<< 過去の全肯定と、根本的な浄化 | main | セミナージプシーから脱して、現実好転を実感したい、あなたへ >>
0
    「頭ではわかっているけど、できない」について

    こんばんは。

     

     

     

    今回も数あるブログの中から
    こちらにお越し下さいまして
    誠にありがとうございます。

     

     

     

    お元気ですか?

     

     

     

    <幸田先生の言霊>
    純粋動機とは
    「誰に何を言われようが、何が何でも絶対に!」

    という強い信念のことです。

     

     

     

    先日のIRMブラッシュアップ勉強会で
    「純粋動機を磨くにはどうしたらいいか?」

    について話し合うワークがありました。

     

     

     

    これを言い換えると
    「何が何でも絶対に、

    という強い信念を磨きあげるにはどうしたらいいか?」
    「学んだことを行動に移し、

    望んだ成果を上げるためにはどうしたらいいか?」
    について話し合ったということなのですが
    このワークの際、ご参加者様の間で、

    こんな会話が繰り広げられました。

     

     

     

    Aさん

    「頭ではどうすればいいかわかっているんですけど、

    それができないんですよね」

     

     

     

    Bさん

    「それは、わかっているのではなく、

    わかっていないんだと思った方が良いと思いますよ」

     

     

     

    このようなやりとりだったのですが
    文字だけ切り取ると、

    何かちょっと無機質な、

    少し怖いようなやりとりに聞こえるかもしれませんが
    このお二人はとても気心の知れた仲で

    (こういうことが自由に言い合える間柄で)
    フランクな雰囲気の中でのお話でしたので

    そのように感じて頂けたらと思うのですが
    これは本当に大事なポイントだなと思って、

    聞いていました。

     

     

     

    これはどういうことかというと
    自分はわかっているんだと思うと、

    「ただできないだけで、自分はもうわかってはいるんだ」と
    ある種の慢心をしてしまいかねない、

    ということなんですね。

     

     

     

    その慢心のために、
    何とかそれを克服しよう、

    という気持ちが薄らいでしまい
    結果、いつまでも

    「頭ではわかっているけど、できない」

    のループから

    抜け出せなくなる可能性が高くなってしまう、、
    というわけです。

     

     

     

    そうならないために
    「わかっているつもりになっていたけれど、

    そうじゃないんだ。
    自分はそもそもわかっていないんだ」

    と自覚することで
    新たな気持ちで

    そのことに向き合えるようになる、

    ということなのです。

     

     

     

    これを書いている僕自身の事で考えても
    「わかったつもりになっているけれども、

    本当はわかっていない

    (望む成果が出せていない)」
    ということもあるので、

    自分への戒めにしようと思いました。

     

     

     

    このお話を、何か、

    あなたのプラスにして頂けましたら幸いです

     

     

     

    最後までお読み下さいまして

    誠にありがとうございました。

     

     

     

    あなたの、益々の自己実現とご多幸を
    お祈りしています!

     

    | - | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    0
      スポンサーサイト
      | - | 23:57 | - | - | - | - | ↑TOP
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://55irm.jugem.jp/trackback/1317
      トラックバック
      CALENDAR
      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << April 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      RECENT TRACKBACK
      モバイル
      qrcode
      LINKS
      PROFILE