<< 「頭ではわかっているけど、できない」について | main | 働いてお金を稼ぐということへの抵抗(感情学修のシェアです) >>
0
    セミナージプシーから脱して、現実好転を実感したい、あなたへ

    こんばんは。

    今回も数あるブログの中から
    こちらにお越し下さいまして
    誠にありがとうございます。

     

     

     

    僕は、今はIRMエキスパートガイドとして

    活動していますが
    IRMに出会う前は、

    いろいろなセミナーに出て、

    学んだことを試して、
    あまり効果がないと判断しては、

    また別のセミナーに行く、という
    いわゆる「セミナージプシー」をしていました。

     

     

     

    おかげさまで、IRMに出会ってからは
    セミナージプシーから脱することができたのですが
    なぜ、セミナージプシーになっていたのか、
    そしてなぜ、

    IRMに出会ってそれから脱することができたのかについて
    書いていきたいと思います。

     

     

     

    ◎なぜ、セミナージプシーに

    なってしまったのか?

     

     

     

    ひとことでいうと
    「これ!」というものに出会えなかったからです。

     

     

     

    大体、本で読んで、

    「この本、いい」と思って、
    その著者の方のセミナーに行く

    というケースが多かったのです。

     

     


    そのセミナーでエッセンスを学んで、

    あとは自分で実践すればいい、

    と思っていたので
    そのプログラムなりメソッドなりを学んだということは
    IRM以外、なかったわけなのですが。

     

     

     

    我ながら、それだけ「ケチ」

    だったということが言えると思いますが
    逆に言うと、僕にとって、

    ある程度のお金をかけて学ぼうと思えるものに

    出会えなかったとも言えるかと思います。

     

     

     

    一般的なことで言いますと
    いろいろなセミナーに出ているうちに、

    ある程度の知識がついて
    「あ、これ知ってる、本格的に学ぶ必要ない」
    と思ってしまい、ジプシー化が進む、

    ということもあるかと思われますし
    僕自身もそういう所はあったかと思います。

     

     


    ◎なぜ、私はここ(IRM)で

    セミナージプシーを止めることができたのか?

     

     

     

    ではなぜ、そんな僕が、

    セミナージプシーを止められたのでしょうか?

     

     

     

    それは、IRMでプログラムを受講して
    根本的な現実好転、というのを

    体感・実感できたからだと思います。
     

     

     

    それも、何度も。

     

     

     

    ただ、これでは、

    この記事を読んで下さっている方への

    答えにはなっていないと思います。

     

     

     

    なぜ、プログラム受講までしようと思ったのか、

    について書いていないからです。

     

     

     

    他でも何らかの受講をしているならまだしも
    そんな「ケチ」で、他では受講していない人が、

    ですからなおさらです。

     

     

     

    ではなぜ、自分自身

    受講に踏み切ったかと考えてみますと
    そもそも、津留晃一さんの想念観察を

    学びたかったというのがあり
    想念観察を基にした

    「自己観察(当時の名称)」を学べる、

    ということが大きかったのは確かにあるのですが
    絶対、それだけではなかったと思います。

     

     

     

    それまで、

    他ではそういうプログラムは受講していないのですから
    慎重になったはずなのです。

     

     

     

    では何がよかったかというと
    IRM開発者の幸田先生のお話が、
    それまでいろいろな本やセミナーで聞いてきたことの
    真の中身、というようなものを伝えてくれていた、

    ということが大きかったと思います。

     

     

     

    なんとなく
    「ああ、こういうことかなあ、
    でもちょっとわかりにくいなあ」とか
    「ほんとかなあ」と
    無意識のうちにも思っているようなことに対して
    「これはこういうことです」と
    次々と明快に解き明かしてくれる、というような。

     

     

     

    それがすごく説得力があったんですね。

     

     

     

    そのことが、

    受講=根本的な現実好転

    の後押しになったと思います。

     

     

     

    さて、セミナージプシーから

    脱することができた理由として
    「根本的な現実好転を体感・実感できたから」

    と書きましたが
    なぜIRMでは、

    根本的な現実好転が実感できるのか、について
    書いていきますね。

     

     


    ◎なぜ、IRMでは

    根本的な現実好転ができるのか?

     

     

     

    その前に、まず
    「根本的な現実好転」というのは
    どういうことを言っているのか、

    についてお伝えします。

     

     

     

    これは本当に、

    僕自身の実感に基づいたお話なのですが
    何か「問題」になっていることというのは
    たいてい、というよりほとんどすべて
    僕自身が、ろくでもない価値観

    (固定観念、先入観、決めつけ、

    思い込み、とも言いかえられます)
    を握っている時なのです。

     

     

     

    その価値観を持っているから、

    その問題を創り上げてしまった、
    とも言えるわけです。

     

     

     

    周りの人や出来事に

    問題があるというよりも
    自分自身の握っている価値観に問題がある、

    という捉え方で
    だからこそ、他の人をどうこう

    コントロールする必要はないのだとも言えます。

     

     

     

    その、問題を生み出している価値観を
    自分で気づけるようになり、

    手放せるようになるのが
    感情学修という

    具体的な手法なのですが
    受講することにより、

    感情学修を身につけることができるのです。

     

     

     

    問題が起こっても、

    根本的に解決(現実好転)できる
    一生もののお宝を手に入れるような感覚です。

     

     

     

    そして、その感情学修というのは技術なのですが
    それを開発者の幸田先生やインストラクターに
    1対1で身につけさせてもらえる、

    というのも大きいと思います。
     

     

     

    僕自身は、幸田先生と1対1でした。
    本当によかったと思います。

     

     

     

    グループワークで身につける、というのも
    他で見たりしたことはあり、
    それはそれで、

    周りの方と励まし合いながら、とか
    刺激し合いながら、というので
    意義のあることとは思うのですが
    こういう、心の勉強的なことというか
    スピリチュアルというか
    そういう方面への知識等、

    ひとによってさまざまですので
    本当にその方にフィットした方法や進み方、また
    どんな言葉が一番響くのか等を考慮しながら
    ベストな方法を模索するために、

    IRMでは1対1なんですね。

     

     

     

    それが、感情学修を身につける

    =根本的な現実好転を実感できる

    =一生ものの宝ものを手にする
    とても大きな要因だったと思います。

     

     

     

    もし、本当に現実好転をしたい、

    自分の手で望む現実を手に入れたい
    という方がいらっしゃいましたら、

    IRMのセミナーに一度、

    ご参加頂けたらと思います。

     

     

     

    参加人数を少数にしているのも
    本当にご参加下さる

    おひとりおひとりにフィットした内容に

    するためですが
    最近でも、静岡など、

    遠方からのご参加者様もいらっしゃいます。

     

     

     

    お申し込みはお早めに。

     

     

     

    最後までお読みくださいまして
    誠にありがとうございました。

     

     


    次回セミナーのお知らせ

    日時 4月14日(日)15時30分〜18時30分
    会費  5000円
    会場  地下鉄「神谷町」駅すぐ近く

     

    タイトルは

    「IRMブラッシュアップ勉強会
    〜今からだって遅くない!
    感情科学で高まるオトナの自己肯定感講座〜」

     

     

     

    詳細はこちらです。

     

     

    | - | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    0
      スポンサーサイト
      | - | 19:53 | - | - | - | - | ↑TOP
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://55irm.jugem.jp/trackback/1318
      トラックバック
      CALENDAR
      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << April 2019 >>
      PR
      SELECTED ENTRIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      RECENT TRACKBACK
      モバイル
      qrcode
      LINKS
      PROFILE