
        そういう思いが出てきたときはちゃんと観直して
        自分のことを甘く見ないで
        チャレンジしていきたいと思いました。

         

         

         

        なので、
        その、オープンセッションを受けて下さった方にも
        その方の周りのスタッフの皆様にも、感謝なのです。

         

         

         

        私の気づきを促して下さって
        本当にありがたいです。

         

         

         

        と、今回のお話はここまでとなりますが、
        まとめますと

        「周りから甘く見られているような気がする」
        という場合
        「自分で自分のことを

        甘く見ているということはないだろうか?」
        と、振り返ってみてほしいのです。

         

         

         

        「甘く見る」という言葉で

        あまりピンとこない感じでしたら
        「バカにする」
        「なめる」
        「コケにする」
        等、

        それに類するような別の言葉に言い換えて
        自問自答してみて下さい。

         

         

         

        いろいろ言い換えている中で
        「ピタッ」と来て
        「うわー(涙)」みたいに、
        琴線に触れる、

        みたいなことがあると思いますので。

        (涙が出ないと浄化ではない、

        ということではありませんので

        そんなにその部分は

        お気になさらないで頂けたらと思います)

         

         

         

        これは本当に実感するもので
        頭でわかるものではなくて
        実感で感じて頂くものだと思いますので
        もしよかったら、

        ぜひ試してみて頂けたらと思います。

         

         

         

        このお話が、もしお役に立ちましたら
        こんなに嬉しいことはありません。

         

         

         

        最後までお読みくださいまして
        誠にありがとうございました。

         

         

         

        あなたの、益々の自己実現と
        ご多幸をお祈りしています!

         

         

         

        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        只今、5月末日までの
        期間限定!メルマガ登録者様限定の
        スペシャルプレゼントをご用意しています!!

         

         

         

        それは・・・
        超スペシャル限定版PDF
        「自己肯定感が底上げされる
        太陽と月からのメッセージ
        〜忘れているかもしれない大事なこと〜」

         

         

         

        こちらを、5月末日まで、

        メルマガご登録の方に限り
        もれなくプレゼントさせて頂いております!

         

         

         

        正直、永久保存版だと思います!

         

         

         

        あくまでも個人的な感想ですが
        何かあった時、

        あるいはなくても

        ふとした時に読み返すと
        「ああ・・」と思わず声が出て、
        元気をもらえる
        、そんな感じがしました。

         

         

         

        これは、4月の勉強会の時に
        IRM開発者の幸田先生が

        講演された内容を基にしていますが
        それがさらに進化した感じに思えました。

         

         

         

        その、超スペシャル版PDFを
        5月末日まで

        メルマガにご登録下さった方に限り
        もれなく、さしあげます。

         

         

         

        もちろん、登録は無料ですし
        メルマガがあまり期待したような

        内容でないようでしたら
        解除もすぐ可能です。

         

         

         

        ぜひ、5月末日までの
        このチャンスをお見逃しなく!

         

         

         

        無料メルマガ

        「1日1分! 自己肯定力を育てる

        感情科学メソッド☆自分がひろがる好きがふえる

        365日のメールレター」

        登録フォームは
        こちらになります。

         

         

         

        最後の最後までお読みくださいまして
        本当にありがとうございました。

         

         

        あなたにとって、

        今日もハッピーな1日でありますように!

         

         

        | - | 21:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
        0
          5月末までの期間限定!スペシャルPDF無料プレゼントのお知らせ!!

          こんばんは。

           

           

           

          今日は、
          5月1日、令和の始まりから
          大幅にリニューアルした
          IRMのメルマガを
          特別にシェアさせて頂きますね!

          (スペシャルプレゼントのことは

          後の方に出てきますので

          もう少し、おつきあいください)

           

           

           

          それも、今朝、配信されたてのものです!

           

           

           

          では早速・・・と
          シェアの前に、
          何がリニューアルになったかについて
          少しだけ、話させて下さい。

           

           

           

          リニューアルポイント


          執筆陣がリニューアル!


          写真つきのメルマガになって
          さらに親しみやすくなった!


          毎日配信!


           

           

          他にもいろいろあるのですが
          特にこの「毎日配信!」
          というのが、ミソです。

           

           

           

          毎朝8時に配信されるのですが
          ボリュームもコンパクトで
          パッと読めます。

           

           

           

          それでいて、
          体験談も豊富で
          あなたの現実の場面に活かせる知恵や
          技術、考え方やものの観方も満載です!

           

           

           

          IRMや感情学修の知恵や考え方を
          あなたの好きな(学んでいる)

          メソッド、手法に毎朝活かして
          素晴らしい1日の始まりにしませんか?

           

           

           

          前置きが長くなりました。

           

           

           

          それでは、メルマガ本文を
          シェアしますね。
          (写真は都合により割愛させて頂いています。
          ご了承ください)

          ↓ ↓ ↓

          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

          【体験談】“自分をゆるすこと”

          を教えてくれたママ友〜前編〜

          ===================
          1日1分!
          自己肯定力を育てる感情科学メソッドIRM
          ☆自分がひろがる 好きがふえる☆
          〜365日のメールレター〜
          ===================


          ○○さん、おはようございます。


          江渡由美です(^-^)

           

          今日は、
          私の体験談をご紹介致します。

           

          昨日までにお伝えした、
          自己肯定感を高めるために大切な「力」
          のうちの二つ目、

          「起こったことを、肯定的に受け取る力」

          について、


          最近、
          ネガティブな感情を抱いてた相手を、
          肯定できた体験がありますので、
          お伝えしたいと思います。

           


          私には、1歳8ヶ月になる息子がいて、
          普段から仲良くしているママ友、
          Aちゃんがいます。

           

          私は、Aちゃんに対して、
          ある時から“不満”や“非難”の感情を
          持つようになりました。

           

          具体的には・・・


          ○Aちゃんは、節約したいと言っているのに
          色々とお金を使っている。


          ○メールの返信頻度が気まま。


          ○苦手なことができるようになるための
          努力をせず、人に頼ってばかりいる。


          ○人からどう思われるかを
          まったく気にしない。

           

          これらに対して、
          私はとても突っかかってしまい、
          Aちゃんに対してネガティブなエネルギーを
          向けるようになってしまいました。

           

          悪い人ではないと、
          頭ではわかっているのですが、
          感情が自動的に反応してしまい、
          Aちゃんと会う時には、
          “不満”や非難”を隠すかのように、
          変に気を使い、
          疲れるようになってしまいました…。

           

          こんな時には、『感情学修』をして、
          感情の浄化を図り、
          どんなギフトが与えられているのかを、
          探ります(^_^)

           

          ※感情学修:起こった体験について、
          丁寧に向き合い、観察するワーク。
          ネガティブな感情の出所である、

          “価値観”を特定し、
          感情の浄化、起こった体験の肯定を図り、
          自分へのギフトを引き出すことを目指します。
          “すべての体験には肯定的な意味がある”
          という観点から、その『価値』を見出せた時、
          それをギフトとして受け取れるのです。

           


          毎日、コツコツと向き合うこと3週間余り…


          (*^_^*)


          ようやく、答えが見つかりました!

           

          それは・・・

           

          “Aちゃんは、私ができないことを、
          いとも簡単にできてしまう・・・”

           

          そのことに対して、
          “不満”や“非難”を抱いていたのです。

           

          Aちゃんは、
          私が人目を気にしてできない言動を、
          それが当たり前であるかのように、
          まったく平気な顔でできるのです。

           

          私が普段から大切に守り、
          言動にできない様々なことを
          簡単にやってしまうAちゃんに対して、


          どうしてそんなことができるの?

          どうしてそんなことをしても許されるの!?


          と、Aちゃんの言動に文句を付け、
          そんなAちゃんが
          世の中でまかり通っていることに対して、
          許されてはならないと、
          非難を向けるようにまで
          なってしまったのですね(^_^;)

           

          ところで、

          どうして、私はそこまでAちゃんの言動に
          突っかかってしまっていたのでしょう…?

           

          『感情学修』では、
          感情を発生させる原因である、
          “価値観”までを
          深く観察していきます。


          “価値観”とは、
          その人固有の、《思い込みや決めつけ》
          のことをいいます。

           

          私の中の
          どんな《思い込みや決めつけ》が、
          “不満”や“非難”の感情を引き起こして
          いたのでしょうか…?

           

          ちょっと長くなりそうなので、

          続きはまた明日のメールレターで
          お伝えしたいと思います


          お楽しみに。

          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

           

           

          シェアはここまでです。

           

           

           

          いかがだったでしょうか?

           

           

           

          ちなみにこの続き(後編)は、

          明日(5月12日)の

          朝8時に配信です♪

           

           


          そして、只今、5月末日までの
          期間限定!メルマガ登録者様限定の
          スペシャルプレゼントをご用意しています!!

           

           

           

          それは・・・
          超スペシャル限定版PDF
          「自己肯定感が底上げされる
          太陽と月からのメッセージ
          〜忘れているかもしれない大事なこと〜」

           

           

           

          こちらを、5月末日まで、

          メルマガご登録の方に限り
          もれなくプレゼントさせて頂いております!

           

           

           

          僕も読みましたが、
          ハッキリ言って、永久保存版です!

           

           

           

          あくまでも個人的な感想ですが
          何かあった時、

          あるいはなくても

          ふとした時に読み返すと
          「ああ・・」と思わず声が出て、
          元気をもらえる
          、そんな感じがしました。

           

           

           

          これは、4月の勉強会の時に
          IRM開発者の幸田先生が

          講演された内容を基にしていますが
          それがさらに進化した感じに思えました。

           

           

           

          その、超スペシャル版PDFを
          5月末日まで

          メルマガにご登録下さった方に限り
          もれなく、さしあげます。

           

           

           

          もちろん、登録は無料ですし
          メルマガがあまり期待したような

          内容でないようでしたら
          解除もすぐできます。

           

           

           

          ぜひ、5月末日までの
          このチャンスをお見逃しなく!

           

           

           

          無料メルマガ

          「1日1分! 自己肯定力を育てる

          感情科学メソッド☆自分がひろがる好きがふえる

          365日のメールレター」

          登録フォームは
          こちらになります。

           

           

           

          最後までお読みくださいまして
          誠にありがとうございました。

           

           

           

          あなたの、ますますの自己実現と
          お幸せを、心より応援しています!

           

          | - | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
          0
            志した道を断念して、自分を肯定しにくくなっている、あなたへ(3)〜仕組みの大切さ〜

            こんばんは。

             

             

             

            自信や自己肯定感と

            「決めたことを果たす」

            というお話の3回目。

            今回がまとめになります。

             

             

             

            前回

            「自分の中の自分Aと自分B」

            のお話をしましたが

            決めたことを、1回だけではなく

            何回もずっと果たし続けていると

            「あ、自分Bって、なかなか

            信じられるじゃないか」

            という風に、自分Aが自分Bのことを

            見直してくるんですね。

             

             

             

            言い換えると

            「自分自身と結んだ約束を守り続けることで

            自分のことを信じられるようになる」

            となります。

             

             

             

            自分のことを評価できるようになって

            自分を肯定できるようになる、

            自己肯定感は上がる、

            というわけです。

             

             

             

            そのために大事なのが

            前にも書きましたが

            ハードルを高くしすぎないこと。

             

             

             

            「○○を毎日する!」の

            ○○が大変なことだったりすると

            それこそ3日坊主になって

            逆に自信を失わせる材料に

            なってしまったり。

             

             

             

            なので、

            今の自分に、

            少し負荷をかけるくらいの感じで

            設定します。

             

             

             

            もう一つ大事なのが

            決めたことを果たし続けやすくなるような

            「仕組み」を作ること。

             

             

             

            ちょっとイメージしてみて下さい。

             

             

             

            たとえば

            「毎日、5分だけジョギングする」

            と決めたとします。

             

             

             

            もしジョギング用のウエアが

            クローゼットのものすごく奥の方に

            しまいこんであって、

            「出すのにも一苦労!」

            だったとしたらどうでしょう?

             

             

             

            もう、走る気なくなるんじゃないかと

            思うんですね。

             

             

             

            なので、たとえば

            すぐ目につく所にウエアを置いておく、

            とか

            シューズも「見える収納」にしておくとか。

             

             

             

            あるいは、

            「この時間はジョギング!」と

            時間で決めてしまうとか。

             

             

             

            何でもいいと思いますが

            取り組みやすくなる「仕組み」「知恵」が

            とっても大事です。

             

             

             

            私自身も

            「毎日100円、貯金箱に入れる」

            を果たし続けていた時、

            「貯金箱のそばに100円を積んでおく」

            という「仕掛け」をしたとたん、

            果たし続けられるようになりました。

             

             

             

            「決めたことを果たす」

            を実践される際は

            参考にして頂けたらと思います。

             

             

             

            そして、さまざま

            自己肯定感を上げられる

            具体的な方法や知恵を

            豊富に取り入れて頂けるのが

            IRMブラッシュアップ勉強会です。

            (5月勉強会は

            本日5月8日が締切です)

             

             

             

            ライブでのお話は

            また一味違いますので

            よかったら、ぜひ足をお運びくださいね。

             

             

             

            最後まで読んで下さいまして

            誠にありがとうございました。

             

             

             

            それでは、また。

             

             

             

             

             

             

             

             

            | - | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
            0
              夢を諦めてしまって、自己肯定感を持ちにくくなっている、あなたへ(2)〜二人の自分〜

              こんにちは。

               

               

               

              前回の続きで、
              「決めたことを果たし続けると、
              なぜ自己肯定感が上がるのか」
              について書きますね。

               

               

               

              それは
              「自信がつく」
              からです。

               

               

               

              あ、ちょっと
              唐突過ぎたでしょうか?

               

               

               

              ちょっとイメージしてみて下さい。

               

               

               

              何かで、自分に自信がついたら
              自己肯定感も
              上がりそうな感じがしませんか?

               

               

               

              何か、
              上がりそうな気がしますよね。

               

               

               

              そうなんです。
              自信と自己肯定感は
              とても密接に関係しているんですね。

               

               

               

              そう聞くと
              「それはわかったけど、
              決めたことを果たすのと、
              自信と、どう関係があるの?」

              と思ったかもしれません。

               

               

               

              自信って、
              「自分を信じる」って書きますよね。

               

               

               

              なので、
              自信が持てる、というのは
              言い換えると
              「自分という人を、
              信じるに足る人間だと思える」

              ということになるかと思うんですね。

               

               

               

              自分の中に二人いる、
              みたいな感覚です。

               

               

               

              たとえば
              「ダイエット、今年は諦めないで
              絶対続けるぞ!」
              と決心した自分と、
              実際には
              3日で断念してしまった自分、
              という感じで。

               

               

               

              こういう感じの「2人の自分」を
              今まで自分の中に感じたことも
              あるんじゃないかなと思うのですが
              (僕もあります)
              決心した自分を
              「自分A」
              断念した自分を
              「自分B」
              というふうにイメージしてみて下さい。

               

               

               

              もちろん、同じ一人の自分なのですが
              「どうもこの自分Bというのは
              信じられないやつだぞ」
              と自分Aが思っている、
              という状態が
              「自信を失くしている」
              という状態
              なんじゃないかなあと
              思うんですね。

               

               

               

              僕自身の過去の体験
              (うまくいかなかった体験)
              から考えても。

               

               

               

              なので
              自信を持つ
              =自己肯定感を上げるのには
              この、自分Aと自分Bとの間の
              信頼関係をいかに良好にするか
              (回復するか)ということが
              とても大きなポイントに
              なってくる
              んじゃないかなと
              思うんですね。

               

               

               

              そして、それとどう
              「決めたことを果たす」
              「果たし続ける」が
              関係しているのか、
              ということなのですが
              長くなってきましたので
              続きは、

              次の回で書きたいと思います。

               

               

               

              最後まで読んで下さいまして
              本当にありがとうございました。

               

               

               

              あなたの自己肯定感が上がって
              幸せな時間が今より少しでも
              増えることを、願っています。

               

               

               

              それでは、また。お元気で。

               

               

               


              こういう、毎日の生活にお役立て頂ける情報を
              本日、5月1日よりリニューアルしました

              IRMのメルマガで、
              毎日、配信致します。

               

               

               

              登録無料です。
              あまり思うようなものでありませんでしたら
              すぐ解約もできますので
              もしよかったら、
              ご登録頂けましたら幸いです。

               

               

               

              ご登録はこちらまで。

               

               

               

              | - | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
              0
                夢を諦めてしまって、自己肯定感を持ちにくくなっている、あなたへ

                こんばんは。

                 

                 

                 

                せっかく夢を抱いて、
                数々の難関をくぐり抜けて
                その道を踏み出したのに、
                そして、最初は毎日がものすごく楽しくて
                本当に幸せな毎日だったのに
                様々なことがあって、
                夢を諦めてしまったのですね。

                 

                 

                 

                私にもそういう経験がありますが
                本当につらいですよね。

                 

                 

                 

                目の前が真っ暗に

                なったんじゃないかと思います。

                 

                 

                 

                自己肯定感を持ちにくいどころか
                自己否定のかたまり、
                みたいになっているんじゃないか、
                と思います。

                 

                 

                 

                軽々しくは言うのはいけないんだと思いますが
                そのお気持ち、
                とてもよくわかる気がします。

                 

                 

                 

                でも、そうはいっても、
                自己肯定感を持ちにくい、とか
                自己否定のかたまりになっているような状態だとしたら
                それはやっぱり
                かなりつらいんじゃないかと思うのです。

                 

                 

                 

                もしそういう状態だとしたら、あなたには
                少しでも早くそこから
                抜け出してほしいと思うので
                私が学んで、効果があると思う
                IRMに触れてきた中で学んだ
                「自己肯定感を上げられる
                具体的な方法」で、

                特に効果のあったものをお伝えしますね。

                 

                 

                 

                それは
                「自分で決めたことを果たす」
                そして
                1日だけで終わらせないで
                「毎日、決めたことを果たし続ける」
                「習慣づける」

                という方法です。

                 

                 

                 

                それも、最初のうちは
                そんなに大きな、
                立派なことでなくていいです。

                 

                 

                 

                というか、たいそうなものでない方が
                良いと思います。

                 

                 

                 

                最初から気合いを入れ過ぎてしまうと
                「決めたけど、果たせない」
                という感じになって、また
                自己肯定感を持ちにくい
                という状況になってしまうおそれが
                ありますので。

                 

                 

                 

                といっても、
                「毎日、歯を磨く」とか
                普段行っていることでも
                効果は期待できないように思います。

                 

                 

                 

                そうでなくて、
                「ちょっと普段より努力すれば
                手が届きそうかな・・・」
                くらいのことで、
                設定するのが良いと思います。

                 

                 

                 

                効果が期待できる、とは
                言いましても、
                普段より自分に負荷をかけることなので
                その分、大変になるかと思うのですが
                私の経験上、
                本当に効果のあったものなので
                ぜひ、実践してみて頂けたら
                嬉しいです。

                 

                 

                 

                なぜ効果があるのか等については
                次の回で書きたいと思います。

                 

                 

                 

                最後まで読んで下さいまして
                本当にありがとうございました。

                 

                 

                 

                あなたの自己肯定感が上がって
                幸せな時間が今より少しでも
                増えることを、願っています。

                 

                 

                 

                それでは、また。お元気で。

                 

                 

                 


                こういう、毎日の生活にお役立て頂ける情報を
                IRMのメルマガでは、
                元号の改まる5月1日よりリニューアルしまして
                毎日、配信する予定になっています。

                 

                 

                 

                登録無料で、
                あまり思うようなものでありませんでしたら
                すぐ解約もできますので
                もしよかったら、
                ご登録頂けましたら嬉しいです。

                 

                 

                 

                ご登録はこちらまで。
                 

                 

                 

                | - | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                0
                  自己肯定感と関係する、太陽と月のお話

                  こんばんは。
                  IRMエキスパートガイドの上野聡一朗です。

                   

                   

                   

                  今回も数あるブログの中から
                  こちらにお越し下さいまして
                  誠にありがとうございました。

                  お元気ですか?

                   

                   

                   

                  さて、先日、日曜日に、

                  IRMブラッシュアップ勉強会が開催されました。
                   

                   

                   
                  エキスパートガイドの体験談、

                  認定インストラクターの奥山さんのお話、
                  オープンセッションでの幸田先生のお話と、
                  興味深いお話がたくさんだったのですが、
                  その中でも、特に印象的だったのが、

                  幸田先生の「太陽と月」のお話でした。
                   

                   

                   
                  そのお話を、僕は、こういうふうに解釈しました。

                   

                   

                   
                  月は、満月だったり半月だったり
                  三日月だったり、それぞれ色々形を変える。

                   

                   

                   
                  でも、三日月を見て、
                  月の本当の形があの形なのだと思う人はいない。

                   

                   

                   
                  それと同じように
                  自分自身が、何か自信がなくなったり、
                  欠けているような感覚に感じたとしても
                  それを、自分の真の姿だと思う必要はない。

                   

                   

                   
                  月が、光(太陽)の当たり具合によって
                  三日月だったり半月だったり、

                  満月から比べると

                  欠けているように見えているだけで
                  実際にその形になってしまったわけではないのと

                  同じように、
                  自分自身も、

                  何か欠けてしまっているわけではない。
                   

                   

                   
                  光(価値観)の当たり具合によって
                  自分自身が何か欠けているように

                  観えているだけである。
                   

                   

                   
                  そういう時は自分を否定するのではなくて
                  どうしてこういうふうに観えているのか、
                  どんな価値観を握っているのかに

                  しっかり向き合うことが大切である。
                   

                   

                   
                  とにかく、月がそうであるように
                  自分自身が何か欠けてしまっているわけではなくて
                  光(価値観)の当たり具合でそう観えているだけなので
                  自分を否定する必要はない。

                   

                   

                   
                  こういうお話だというように解釈したのですが
                  本当にこれは大切だと思いました。

                   

                   

                   
                  自分自身が、何か欠けているところがあるというよりも
                  何か、望む人生とは相反するような

                  光の当て方をしてしまっているだけ
                  =そういう価値観を握ってしまっているだけ、

                  というのは
                  感情学修で価値観に向き合っていくうえで
                  とても力強い励ましになると思いました。

                   

                   

                   

                  どれだけ欠けているように感じたとしても、
                  ただ、そのように見えているだけで

                  実際に欠けているわけではない、ということ。

                   

                   

                   

                  だから、自信を失う必要はない、

                  というわけなのですが、

                  頭でそう思い込むというのではなく、
                  感情学修でちゃんと浄化することで、

                  全肯定できるようになる、

                  その出来事のことも、自分自身のことも
                  全肯定できるようになる、

                  ということなのです。
                   

                   

                   
                  僕自身も、強く握りしめてしまっていて
                  なかなか手放せないような価値観があるのですが
                  このお話をしっかりと胸に刻んで、

                  感情学修に励み
                  自分の中の価値観に向き合っていきたいと

                  思いました。

                   

                   

                   

                  そうやって自分自身を

                  全肯定することを積み重ねていくことで、
                  自己肯定感が高まってくるというわけです。

                   

                   

                   

                  このように、自己肯定感を高めるのにも、

                  感情学修は大変有効だと思いますので、
                  もし、自己肯定感を高めたい、

                  とお思いになっている方がいらっしゃいましたら、
                  感情学修を毎日の習慣に

                  取り入れてみてはいかがでしょうか?

                   

                   

                   

                  次回、ブラッシュアップ勉強会は、

                  5月12日(日)となります。
                   

                   

                   

                  一番下に詳細をのせておきますので
                  興味を持って下さった方は
                  ご参照いただけましたらと思います。

                   

                   

                   

                  最後までお読みくださいまして

                  誠にありがとうございました。

                   

                   

                   

                  あなたにとって

                  今日もハッピーな1日でありますように!

                   

                  ==================
                   

                   

                  <あんなに嫌だった相手が変わる!?

                  人生を変える5つの法則

                  感情科学で人間関係を豊かにする講座>

                   

                  ●IRMブラッシュアップ勉強会●


                   

                   

                  【日時】

                  2019年5月12日(日)

                  15時〜18時

                   

                   

                  【会場】

                  せたがや がやがや館 会議室A
                  (渋谷から東急田園都市線で一駅の

                  「池尻大橋」から徒歩7分の施設です)
                   

                   

                  【参加費】

                  5000円(税込)

                  →上野のブログを読んで

                  お申込みいただきました方は

                  4月28日(日)までのお申し込みで

                  『3500円』で、ご参加いただけます。

                   

                   

                  【定員】

                  12名(予約制・先着順)

                  ※残席6です。

                   

                  【お申し込み締め切り】

                  5月8日(水)まで

                  (定員に達し次第

                  締め切りとさせていただきます)

                   

                   

                  【お申し込み方法】

                  お申し込みフォームからお願いいたします。

                   

                   

                  【プログラムの予定です】

                   

                  第1部:人間関係が好転した体験談発表

                   

                  第2部:IRMプレミアムベーシック講座

                  <テーマ>人間関係と感情科学

                  (IRM認定インストラクター 奥山リエ子)

                   

                  第3部:質疑応答&オープンセッション

                  (IRM開発者 幸田宗昌)

                   

                   

                   

                  以上です。

                   

                   

                   

                  最後の最後までお読みくださいまして

                  本当にありがとうございました。

                   

                   

                   

                  あなたの、ますますの自己実現とご多幸を

                  心からお祈りしています!

                   

                   
                   

                   

                  | - | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                  0
                    世界には自分一人しかいない。

                    こんばんは。

                    IRMエキスパートガイドの
                    上野聡一朗です。

                     

                     

                     

                    今回も数あるブログの中から
                    こちらにお越し下さいまして
                    誠にありがとうございます。

                     

                     

                     

                    僕がIRMを始めて、
                    具体的によくなったこと

                    (現実が好転したこと)
                    というのはたくさんあるのですが
                    そういう具体的なこととは別に、
                    「これは本当にすごい境地なんだろうなあ」
                    と思ったのが、タイトルに書いた
                    「世界には自分一人しかいないんだ」

                    という実感です。

                     

                     

                     

                    言葉だけ見ると
                    何か、孤独感みたいな感じに

                    見えるかもしれません。

                     

                     

                     

                    でも、そうではありません。

                     

                     

                     

                    「自分一人しかいないから
                    誰も、何も邪魔するものはいないし
                    もし何か妨げになっているものがあるとしたら
                    自分で自分を止めているだけなので
                    その原因を見つけて、

                    自分でそれをやめればいいだけ」、
                    ということです。

                     

                     

                     

                    つまり、絶対的な自由であり
                    絶対的な安心感(絶対安心)が持てた、

                    ということです。

                     

                     

                     

                    「持てた」と書きましたが
                    それは、ずっとずっと続くものではありません。

                     

                     

                     

                    感情学修をして浄化できた瞬間
                    「ああ・・」という感じで、

                    その境地がやってくる、
                    という感じでしょうか。

                     

                     

                     

                    でも、それを一度でも

                    実感したことがあるのと

                    そうでないのとでは
                    かなり違うんじゃないかなあ、と
                    思います。

                     

                     

                     

                    それを実感したからといって、
                    毎日の日常生活で、

                    何の心配も不安もなくなる、

                    というわけでは必ずしもないのですが
                    心の奥底の部分で、

                    そういう実感を一度でもしていると
                    自分自身のことで考えても、

                    やっぱり違うんじゃないかなあと思います。

                     

                     

                     

                    ですので、
                    その境地、というものを、

                    一度でもいいので
                    味わって頂ければと思うのです。

                     

                     

                     

                    その、具体的な方法が、

                    感情学修です。

                     

                     

                     

                    他にも

                    そういう境地を実感できる

                    いろいろやり方は

                    あるのかもしれませんが
                    体験的に実感しているのは、

                    それだけです。

                     

                     

                     

                    僕が感情学修を深く学ぶきっかけになったのが、

                    ブラッシュアップ勉強会。

                    (僕が学んだ当時は

                    名前は違いますが)

                     

                     

                     

                    ご興味をお持ち下さいました方の
                    ご参加をお待ちしております。

                     

                     

                     

                    4月の勉強会は定員となりました。

                    5月は
                    5月12日(日)開催です。

                    詳細はこちらです。

                     

                     

                     

                    最後までお読み下さいまして
                    誠にありがとうございました

                     

                     


                    あなたの

                    益々のご多幸と

                    自己実現を、お祈りしています。

                     

                     

                    | - | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                    0
                      絶対ムリだと思っていたことが、IRMのおかげで達成できたお話

                      こんばんは。

                       

                       

                       

                      今回も数あるブログの中から
                      こちらにお越し下さいまして
                      誠にありがとうございます。

                       

                       

                       

                      さて、僕がIRMを始めたおかげで

                      良かったなと思うことは多々あるのですが
                      その大きな一つに、

                      運転免許が取れたことがあります。

                       

                       

                       

                      なぜ「おかげ」と言えるかというと、
                      それ以外考えられないからです。

                       

                       

                       

                      若い頃から、車の免許を取ろうなんて

                      考えたこともありませんでした。

                       

                       

                       

                      正確に言うと、

                      取れるだなんて思ってもいませんでした。

                       

                       

                       

                      なぜなら
                      「あんな、前後左右、

                      同時に色々な所に目を配らなくちゃいけないこと、
                      できるわけない」
                      と思い込んでいたからです。

                       

                       

                       

                      そんな中、IRMを始めて、

                      感情学修を重ねていく中で
                      いろいろな価値観(思い込み、決めつけ、固定観念)
                      に気づいていきました。

                       

                       

                       

                      そして、それらを手放していく中で、
                      車の運転についても、

                      事実とは言えない価値観があることに

                      気づいたのです。

                       

                       

                       

                      例えば、上に書いた
                      「前後左右、同時に色々な所に

                      目を配らなくちゃいけない」
                      もそのひとつです。

                       

                       

                       

                      厳密にいえば、

                      「同時に」

                      行う必要はないわけです。
                       

                       

                       

                      必ず、微妙に、時間差はあるはずですし
                      それでいいのだと思います。

                       

                       

                       

                      でも、そうとは思えずに
                      「同時じゃなきゃいけない。だからできない」
                      になっていたわけです。

                       

                       

                       

                      それをはじめ、
                      運転にまつわるさまざまな価値観を

                      手放していきました。

                       

                       

                       

                      そして、チャレンジする気持ちになり、
                      無事、免許を取れたのですが
                      それは、とても大きな意味合いがありました。

                       

                       

                       

                      今まで絶対ムリだと思っていたことができたので
                      その経験が、新しいことにチャレンジする時に、
                      とても大きな支えになってくれているのです。

                       

                       

                       

                      「あれだけムリだと思っていたことができたんだから、
                      これも大丈夫だよ。絶対出来るよ」という。

                       

                       

                       

                      思うに、
                      「自分はこんなものだ」と思う自分自身を
                      どれだけ克服できるか、

                      ということなんだと思います。

                       

                       

                       

                      その「自分はこんなものだ」の根っこに
                      「価値観」がある。

                       

                       

                       

                      でもその価値観は
                      無意識に持っているものだから
                      意識では気づけない。

                       

                       

                       

                      だから、同じパターンを繰り返す。

                       

                       

                       

                      頭でわかっていても、どうしようもない。
                       

                       

                       

                      無意識の部分だから。

                      そういうことなんじゃないかなと思うのです。

                       

                       

                       

                      その、無意識の壁を乗り越えて
                      握っている価値観に気づける具体的な手法が
                      感情学修です。

                       

                       

                       

                      僕もまだまだ勉強中です。
                      まだまだ握っている価値観も一杯あると思います。

                       

                       

                       

                      でも、それに気づいて
                      浄化できた瞬間は

                      本当にこれ以上ない感動で包まれます。

                       

                       

                       

                      さらに、現実も好転するのです。

                       

                       

                       

                      他人を何とかしようとしても

                      うまくいかなかった、
                      自分に向き合うのが

                      一番いいんじゃないかと思い始めているあなた、

                      私達と、感情学修を学びませんか?

                       

                       

                       

                      最後までお読み下さいまして
                      誠にありがとうございました。

                       

                       

                       

                      あなたの益々の自己実現とご多幸を
                      心からお祈りしています。

                       

                       

                       

                      4月の勉強会は満席になりました。
                      次回は5月12日(日)開催予定です。

                      詳細は近日中にお伝え致します。

                       

                      | - | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>
                      PR
                      SELECTED ENTRIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE